サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

メディアの仕組み
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 38件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/06/28
  • 出版社: 夜間飛行
  • サイズ:19cm/220p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-906790-03-6

紙の本

メディアの仕組み

著者 池上 彰 (著),津田 大介 (著)

テレビにタブーはあるのか? 新聞は生き残れるのか? ネットは世界を変えるのか? ネットなんてわからない世代も、もはや新聞なんて読まない世代も、 事実を知るため...

もっと見る

メディアの仕組み

1,620(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

テレビにタブーはあるのか?
新聞は生き残れるのか?
ネットは世界を変えるのか?

ネットなんてわからない世代も、もはや新聞なんて読まない世代も、
事実を知るために必読の一冊!

テレビにタブーはあるのか? 新聞は生き残れるのか? ネットは世界を変えるのか? ジャーナリスト2人が“はみ出し者”の視点から、メディアのあらゆるジャンルを対象に、それぞれの仕組みや向き合い方を語った対談。〔「池上彰×津田大介テレビ・新聞・ネットを読む技術」(中経の文庫 KADOKAWA 2016年刊)に改題,新編集〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

池上 彰

略歴
〈池上彰〉1950年長野県生まれ。ジャーナリスト。東京工業大学教授。
〈津田大介〉1973年東京都生まれ。ジャーナリスト。メディア・アクティビスト。インターネットユーザー協会代表理事。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

honto事務局

本書が発売されたのは…

honto事務局さん

本書が発売されたのは、第23回参議院選を目前に控えた2013年7月。
NHKの叩き上げ、「無双」の池上彰とウェブメディア界の寵児と謳われる津田大介との、メディアの現状について、メディアとの接し方についての対談をまとめた本だが、この本自体のスタイルも「メディアへの向き合いかた」を象徴するような特徴がある。

まず、出版元の「夜間飛行」とは、もともと「著者と読者を直接つなげるプロジェクト」として、メルマガ事業を行っていたが今回初めて紙の書籍を刊行、その記念すべき1冊目がこの「メディアの仕組み」である。
そして、初版本はAmazonでは販売せず、紙の書店店舗か、書店が運営するネット通販のみの販売とし、(紙の書店店舗で本を買うことは情報収集の観点から非常に重要なのでそのようにしたとのこと)帯の裏側にシリアルコードが印刷されており、それを入力すると電子書籍版がダウンロードできるようになっている。
また、ポイントとなる箇所には本文が黄色くマーカーのように塗りつぶされていたり、キーワードには各章末に注釈が一覧で添付されているなど、読者に対する彼らのスタンスが伝わってくる。
(本書のなかに、ネットの文章がキーワードにリンクがついていて元記事までさかのぼることができる、という内容が出てくるが、これをリアルに落とし込んだ試みといえよう。)

印象的だったのが、「池上さんの解説はなぜわかりやすいか」という記述。
現在のメディア(新聞について例をあげて)は、昔と比べて文字を大きくしたり、限られたスペースに情報を入れる等の理由から、今まで報道された分からのアップデート分のみの掲載となっている。これは、新聞が「毎日自宅に届く」ということを前提にして成り立っている。
池上さんはその端折られた前提部分からスタートしているから、知っている人には知識の裏打ちになるし、初めての人には「そうだったのか!」となる。
一部の人には当たり前だと思っていること、みんながそう思っているのに顕在化されないものを敢えて発信すること。そのさじ加減や勘所をつかむ絶妙なバランス感覚も含めて、コミュニケーションの取りかた、情報のとりかたなど学ぶべきところは多い。
池上さんの特番がある折には、ちょこちょこと読み返して、自分のメディアやコミュニケーションとの向き合いかたについて振り返ろうと思わされた1冊。


(評者:ハイブリッド総合書店honto 店舗販促担当 MK)

みんなのレビュー38件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

今現在のメディア状況を簡単につかめます。

2013/07/05 20:05

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こまさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

電子書籍データつきは嬉しい特典でした。持ち歩くのが重いですからね。でも再読から電子書籍を買いたいかというとそうではないので。この手法は他でもやってほしいです。
内容は、池上さんの選挙特番の裏側を語るくだりなど、意外性もありさらっと読めて面白かったです。お二人ならではの話しの掘り下げ方に納得。小難しいメディア論ではなく、今この日本のメディア状況を知るには有意義な一冊だと思いますのでお薦めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/07/19 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/18 07:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/26 20:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/17 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/05 03:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/08 08:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/01 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/28 15:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/23 19:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/23 18:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/14 08:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/15 15:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/28 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/14 08:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

メディア・ジャーナリズム ランキング

メディア・ジャーナリズムのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む