サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/05/29
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:21cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-376390-3
写真集

紙の本

ボールピープル

著者 近藤 篤 (著)

イングランドの名スタジアム、田舎町の草サッカー場、アフリカの草原、南米の海岸…。人とボールがあるところは、いつもサッカーにあふれている。写真家・近藤篤が世界を廻って撮影し...

もっと見る

ボールピープル

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

イングランドの名スタジアム、田舎町の草サッカー場、アフリカの草原、南米の海岸…。人とボールがあるところは、いつもサッカーにあふれている。写真家・近藤篤が世界を廻って撮影した写真と文章を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

サッカー好き必見! 人とボールのフォトブック

「この星は人とボールでできている」をキーワードに、雑誌『スポーツ・グラフィック ナンバー』でお馴染みの写真家・近藤篤が世界で撮影した迫力の写真とエッセイを厳選。

いまもサッカーファンの間で根強い人気のあるフォトブック『木曜日のボール』、『ボールの周辺』などの著者である写真家・近藤篤氏が、ライフワークとして撮影してきた、世界のあらゆる場所で、サッカーに興じる人々の写真群。
256ページ、オールカラーのぎっしりと写真と文章が詰まった本書を開くと、サッカーから眺めた、見たことのない世界が現れてきます。イングランドの名門スタジアムから南米の場末のフットボールクラブ、欧州の街角からアフリカの荒野、南米の砂漠、震災後の東北地方まで、迫力の写真と愛のあるエッセイによる、ボールピープルの世界を堪能ください。【商品解説】

著者紹介

近藤 篤

略歴
〈近藤篤〉1963年愛媛県生まれ。上智大学外国語学部スペイン語学科卒。写真家。著書に「木曜日のボール」「ボールの周辺」「サッカーという名の神様」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店三宮店

地球はサッカーの惑星!

ジュンク堂書店三宮店さん

世界のサッカーをテーマにした写真集である。とは言っても、誰もが知っているスタープレイヤーの雄姿や、ビッグクラブの華やかなスタジアムを集めた本ではない(そういった写真もあるにはあるが、少数だ)。本書に収められているのは、田舎の空き地や海岸の砂浜、あるいはアフリカの草原やスラムの路地裏。そんなありとあらゆる場所でただボールを蹴って楽しむ、名も知らぬ一般の人々― “ボールピープル”の姿である。
サッカーは世界最大のスポーツ、とはよく聞く言葉であるが、本書の写真を眺めると、それが単なるショウビズや競技人口の規模を差す言葉ではないことを実感できる。「なぜそこでボールを蹴らなくてはならないのか?」
著者も思わずツッコむような過酷な状況下において、それでも人は笑顔でボールを蹴っている。
彼らにとってサッカーは、スポーツでも趣味でも、文化ですらない。サッカーは酸素と同義だ。人は、ボールを蹴らないと生きていけない動物なのだ― 地球上の大半では。
スポーツ写真としても、人物写真としても、世界の風景写真としても楽しめる。合間に挿入される著者のエッセイについては、やや好みが分かれるかもしれない。

芸術書担当:小松寛茂

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ボールを通した世界

2016/05/26 11:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽにょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ボールを通して観た世界はとても面白い。ボールの持つ魅力、サッカーの持つ魅力などが現れている。何より、世界のサッカー文化に触れることができて面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

写真も文章もバツグンにうまい!

2013/07/12 11:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ノーム - この投稿者のレビュー一覧を見る

サッカーファンはもちろん、写真を学んでいる人にもオススメ。
著者については、まったく知らなかったけど、ファンになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/08/28 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/24 19:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/06 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/08 01:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/06 10:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/05 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/10 00:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/30 22:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/18 14:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/22 06:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/09 17:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。