サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

八月からの手紙(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/05/09
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/466p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277545-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

八月からの手紙 (講談社文庫)

著者 堂場 瞬一 (著)

1948年、戦後間もない東京で野球の力を信じた男たちがいた。復興への期待を胸に、「日本リーグ」を立ち上げようと奔走する日系二世の元ピッチャー矢尾。戦時中、カリフォルニアの...

もっと見る

八月からの手紙 (講談社文庫)

782(税込)

八月からの手紙

782 (税込)

八月からの手紙

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1948年、戦後間もない東京で野球の力を信じた男たちがいた。復興への期待を胸に、「日本リーグ」を立ち上げようと奔走する日系二世の元ピッチャー矢尾。戦時中、カリフォルニアの収容所で絶望の日々を送る彼を支えたのは、ニグロリーグのスター選手ギブソンとの友情だった。【「BOOK」データベースの商品解説】

1946年、戦後間もない東京で「日本リーグ」を立ち上げようと奔走する日系二世の元ピッチャー矢尾。戦時中、カリフォルニアの収容所で彼を支えたのは、ニグロリーグのスター選手ギブソンとの友情だった…。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店郡山店

野球の国という、もうひとつの国

ジュンク堂書店郡山店さん

本来野球をするということは誰が球を遠くに飛ばせるか、誰が速く投げられるかなどを競うものであって、国や人種の違いは関係ないはずなんです。昔あらゆる場所で戦争が行われ、人種差別が当たり前のようになっていた時代に、人種の違う二人が野球の国にいました。野球の国とは野球を愛する者が住む国、そこに国や人種の違いはありません。日本人の誠実さと野球を愛する気持ちは、どんなに困難な時代でも失われることはありません。辛い状況だからこそスポーツの力が必要なんだと、あらためて実感しました。

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

堂場小説の原点

2016/02/19 22:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

終戦直後の東京を舞台に、野球の日本リーグを立ち上げようとする日系二世の物語。史実に基づいているのでは、と思わせるほど引き込まれた。野球はもとより、駅伝など様々なスポーツ小説を手掛けている堂場氏だが、その原点か。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/08/24 08:19

投稿元:ブクログ

【No.154】戦後間もない時期に、日本リーグを立ち上げようと奔走する矢尾と、アメリカ・ニグロリーグのスター、ギブソンとの友情の話。堂場さんの他のスポーツ小説はすごくおもしろいのに、これはイマイチだった。「野球には楽しみも苦しみもある。喜びも悲しみも内包されている。いわば人生の縮図であり、1試合経験することは、1つの小さな人生を送るに等しい」

2014/01/11 22:32

投稿元:ブクログ

戦後すぐに新たなプロ野球を立ち上げようとした男は日系二世のアメリカ人。その矢尾がアメリカで対戦した黒人リーグの最強打者ギブソンとの友情を軸に、野球への情熱が動き出す。実在のモデルがいるところにうまくフィクションを重ねているところが、リアリティと迫力を作り出していて面白かった。

2013/06/12 21:20

投稿元:ブクログ

野球の国に生きた男達の物語。
戦争を挟んで日本とアメリカ、黒人と日本人、一世と二世、同じ野球の国に居ても少しづつ違う。そのせいで別れるのではなく繋がっていくのが羨ましい。

アメリカの彼はギブソン、おとさんにデッドボールをぶつけて死なせてしまったのはピッチャーのギブソンだから違う人だと思うけど、
ギブソンって多いの??

2013/08/27 00:00

投稿元:ブクログ

米国ニグロリーグ、日本のもう一つの職業野球、野球の国に生きた男たちの物語。 その絆は、戦争・人種差別を乗り越えたのでしょうか? 物語としては少々物足りない感じもしましたが、野球は物語の中でもおもしろい。

2013/05/27 16:23

投稿元:ブクログ

日系2世アメリカ人で、戦前の日本で一時期「職業野球」の投手として活躍した主人公、と、黒人選手のニグロリーグで活躍した伝説の大打者との友情。

戦前・戦中・戦後の日米関係が険悪な状況の中、またアメリカでの人種差別も色濃く残る時代ながら、野球を愛する主人公たちにとっては、アメリカだろうが日本だろうが、黒人だろうが黄色人種だろうが、「野球の国」という同じ国に住む仲間なのだ。

終わり方は少しばかり寂しかったものの、良いお話でしたぁ。

2014/09/11 09:36

投稿元:ブクログ

長距離移動の際に読む。今のプロ野球だけでなく、日本リーグというものが生まれていたかもしれないというのは初めて知った。野球の情景があまりないので、期待とは違ったが、特に後半からはギブスンの友情に引き込まれた。

2015/07/02 23:33

投稿元:ブクログ

文庫版を再読。ニグロリーグなどの史実を巧妙に交え、フィクションでありながら実際にあってもおかしくないなと思わせる著者の作風には感心する。

2013/06/23 17:07

投稿元:ブクログ

『八月からの手紙』と言うので、
夏の高校野球モノかと思ったら、
もう一つの八月、終戦(戦争)関連の作品でした。

戦争前後に時代が行きつ戻りつ、
舞台も、日本とアメリカ行きつ戻りつしながら、
話は進んでいきます。
しかも、国民リーグと、ニグロリーグという
歴史の舞台裏に隠れてしまい、
知る人は少ない野球リーグがそのベースになっています。

読ませますねぇ。
虐げられたもの同士に通じる友情が心を打ちます。

2013/12/11 16:36

投稿元:ブクログ

野球観戦が趣味なので興味深く読めた。ニグロリーグという名前すら聞いたことがなかったが、もっといろいろと知りたくなった。

2014/03/27 23:45

投稿元:ブクログ

野球物語。
久しぶりに読み終わらない本でした。次のページが気になる本ではなく、ゆっくりと味わいたくなる本。史実と歴史上の野球選手がちりばめられたストーリーは、ノンフィクションのような錯覚をもたらし、あの時代のサイドストーリー。

2015/10/24 14:27

投稿元:ブクログ

日本リーグの立ち上げを目指す、日系二世のアメリカ人矢尾と、世界最高の打者、ニグロリーグの主砲ギブソン
2人も、太平洋戦争時の日系人、白人至上主義時の黒人として虐げられているものの、野球の国の住人として繋がっていく

2013/08/10 20:32

投稿元:ブクログ

本の中で時間が伸び縮みしているような錯覚を受ける。
球を投げる瞬間の手の動きとか、球の軌跡とか、緊張感を持って語られる。思わず引き込まれる。

戦前戦後を生きた日系二世と野球の話。この季節に読めてよかった本。

2015/06/20 09:25

投稿元:ブクログ

戦後の日本リーグにむけてチームを作っていく日系二世の矢尾のお話。

野球の試合についてかかれている本かと思いきや全く違った。

野球を好きな人たちの生きざまが素敵でした。

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む