サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

祈りの幕が下りる時
祈りの幕が下りる時 祈りの幕が下りる時
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 514件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/09/13
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/381p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-218536-3

紙の本

祈りの幕が下りる時 (加賀恭一郎シリーズ)

著者 東野 圭吾 (著)

東野圭吾、全身全霊の挑戦。二〇一三年、最大のサプライズ。悲劇なんかじゃない これがわたしの人生極限まで追いつめられた時、人は何を思うのか。夢見た舞台を実現させた女性演出家...

もっと見る

祈りの幕が下りる時 (加賀恭一郎シリーズ)

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東野圭吾、全身全霊の挑戦。二〇一三年、最大のサプライズ。
悲劇なんかじゃない これがわたしの人生
極限まで追いつめられた時、人は何を思うのか。夢見た舞台を実現させた女性演出家。彼女を訪ねた幼なじみが、数日後、遺体となって発見された。数々の人生が絡み合う謎に、捜査は混迷を極めるが――

悲劇なんかじゃない これがわたしの人生。極限まで追いつめられた時、人は何を思うのか。夢見た舞台を実現させた女性演出家。彼女を訪ねた幼なじみが、数日後、遺体となって発見された。数々の人生が絡み合う謎に、捜査は混迷を極めるが…。【「BOOK」データベースの商品解説】

極限まで追いつめられた時、人は何を思うのか。夢見た舞台を実現させた女性演出家。彼女を訪ねた幼なじみが、数日後、遺体となって発見された。数々の人生が絡みあう謎に、捜査は混迷を極めるが…。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  •  

著者紹介

東野 圭吾

略歴
〈東野圭吾〉1958年大阪府生まれ。「放課後」で江戸川乱歩賞、「秘密」で日本推理作家協会賞、「容疑者Xの献身」で直木賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー514件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

人生が成功したと思ったとき

2014/01/20 22:38

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リゲル - この投稿者のレビュー一覧を見る

少女は、貧困を味わい、心に傷を追いながら成長した。父はその少女を見守ることしかできなかった。

深い父娘の絆、捜査によりその絆を、ほどいていく加賀、せつな悲しい物語に涙。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

脱帽!

2015/02/02 07:47

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東野ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

これ、映像化になって欲しいです。
映画やドラマだったら本書はどのように描かれるのか、『麒麟の翼』や『赤い指』に続く期待の作品です。
読んでいてわくわく、ハラハラ、どうなるの?っページがどんどん進みました。
この本を読み終わらない限り、何も手が付かなくなるほど一気に読んでしまえる本でした。
また、日本橋を本当によく歩いて取材している作者の信念、真面目さ、鋭さを感じました。
あと、『容疑者xXの献身』を思わせるストーリー仕立てでした。
続編、新作、東野先生の作品をいつでも楽しみにしています!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2013/09/28 10:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かおりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

これはものすごい愛やなと思いました。

加賀恭一郎の続きが気になります。
どうなるの?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伏線

2016/02/25 21:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

理系の作家だけに、独特の伏線が張られ、それを文章で表現するのは至難の業だが、同時に東野氏の持ち味でもある。本作も無論、そうした伏線があるが、だけでなく、過去9編の加賀恭一郎シリーズに散りばめられた様々までが伏線だったと気づかされ、またしても理系の頭脳に感心した。長いのが氏の作品の特徴であり、場合によっては難点だが、今回はOK.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

非常に出来映えのいい作品。

2015/09/27 22:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

加賀刑事シリーズの中でも一番好きだと思った。じわじわとほぐされ、つながっていく糸。それが最後にまとまり、なおかつ加賀自身が抱えていた悩みの答えにもなる。非常によく練り上げられた筋が展開される。
亡くなった加賀の母親が死ぬ前つきあっていた男。その男が今回の事件には大きく関わっているが、男自身が加賀と接触することはない。かなり複雑な関係だし、解き明かされた後も、何回も名前を変えている男がどこでどう動いたか、じっくり考え直さないとわからない。男の動きにはある人物が深く関与している。とにかく、ややこしいくらいの複雑な関係がひとつの大きなストーリーの中に組み込まれているが、それがしっかりまとまっている。まとまっているだけでなく、大きな感動を呼ぶ最後になっているところがすごい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

加賀恭一郎 最後の作品

2015/09/22 21:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くろべぇ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品には二組の親子がクローズアップされています。
加賀恭一郎と母の田島百合子・・そして舞台演出家の角倉博美と父親。
物語は百合子の仙台での暮らしから、東京での滋賀県の女性の殺害事件、男性ホームレスの焼遺体・・・ と、初めは独立した複数のストーリーと思っていたものが次第に繋がる過程はとても緊迫して読み応えがあります。
そして、最後に明らかになる其々の親子の愛情には感動し、涙を流しました。
東野作品は本当に読ませる作品だと思います。
これで加賀恭一郎作品の読み納めだと思うと、とても寂しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心に、響きましたよ

2013/09/19 09:47

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:虎男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

原発で、実際に作業に関わる作業員が、最新式の現場で、雑巾での極限(放射線、他)での作業、待遇、生き様が、とても、リアルに描かれていて、今 日本人が、真摯に向き合い、考えなければいけない大問題と、舞台演出という 華やかさを、対比させていて、時節柄 原発問題とオリンピックを、感じてしまいました その辺に、著者の意図を、感じるのは、僕だけなのかなぁ~…
面白かったです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

加賀に感動

2014/04/25 21:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とんぺ - この投稿者のレビュー一覧を見る

加賀に感動!こう言う心の持ち主になりたい。
でも彼の物語とは、思わなかったよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

祈りの幕が下りる時

2014/01/25 21:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:battaeater - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分は、加賀シリーズを毎回、読ませていただいてるのですが、
今作の「加賀恭一郎」にもとても驚かされました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/12/12 06:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/26 23:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/08 17:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/21 18:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/03 08:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/31 15:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します推理・ミステリー ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。