サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

つむじ風、ここにあります
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/06/05
  • 出版社: 書肆侃侃房
  • サイズ:19cm/141p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86385-111-5

紙の本

つむじ風、ここにあります (新鋭短歌)

著者 木下 龍也 (著)

裏側に張りついているヨーグルト舐めとるときはいつもひとりだ 照らされた無数のほこりしばらくは息をするのを我慢してみる 一本の道をゆくとき風は割れ僕の背中で元に戻った 今を...

もっと見る

つむじ風、ここにあります (新鋭短歌)

1,836(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

裏側に張りついているヨーグルト舐めとるときはいつもひとりだ 照らされた無数のほこりしばらくは息をするのを我慢してみる 一本の道をゆくとき風は割れ僕の背中で元に戻った 今を詠う若き歌人・木下龍也の第1歌集。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

honto事務局

盗聴の特集記事を思い出し…

honto事務局さん

盗聴の特集記事を思い出し「知っているぞ」と部屋でつぶやく

枝豆と壁の模様を見ています合コンは盛り上がっています



作者、木下龍也は1988年生まれ。
2011年より作歌を始め、2012年全国短歌大会大会賞受賞。

冒頭にあげた2編の短歌と年齢だけを見れば「今どきの1人暮らし男子あるあるでしょ」と思う人もいるかもしれない。けれど、1ページ、また1ページと読み進めていくうちにそれだけではないリアルとファンタジー、孤独とつながり、毒とイノセンスが浮かび上がってくる。



お風呂場に新聞紙敷く「お父さん、僕は補欠になるんやろうか」

プールから飛び出す癖がなおらない イルカを辞めて5年経つのに

包丁を買う若者の顔付きを ちゃんと覚えておくレジ係



1首ごとにミクロ・マクロ、向こう・こちらの視座やキャラクターが入れ替わり立ちかわり現れ、作者独特の言葉選びとキャラクター設定により、31文字のなかで情景が一瞬にして立ちあがる。

ファンタジー・ストーリーものの短歌についてはある意味定番のモチーフも、各テーマ10首20首の流れの中で読者を置いてきぼりにしないよう効果的に配置され、それぞれの1首1首がお互いに引き立て合うようなバランスになっている。



つむじ風、ここにあります 菓子パンの袋がそっと教えてくれる



「つむじ風」と「ビニール袋」とくれば映画「アメリカン・ビューティー」の風にあおられる白いビニール袋のシーンを思い出す読者もいるだろう。

作者もそれを折り込み済みで書いているのかもしれないが、逆にそのシーンを下敷きにして読むと、「ここにあります」の寄り添ってくる感じや「菓子パン」の袋に「そっと」「教えてもらった僕」の人となりが見えてくる。

頬を撫でる風は目には見えないが、菓子パンの袋、いわば日常の象徴のような存在からでも世界を新しく切り取ることができる。そんな「言葉の力」を見せつけられたような一冊だった。


(評者:ハイブリッド総合書店honto 店舗販促担当 MK)

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『あとがき』までおもしろいです

2017/09/20 21:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

木下さんの2冊めの本『きみを嫌いな奴はクズだよ』を先に読んでからこちらを読みました。

ふふっと笑ってしまうもの、言われてみれば自分もそうだ…と思うもの、あぁそんな見方があるのかと気づくもの、色んな短歌が載ってます。

「こんな風に世の中を見れたら、おもしろいだろうな」と思いました。

それから、著者のあとがき…興奮します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/12 18:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/25 11:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/25 00:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/15 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/17 17:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

短歌・和歌 ランキング

短歌・和歌のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む