サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. SF・ミステリー・ホラーの通販
  5. 早川書房の通販
  6. ハヤカワ文庫 JAの通販
  7. 開かせていただき光栄です DILATED TO MEET YOUの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

開かせていただき光栄です DILATED TO MEET YOU(ハヤカワ文庫 JA)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 87件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/09/04
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/523p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-031129-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

開かせていただき光栄です DILATED TO MEET YOU (ハヤカワ文庫 JA)

著者 皆川 博子 (著)

18世紀ロンドン。外科医ダニエルの解剖教室からあるはずのない屍体が発見された。四肢を切断された少年と顔を潰された男。戸惑うダニエルと弟子たちに治安判事は捜査協力を要請する...

もっと見る

開かせていただき光栄です DILATED TO MEET YOU (ハヤカワ文庫 JA)

972(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

18世紀ロンドン。外科医ダニエルの解剖教室からあるはずのない屍体が発見された。四肢を切断された少年と顔を潰された男。戸惑うダニエルと弟子たちに治安判事は捜査協力を要請する。だが背後には詩人志望の少年の辿った恐るべき運命が…解剖学が最先端であり偏見にも晒された時代。そんな時代の落とし子たちが可笑しくも哀しい不可能犯罪に挑む、本格ミステリ大賞受賞作。前日譚を描いた短篇を併録。【「BOOK」データベースの商品解説】

【本格ミステリ大賞(第12回)】解剖学が偏見に晒された時代、18世紀ロンドン。外科医ダニエルの解剖教室から妊婦の屍体が消え、四肢を切断された見知らぬ少年の屍体が現れた。背後には稀覯本贋作をめぐる謎が…。〔2011年刊に短篇を新たに加える〕【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

開かせていただき光栄です 5−490
チャーリーの受難 491−513

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー87件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

18世紀・ロンドン・外科手術・解剖・・・以上の言葉に反応する人は読まないと損!

2016/04/16 17:01

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

“Dilated To Meet You”というサブタイトルもついておりますが、もうこのタイトルだけで<18世紀・イギリス・外科手術・解剖>というキイワードが浮かび上がってくるではないですか。 にやにや。 あ、私は皆川博子さんの大ファンであります。

人体解剖で人体の仕組みを読み解こう、と使命に没頭する外科医ダニエルと、その若き五人の弟子たち。 それだけで十分面白くなりそうなのに、次から次へと死体がごろごろと出現・・・。
おまけに田舎からロンドンに出てきた若き(幼い?)詩人ネイサン・カレンが弟子たちの二人と仲良くなったことをきっかけに彼も絡んできて・・・ネイサンが体験したロンドンは、まるで『香水~ある人殺しの物語』の一部を髣髴とさせる描写もあり、読んでいて、ついついわくわく。

『ルパート王子の暖炉』をはじめとする時代的に正しいトリックや、盲目の治安判事サー・ジョン・フィールディングが目が見えない故に他の器官が鋭敏で、人が嘘を言っているかどうか・この匂いはこの場にふさわしいものなのかどうか、といったポイントから真実に迫っていくのも実にフェアプレイ。 時代ものでありながら、ミステリの王道。
さすがです!

なんだかんだと脇のキャラクターもまた魅力的。 中でも5人の弟子エド、ナイジェル、クラレンス、ベン、アルときたら・・・まったく年齢がわからない! 少なくとも全員18歳以上だろう、さすがに(ハタチ越えてそうな人もいるし)、と思っていたら<少年>と描写される人もいたりして・・・個人的に大混乱。 そりゃ、サー・ジョンも困惑するよな~。
 しかし彼らのどこかあけっぴろげというか、底なしの明るさめいた空気が、死体がごろごろ転がるこの物語をまったく陰惨なものにせず、むしろユーモラスで爽快ななにかまでも感じさせてしまう。 その反動でしょうか、最後の2ページでうっかり泣いてしまいました。

弟子に慕われるダニエルも、実は思っていたより若いのか? 実のところ弟子たちの存在感に押されて影が薄くなっていた個所もあるドクター・ダニエル・バートンですが、彼がもうちょっと研究バカでなければ、まわりにいる人の気持ちをもっと汲んであげていれば、と思う部分はあるけれど(本人も最後のほうでそう反省されてますが)、そうではないからこそ弟子たちはダニエルに心酔しているのかもな・・・と考えると非常に
皮肉で、かなしい。

しかし全体として素晴らしい。 読書という至福のヨロコビを思い出させてくれるに十分な作品で、もう、「大好き!」としか言いようがない。(2012年4月読了)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高です。

2018/05/09 08:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みとみと - この投稿者のレビュー一覧を見る

18世紀ロンドン、解剖教室、謎の死体、外科医とその弟子たち、そして盲目の治安判事。
あらすじを読んだだけで、私の好きな要素が盛りだくさんで、これは絶対面白い、しかも作者は皆川博子さん。と迷わず購入したのに、ずっと読みそびれていて、やっと読了。もっと早く読めばよかったです。
もう、最高でした。
外科医ダニエルとその弟子5人も、盲目のサー・ジョンとその助手たちもみんな魅力的。
続編もでているようなので、そちらも読もうと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

先生と弟子達の掛け合いも面白い傑作推理小説

2017/01/28 20:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kissho - この投稿者のレビュー一覧を見る

18世紀のロンドンを舞台に、解剖医とその弟子達を中心に巻き起こる事件。妊娠6か月で死亡した女性の死体を解剖中に、四肢を切断された少年の死体が、続いて顔を潰された男の死体までもが発見されます。果たして自殺なのか他殺なのか、冒頭から謎に包まれます。前半は現在と過去が平行して進み、早い段階で令嬢と、田舎からロンドンに出てきて令嬢に恋をした文学少年の末路がどうなったのかが分かりますが、さて、現在と過去がどのように繋がっていくのか・・・。とにかくページをめくる手が止まりません。医学領域以外では結構とろい先生と、しっかりものの弟子達の掛け合いがユーモラスでつい笑ってしまいます。そして法廷での驚きの真相。最後は、悲しさと爽快感が喧嘩して、かろうじて悲しさが勝ち残ったような不思議な余韻。傑作推理小説だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/09/20 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/15 13:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/27 10:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/09 17:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/17 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/27 13:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/24 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/10 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/20 13:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/02 13:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/05 20:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/11 20:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る