サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

憲法の創造力(生活人新書)
憲法の創造力(生活人新書) 憲法の創造力(生活人新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/04/03
  • 出版社: NHK出版
  • レーベル: 生活人新書
  • サイズ:18cm/234p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-14-088405-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

憲法の創造力 (NHK出版新書)

著者 木村 草太 (著)

憲法の原理から良き国家・社会のルールをいかに創造すべきか。君が代斉唱、一票の格差など、ホットな憲法問題を題材に、先端的な憲法学の成果を踏まえ、精緻かつ大胆に考察する。ラデ...

もっと見る

憲法の創造力 (NHK出版新書)

842(税込)

憲法の創造力

617 (税込)

憲法の創造力

ポイント :5pt / 紙の本より225おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

憲法の原理から良き国家・社会のルールをいかに創造すべきか。君が代斉唱、一票の格差など、ホットな憲法問題を題材に、先端的な憲法学の成果を踏まえ、精緻かつ大胆に考察する。ラディカルで実践的な憲法入門書。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

木村 草太

略歴
〈木村草太〉1980年横浜市生まれ。東京大学法学部卒業。首都大学東京法学系准教授。専攻は憲法学。著書に「平等なき平等条項論」「憲法の急所」「キヨミズ准教授の法学入門」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

どこがよいのだろうか

2015/09/16 00:52

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タヌ様 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前評判の高い新たな世代の憲法学者でテレビ朝日や朝日新聞で良く出ていらっしゃる。ではと読んでみた。法律用語による論述というのではなく自説を展開するする運びに憲法学者らしくないという点が前評判なんだろうか。
むろん分野として独創性などという言葉と無縁で、正直、法律の専門家ではない(そういう人を対象にしたのだと思うが)評者にはどこがいいんだがわからない。
むしろなんか揉み捏ね続けるだけみたいな長谷部恭男氏の著作の方がなんか好きである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

難しい憲法を身近に

2015/10/30 02:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シエル - この投稿者のレビュー一覧を見る

「憲法の創造力」と言うぐらいだから憲法の事について書かれた本なのは当たり前だが憲法って何よ?と言うそもそも論が良く分っていない。
そんなことは小学生レベルなのか、本書には触れていないけれど自分なりに解釈しているのは国家の根本となる基本原則、原理を説くものだろうと思う。

本書は計八章からなるがここに取り上げるテーマが違って、筆者が様々な角度や立場からの解釈や解説を行っているので中学生程度でも読めるだろう。
唯、法律用語と言うのは日常使う言葉とは違ってどう言う訳か日本の憲法なのに中国語と言うか漢字がやたらと多くて分り難い。

ざっと全体の構成を以下に記すとこんな感じ。
序章   話、本書の書き起こしのような文
第一章 思想・良心・業務遂行に関して-君が代不起立問題
第二章 選挙権の問題-一人一票の規定→選挙の違憲問題
第三章 司法の独立-選挙権
第四章 政教分離-日本特有の多神教世界
第五章 生存権
第六章 公務員の中立性
終章   9条問題 

こんな感じであるが読み物としては簡単に読める。
然し、先程も指摘したように法律に関する特有の表現が各行と言って好いぐらい出て来るから法律慣れしていない身には最初の部分はツッカエ、ツッカエな感じで進捗しなかった。

マスコミなどでも先の安保法制だけでなく頻繁に憲法の話題は出て来る。
違憲か合憲かという論調が殆どだけれどそれ以前の問題として憲法の規定するものはどう言うことなのか、どの部分をどう解釈して違憲と判断するのか合憲なのか一般には分り難い。
と言うより、自分だけが弱いのかもしれないが専門的な話以前に、解釈の仕方を憲法はどう求めているのかとそれを今まで司法はどう判断してきたのか?と、言うことが分っていないで違憲合憲の判断だけが独り歩きしているようで素人として六法以前の問題、憲法は何を求めてどう決めているのかを知りたくて読んだ。

自分なりに得るものがあったし、分り易い文章だったからそれを助長したのかもしれないがチョッと引っ掛かる時には本書の当該個所を読んでみれば一助になるだろうと思った次第。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/08/11 14:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/12 23:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/04 10:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/21 17:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/31 20:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/18 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/13 07:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/19 19:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/17 15:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/22 06:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/12 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/17 19:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/23 11:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む