サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

折れた竜骨 上(創元推理文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 95件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/07/12
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/290p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-45107-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

折れた竜骨 上 (創元推理文庫)

著者 米澤 穂信 (著)

ロンドンから出帆し、北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。その領主を父に持つアミーナは、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンと、その従士の少年ニコラに出会う...

もっと見る

折れた竜骨 上 (創元推理文庫)

670(税込)

折れた竜骨 上

570 (税込)

折れた竜骨 上

ポイント :5pt / 紙の本より100おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ロンドンから出帆し、北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。その領主を父に持つアミーナは、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンと、その従士の少年ニコラに出会う。ファルクはアミーナの父に、御身は恐るべき魔術の使い手である暗殺騎士に命を狙われている、と告げた…。いま最も注目を集める俊英が渾身の力で放ち絶賛を浴びた、魔術と剣と謎解きの巨編!第64回日本推理作家協会賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【日本推理作家協会賞(第64回)】ソロン諸島の領主を父に持つアミーナは、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンと従士の少年ニコラに出会う。ファルクはアミーナの父が、恐るべき魔術の使い手である暗殺騎士に命を狙われていると言い…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー95件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

RPG的推理小説

2013/08/28 20:27

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

設定が派手。キャラも派手。
こんなRPG的世界観で、最後はきちんと謎解きするのかこれはすごい!と思った作品。
この世界観で、もう1本くらい読んでみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろいですよー

2014/05/17 12:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ラーメンマン5052 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゲーム感覚でサクサク読み進みました。オススメの作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

剣と魔法の世界

2014/06/25 08:30

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

あっという間に上巻終わりです。面白いです。剣と魔法の世界ですが、決してメルヘンチックではなく、ミステリー仕立てです。下巻が楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

深い読後感

2015/08/14 13:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiro - この投稿者のレビュー一覧を見る

中世騎士、魔術、冒険、城、戦いの中で少年が成長する・・・こういう歴史小説が好きな人は読んでください。
時代設定や登場人物の描写などが凄く分かりやすく、読んでいて楽しかった。最後は少し感傷的になりますが、謎解きとしても面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

中世ファンタジーの皮を被ったミステリ

2015/10/11 10:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:翠香 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第64回日本推理作家協会賞受賞作であり、各種ミステリランキング上位を総なめしたという本作ですが、
蓋を開けてみると歴史ファンタジーだったので驚きました。
米澤穂信さんといえば、古典部シリーズや小市民シリーズなど、
青春ミステリのイメージが強いですが、色々な作風に挑戦しているのですね。
それでも殺人事件が起き、鑑識捜査みたいなことをしているし、密室の謎もあり、
ミステリテイストになっています。
独特の雰囲気を持った作品ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

え、まさかのファンタジーものなの

2017/08/30 12:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み始めは「え、まさかのファンタジーものなの」とちょっと引いてました。
ファンタジー作品は、中々その世界観に入り込めなかったりすることが多いのですが、その上舞台が中世ヨーロッパとなるとますますしんどいかなと思ってました。

ところが上巻の半ばで殺人事件が起こったあたりからは「お〜、やっぱりミステリーじゃん」と安心して読み進められました。
考えてみれば本作品は第64回日本推理作家協会賞を取っているんだから、ファンタジーでありながら本格推理であってしかるべきなのでした。

てな事を思いながら読んでいたのですが、後半の呪われたデーン人の襲来と戦闘シーンは結構ワクワクしながら楽しめました。

そして最後の大団円。
探偵役の推理の披露の場面はもう王道。
読んでいて非常に気持ち良かったです。
ミステリー好きな方もファンタジー好きな方も楽しめる、一粒で2度美味しいとも言える贅沢な作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/01/25 17:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/24 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/17 12:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/07 12:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/09 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/16 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/11 20:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/17 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/19 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む