サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

淫惑の箱庭

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/05/29
  • 出版社: イースト・プレス
  • サイズ:15cm/318p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7816-9507-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

淫惑の箱庭 (ソーニャ文庫)

著者 松竹 梅 (著)

アルクシアの王女リリアーヌは、隣国ネブライアの王ルチアーノとの結婚を間近に控え、穏やかな日々を送っていた。しかしある日、野蛮といわれる国、キニシスの皇帝レオンに自国を滅ぼ...

もっと見る

淫惑の箱庭 (ソーニャ文庫)

670(税込)

淫惑の箱庭

562 (税込)

淫惑の箱庭

ポイント :5pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 16.1MB 無制限
Android EPUB 16.1MB 無制限
Win EPUB 16.1MB 無制限
Mac EPUB 16.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アルクシアの王女リリアーヌは、隣国ネブライアの王ルチアーノとの結婚を間近に控え、穏やかな日々を送っていた。しかしある日、野蛮といわれる国、キニシスの皇帝レオンに自国を滅ぼされ、強引に体を奪われてしまう。傲慢なレオンを憎みながらも、一方では優しい手に違和感を抱くリリアーヌ。体を重ねるごとに、彼の真実に近づいていって…。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

脇役キャラみんな好きです。

2016/02/16 21:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

女性向けゲームのレーベルOperettaのシナリオライター、松竹梅さんの小説とあって、ずっと読みたいなと思ってました。
「超えざるは紅い花」のシナリオを書いていらしたのが、本作の作者、松竹梅さん。
シナリオが本当に素晴らしかったのです。

アルクシアの王女リリアーヌは「白銀の姫」、その婚約者であり、隣国ネブライアの王ルチアーノは「金色の賢者」と呼ばれている。
2人の祖先は伝説の時代、「黒い悪魔」と怖れられた厄災から民を守ったと言われ、世代交代を繰り返した今も、信仰の対象となっていた。
ある夜突然に、アルクシアは敵の急襲で陥落する。
落ち延びようとするリリアーヌと妹エステラを捕らえたのは、新興国キニシスの皇帝レオン。
エステラを人質に取られ、レオンの妻にされるリリアーナ。
決して愛を語らず、リリアーナを嬲るような言動を繰り返すのに、行為はあくまでも彼女を愛おしむようなレオン。
憎みながらも、レオンに心を揺らされていくリリアーナ。

よくある敗国の姫様陥落のストーリーかと思いきや。
ある意味予想通り、そしてある意味、意外なオチが待っていました。
確かに、彼は思わせぶりでただの良い人じゃないな~感があふれていましたけど。

レオンがぽつんとつぶやくセリフが、いつもとっても思わせぶりでした。
悪人になりきれないいい人っぽい。
でも彼も執着ということに関しては、かなり歪んで回りくどい人でした。
もっとストレートな性格っぽいのにね。

ルチアーノの歪みっぷりも立派でした。

読み終わって見れば、そこまでしなくても良かったんじゃな~い、とか、そんなに悪人ぶることなかったじゃん、とか、それくらいでそんなに歪まなくてもよかったんじゃな~い、とか思いましたが、読んでる間は、それもよしでした。

現実世界に戻ってからのことはまた別の話。
作品世界の中にいる時、どれだけその手腕で読者を欺せるか、ってところもクリエイターの腕の見せ所だと思います。
そういう意味では、読んでる間は、気持ち良く欺されてました。

ただ、紅玉は、ホントに必要だったのかなぁとかは、思っちゃいましたけど。

セリフ回しが良く、見せるシーンのつくりかたがとってもお上手で、ああ、これってアニメやゲームのシーンになると萌えるな~と思うちょっとした場面がいっぱいありました。
脇役キャラもみんな好きです。
カルロスとダナ兄妹もめっちゃ好きだし、エステラとレオンの弟王子フェルナンドもすっごく可愛いです。

キャベツのエピソードは可愛いけど、よく考えると無理があるなぁ。
フェルナンドはともかく、エステラは、姉が自分を守るためにどんな目に会っているのか、気づいているはずだから。

本作は、Operettaとソーニャのコラボになっているそうで、別ルートでのエンドが収録されたドラマCDが販売になっているそうです。
彼とのエンドも読みたいとは思いますが、耳からだけ、これだけ濃厚な情報が入ってくるとなると、恥死してしまいそうなので、聞く勇気はありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

亡国の姫はテンプレか

2016/05/26 11:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:A - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒロイン&ヒーローの恋愛もさることながら、姉妹愛がなかなか印象的。姉妹愛が印象的過ぎて、途中、「この姉妹最終的に揉めるんじゃないか」とハラハラしていたのだけれど、最終的には大きくもめずに終わってよかった。レオンはタダのいい人でしたね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

箱庭を壊わして、自らの手で掴むモノ

2014/05/25 03:44

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

エロシーンが少しくどいかなと思いますが、一応ストーリーに絡んだエロが大半です。が、エロシーンでそれぞれの心情まで描こうとしているので無駄に長くてちょっと飽きます。かなりご都合主義な超展開には、読者の許容範囲によって評価が分かれると思います。


ややネタバレ感想注意!(後に荒筋があります)

ただの王子・王女とは違う『白銀の姫』『金色の賢者』は、その特殊な役割と重圧で、そしてあの決定的な出来事とリリアーヌがチアーノの心を蝕んでいったのでしょう。そして、彼の選んだ結末は---。



アルクシアの王女リリアーヌは『白銀の姫』、隣国ネブライアの王ルチアーノは『金色の賢者』と言う重責を担っていた。
二人の結婚を間近に控えたある日、穏やかな日々は野蛮な国キニシスの皇帝レオンのアルクシア侵攻によって終焉を迎えることとなる。
自国を滅ぼされ、妹を人質に、強引に体を奪われたリリアーヌは、当初激しくレオンを憎み嫌っていたが、レオンの人柄や色々な事を知っていくにつれ気持ちが変化していく。
そんな中、アルクシアに視察に行くレオンに同行したリリアーヌとその妹は脱出を促すルチアーノの手紙を見つける。待ち合わせ場所で再開したルチアーノは何か何処かが変で---。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/09/07 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/01 17:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/27 18:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/28 01:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る