サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大切な人に贈る本 ポイント5倍キャンペーン(~1/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鏡の花
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 109件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/09/04
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/338p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-771529-3

紙の本

鏡の花

著者 道尾 秀介 (著)

製鏡所の娘が願う亡き人との再会。少年が抱える切ない空想。姉弟の哀しみを知る月の兎。曼珠沙華が語る夫の過去。少女が見る奇妙なサソリの夢。老夫婦に届いた絵葉書の謎。ほんの小さ...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

製鏡所の娘が願う亡き人との再会。少年が抱える切ない空想。姉弟の哀しみを知る月の兎。曼珠沙華が語る夫の過去。少女が見る奇妙なサソリの夢。老夫婦に届いた絵葉書の謎。ほんの小さな行為で、世界は変わってしまった。それでも―。六つの世界が呼応し合い、眩しく美しい光を放つ。まだ誰も見たことのない群像劇。【「BOOK」データベースの商品解説】

もしも大切な人がいなかったら、あなたはどんな人生を送っていますか? 身近な誰かが欠けた世界で、光を求めもがく人たちの幾つもの「もしも」。鏡合わせのパラレルな世界を描く。『小説すばる』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

やさしい風の道 7−45
きえない花の声 47−93
たゆたう海の月 95−143

著者紹介

道尾 秀介

略歴
〈道尾秀介〉1975年東京生まれ。2004年「背の眼」でホラーサスペンス大賞特別賞を受賞し、デビュー。10年「光媒の花」で山本周五郎賞、11年「月と蟹」で直木賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー109件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

不思議な短編連作小説

2016/06/19 11:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

死者が入れ替わる不思議な短編連作小説。あれ、前で死んだ人が生きてる。最初は戸惑ったけど、パターン1、パターン2、という風に考えたらすんなり馴染めた。もしあの時こうしていたら、もしあの時こうだったら、違う人生だよねの6編。最終話だけ少し赴きが違う。まとめの集大成なのかな。悲しさはなく、どこか希望を感じれるようなラストは読者を安心させる。どの話にも共通して思うことは題名がとてもとても美しい。上質な詩のよう。道尾さんのこういう言葉の感性もわたしは好きだ。ちょっと繊細すぎるのかもしれないけれど、そこに深みがある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

老獪

2016/02/25 03:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

少年の空想、老夫婦と絵葉書…六章から成る連作で、一つひとつは解りにくい部分もあるが、最終章に至ってすべてが繋がり合点が行く。見事な構成であり、心理描写や風景の描き方も含めて、若いに似合わず老獪である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/10/15 16:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/27 13:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/30 04:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/11 15:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/17 20:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/14 10:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/21 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/11 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/17 00:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/02 10:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/14 22:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/31 14:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/14 17:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。