サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ルードヴィッヒ幻想曲 1(花とゆめコミックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ルードヴィッヒ幻想曲 1 (花とゆめCOMICS)

著者 由貴 香織里

ルードヴィッヒ幻想曲 1 (花とゆめCOMICS)

463(税込)

ルードヴィッヒ幻想曲(1)

432 (税込)

ルードヴィッヒ幻想曲(1)

ポイント :4pt / 紙の本より31おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

やっぱりルードヴィッヒ様でした (^_^)v

2015/09/10 02:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミヨママ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『ルードヴィッヒ革命』の続編…ではありません。
この作品は、西洋から日本に舞台を移し、ルードヴィッヒ様は、相変わらず暴走しています(笑)。
日本の昔噺なので読む前は、「どうだろう…」と思っていましたが、私は想像していたより違和感なく楽しく読めました *\(^o^)/*

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

続きでないね

2016/07/28 14:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

続きでませんね。
前シリーズのほうが好きだけど、2巻が出たら出たで買う気はする。
グリムから飛び出て、人魚姫とかぐやひめ。
この作者はギャグ比率よりも耽美比率が高いほうが好みだなー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/12/04 22:35

投稿元:ブクログ

もうなんでもありだけど、ルードヴィッヒ王子なら・・・と許せる不思議。他のお話なら多分気になって仕方なくなると思う。笑って流せない人には受け付けないかも。

2013/10/19 07:32

投稿元:ブクログ

奇想天外なフェアリーテール。和洋折衷かぐや姫!ってとうとうルーイさん日本にまで登場か v(o´∀`o)v

2013/10/22 19:24

投稿元:ブクログ

ルードヴィッヒ革命の続編にあたる幻想曲。
時代も国も変わり、今回は人魚姫とかぐや姫がメイン。
どちらもハッピーエンドで面白いけど、ちょっと毒のある物語も
読みたい。
しかし作中によく出てくるネットスラングがどうも気になる。
「ググれ」「ks」「ツイッター」など流行や時代を表す言葉が
入っていると物語から弾かれた気分になる。

2014/10/27 19:10

投稿元:ブクログ

ルーイ王子の妃探しの旅は、グリムの世界を飛び出し遙かなる大海原へーー。
「人魚姫」に「かぐや姫」、伝説の姫達との出会いが傍若無人の王子にもたらしたものは…。
美しく残酷なフェアリーテイル第1弾!

タイトルを「革命」から「幻想曲」にチェンジしての新章突入。
相変わらず本気で娶る気はなさそうなものの、妃を求めて旅するルーイはいつの間にかグリムの縛りを飛び越えた。
人魚姫はともかく、ここでまさか純和風なかぐや姫まで投入されるなんて。
人魚姫のエステルは予想以上の口の悪さだったけど、無口状態でも問題なかったし、あの王子にはいいお相手かと。
かぐや姫は三話のボリュームで結構壮大に描かれた。
まさかかぐや姫を外国人にするなんて予想外。でもちょっと説得力あって、そういう解釈も面白いなと思ったり。
求婚者達が日本昔話の有名どころの人たちを彷彿とさせるところがお茶目。安倍晴明が女の子になってたりと、本当に自由気ままにアレンジしていて面白かった。
この話はお父さんが何気にイケメンでした。最後はハッピーエンドに終わってくれたので安心。何気に前作でのキャラ達が出張してきたりして嬉しい。イーディケ姫も出てこないかな。

2014/08/26 23:03

投稿元:ブクログ

「ルードヴィッヒ革命」ではグリム童話でしたけど、「ルードヴィッヒ幻想曲」となり、今回はアンデルセンの「人魚姫」と日本の童話の「竹取物語」です。

相変わらず無茶苦茶な設定ですが、大元の話を知っているだけに、おもしろく読めました。次はどんな話かなぁ、楽しみ。

2013/09/09 22:07

投稿元:ブクログ

タイトルに惹かれてしまう。由貴香織里は読んだコトがないのでチェックすると、、、「カフカ ―Kafka―」「少年の孵化する音」「人形〔ギニョール〕宮廷楽団」とタイトルが好みだわ。。。

Yuki Kaori Official Web
http://www.yukikaori.com/

2013/12/08 00:27

投稿元:ブクログ

ルードヴィッヒ革命の続編。
グリム童話を飛び出してアンデルセンやら日本昔話やら。相変わらずぶっ飛んでるけどそこがいい!

かぐや姫にフラレた被害者の会がわりと好き(笑)

2014/01/02 16:32

投稿元:ブクログ

そういえばルードヴィッヒの新シリーズはじまったって言ってたなーと思ったら単行本出てた。グリムパロディなV系王子の、これぞ漫画家のやりたい事やり放題勢い漫画(褒めてる)。一応4巻で終わったシリーズですが、「革命」から「幻想曲」に変わって今度はグリム以外のパロディへ。今回は「人魚姫」と「かぐや姫」です。

またカインとか天禁みたいなシリアスなこれぞ由貴ワールド漫画も読みたい気もするけれど、こういう漫画家さんの息抜きになるような、アホだなあと思いながらも楽しそうな漫画も好きです。なんだかんだでちゃんと由貴漫画には押し付けがましくなく、テンプレ的でもなく、切なさと救いが描かれるので。そこでしっかり締められなくなってくると、読み続けるのは厳しいけれど、まだしっかり描けているので。
でもまぁ戒音とか少年残像くらいの短さで、またシリアス由貴漫画も久しぶりに読みたい気も。そろそろどうですかね由貴さん。

2013/10/31 11:22

投稿元:ブクログ

由貴さんの絵、漫画とかイラストの中で一番好きです。
ストーリーはいまいち好きになれないですけど・・独特というかアブノーマルというか・・。

絵だけに関してはダントツです。

2013/10/21 00:15

投稿元:ブクログ

『ルートヴィッヒ革命』の続編です。
前作の題材がグリム童話のみからだって初めて知った……。よく考えたら分かることなのに。

かぐや姫が西洋人だった、という解釈はなかなか説得力があって興味深かったです。
ルーイ王子は近世~近代なのに、かぐや姫は古代だから時代考証メチャクチャだけど(^_^;)
今後も、どんな童話や寓話がモチーフになるのか楽しみです。

2013/11/02 22:50

投稿元:ブクログ

待っておりました、続編。
次巻ではアマルベルガかーちゃんがもっと活躍してくれることを期待www

フリーデリーケもまた出てきてほしいな。

2013/10/29 16:45

投稿元:ブクログ

待ってました!!!!
ルードヴィッヒ革命の続編!!!
ジェットコースター並みの展開でおいてかれることもしばしばだけど、由貴さんのお話は切なくも甘いものばかりで!
これからに、大いに期待!!!

2013/10/27 22:00

投稿元:ブクログ

新作wwwと思いながら楽しみにしていたらまさかの続編だったという作品。そして前作を持っていたのに売っていたという事実発覚。でもそれ抜きで普通に面白かったと思う。昔の童話やらをベースにしているのでそれだけで十分です。グリムやらなんやらが好きな私には大好物でした。

少女コミック ランキング

少女コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む