サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 257件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/03/28
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/400p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-124057-2
文庫

紙の本

風の万里黎明の空 下 (新潮文庫 十二国記)

著者 小野 不由美 (著)

王は人々の希望。だから会いに行く。景王陽子は街に下り、重税や苦役に喘ぐ民の暮らしを目の当たりにして、不甲斐なさに苦悶する。祥瓊は弑逆された父の非道を知って恥じ、自分と同じ...

もっと見る

風の万里黎明の空 下 (新潮文庫 十二国記)

税込 781 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

新潮文庫 十二国記 セット

  • 税込価格:8,20674pt
  • 発送可能日:購入できません

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

王は人々の希望。だから会いに行く。景王陽子は街に下り、重税や苦役に喘ぐ民の暮らしを目の当たりにして、不甲斐なさに苦悶する。祥瓊は弑逆された父の非道を知って恥じ、自分と同じ年頃で王となった少女に会いに行く。鈴もまた、華軒に轢き殺された友の仇討ちを誓う―王が苦難から救ってくれると信じ、慶を目指すのだが、邂逅を果たす少女たちに安寧は訪れるのか。運命は如何に。【「BOOK」データベースの商品解説】

景王陽子は、圧政に苦しむ民の暮らしを目の当たりにして、不甲斐なさに苦悶する。祥瓊は父の非道を知って恥じ、自分と同じ年頃で王となった少女に会いに行く。鈴もまた友の仇討ちを誓う…。十二国記シリーズ「本編」第4弾。【「TRC MARC」の商品解説】

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー257件

みんなの評価4.7

評価内訳

紙の本

少女たちの思い

2023/01/01 17:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

民の希望でありながら政治や統治に悩む景王陽子。自分らしい国作りのために何が必要か考え努力する姿がいじらしい。
ちょっと前まで平凡な女子高生だったのに。立場は成長を促しますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何度か涙がでてきた

2021/07/06 15:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:creammochi - この投稿者のレビュー一覧を見る

寝る前に読んでしまい入眠困難に笑
おもしろかった~!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大団円

2021/04/07 08:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うえありひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

人との出会いによって人は変わっていく。

自分のことを不運だ、かわいそうだと殻に閉じ籠ってしまいそうな時に読み返したい一冊です。
鬱々とした始まりからは考えられないほど、晴れ晴れとした気持ちで読み終えることが出来ました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

成長が感じられる作品

2020/08/22 11:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まこと - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分は不甲斐ない王だと悩む陽子、海客だから自分をかわいそうだと思う鈴、父親が行った厳しい政治を知らずに育った祥けい。この3人の少女が成長していく姿がとても頼もしい。
自分の非を非として受け入れるまで、どれくらいの時間と気づきがあったのだろうかと思う。

とても迫力のある作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

信じた道を進む王のストーリー

2020/05/09 19:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

王が市中で密かに悪人を探索し、成敗する。まるで水戸黄門のような話に感じました。ほかの二人の女主人公も上巻とは売って変わって、いい人になってたりと。そして終盤はいつもどおり気持ちの良い展開。きちんと悪者を成敗し、すべて丸く収める。自分の信じたことを行おうとする王の姿が眩しく、読んでいて気持ちが良かったです。慶国の未来が早く見てみたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

怒涛のラスト

2020/02/13 23:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うれい - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分を世界で一番可哀想だと思っていた少女は「本当は死んでしまった人が一番可哀想なのに、誰かを哀れむと負けたような気がしてしまうの。自分が一番可哀想だって思うのは、自分が一番幸せだって思うことと同じくらい気持ちいいことなのかもしれない」と言うまでに成長した。終盤の怒涛の伏線回収に、それを締めるラストの景王の台詞。終章の爽快感は「月の影 影の海」を超える。もう、慶は大丈夫。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

3人の少女の成長譚

2019/11/09 17:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kochimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

上からですみませんが、
鈴、祥瓊が本当に成長したな、と。
出会いは大切ですが、
それを生かせるかは本人の覚悟次第ですものね。
これからの陽子を公私に支えてくれそうで、よかったー。
景麒だけでは堅苦しくて、女子にはしんどいよね(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/12 01:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/05 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/16 16:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/07 18:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/03 09:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/03 09:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/02 18:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/07 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。