サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

認めて励ます人生案内
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/05/15
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:19cm/211p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-535-56318-6
  • 国内送料無料

紙の本

認めて励ます人生案内

著者 増田 明美 (著)

相談者に寄り添い、手紙を書くように回答する−。『読売新聞』全国版「人生案内」で心温まると評判の増田明美の回答から、特に反響の多かったものを100本選んで収録する。【「TR...

もっと見る

認めて励ます人生案内

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

相談者に寄り添い、手紙を書くように回答する−。『読売新聞』全国版「人生案内」で心温まると評判の増田明美の回答から、特に反響の多かったものを100本選んで収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

増田 明美

略歴
〈増田明美〉1964年千葉県生まれ。成田高校在学中、長距離種目で次々に日本記録を樹立。日本最高記録12回、世界最高記録2回更新。引退後はスポーツジャーナリストとして活躍。大阪芸術大学教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/12/14 21:49

投稿元:ブクログ

【No.245】読売新聞の人生案内。 増田さんの優しさが溢れる素敵なアドバイスばかり。「本をたくさん読むと、心が骨太になる」「家の中でも外でも、人は動いている方が考え方が前向きになると思う」「試合の結果ばかりを気にしているけど、そこに至るまでの時間の方に価値がある」「人生において、挑戦する舞台は多い方がいい。結果がよくても悪くても、たくさんのことを学べる」「うまく話そうと思わずに、等身大の自分を見せればいいと割り切る」「利害関係のない者同士でのコミュニケーションは、緊張感もなくリラックスできる。効率性を求められ、緊張感のある職場で上司を接するときとは違い、人とのコミュニケーションの練習になる」「良い結果は生きていてハッピーだと思えるときに自然に生まれるもの」

2013/06/29 11:02

投稿元:ブクログ

質問者の立場に寄り添って、真摯にあたたかくしかも厳しい事も言う、まっとうな回答に、読んでいて心温まりました。増田さんのお人柄がそのまま現れていて、このタイトル『認めて、、」に重みを感じます。

2014/03/17 22:01

投稿元:ブクログ

増田明美さんの人柄がにじみ出ていて、とても温かい気持ちになった。特に若い人へのアドバイスは子供を持つ親御さん、教育者などに読んでほしい。自分も増田さんにすごく励まされた。時間をおいてからまた読んでみたい一冊。

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む