サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「デザインで読むハヤカワSFフェア」ポイント5倍キャンペーン (~7/24)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

いのちの木
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発売日:2013/09/02
  • 出版社: ポプラ社
  • サイズ:26×26cm/25p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-591-13493-1
絵本

紙の本

いのちの木 (ポプラせかいの絵本)

著者 ブリッタ・テッケントラップ (作絵),森山 京 (訳)

もりにすむひとりひとりにとって、キツネはとくべつでした。やがてキツネはたびだち、みんなにとってのとくべつなそんざいになったのです。いてくれたらあったかい。いなくなってもあ...

もっと見る

いのちの木 (ポプラせかいの絵本)

税込 1,512 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

ポプラせかいの絵本2014新刊セット 4巻セット

  • 税込価格:6,02655pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

もりにすむひとりひとりにとって、キツネはとくべつでした。やがてキツネはたびだち、みんなにとってのとくべつなそんざいになったのです。いてくれたらあったかい。いなくなってもあったかい。キツネはここにいます。ずっと。【「BOOK」データベースの商品解説】

森のみんなにとって特別だったキツネ。やがてキツネは旅立つけれど、その後もキツネはずっとここにいる…。いてくれたらあたたかい。いなくなってもあたたかい。命のあたたかみをまっすぐに感じられる絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ブリッタ・テッケントラップ

略歴
〈ブリッタ・テッケントラップ〉ドイツ生まれ。ロンドンのセントマーティンズ・カレッジ・オブ・アート、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで学ぶ。作品に「どれくらいひろいの?」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

永六輔さんの死と重ねて

2016/07/17 09:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

放送作家で作詞家でタレントの、永六輔さんの訃報が届いた時、多くの人がその人柄をしのび、惜しい人を亡くしたと涙をこぼしました。
 そんな時、見つけたのが、この『いのちの木』という絵本でした。
 作者のブリッタ・テッケントラップさんはドイツの絵本作家ですし、この絵本が日本で出版されたのは2013年ですから、永六輔さんの死とは何も関係ありませn。
 それでも、この絵本に描かれているのは永六輔さんのことではないかと思いました。
 それはこんな話です。

 雪の降るある日、年老いた一匹のキツネが森の中で死んでしまいます。
 キツネの死を知って、森の仲間たちが集まってきます。そして、キツネとの思い出をそれぞれが語るのです。
 フクロウは若い頃に落ち葉を拾う競争をしたことを、クマはコグマの世話をしてもらったことを、ウサギはオニごっこをしたことを、 たくさんの森の動物たちがそれはそれは楽しそうにキツネとの思い出を話しました。
 キツネが亡くなっていたところから小さなオレンジ色の芽が出てきました。そして、それは次第に大きくなって、森一番のりっぱな木に育ちました。
 森の動物たちはその大きな木に集まりました。いつまでも動物たちの心にはキツネが生き続けているのです。

 永六輔さんのことを思うと、この絵本のキツネのように思えて仕方がありません。
 きっとこれからも私たちは永六輔さんが作った歌を歌うでしょうし、永さんが感じたことや怒っていたことを自身のこととして振り返ることがあるでしょう。
 永六輔さんという木は、多くの人の心の森にりっぱに育っているような気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/09/29 19:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/16 19:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/06 08:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/14 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/22 13:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/07 01:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/04 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/28 18:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/17 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/19 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

動物たちのおはなし ランキング

動物たちのおはなしのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。