サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

ギフトラッピング 初めてのご利用で100ポイントプレゼントキャンペーン ~8/21

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/10/25
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:18cm/311p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-376720-8

紙の本

ひさしぶりの海苔弁

著者 平松 洋子 (著),安西 水丸 (画)

新幹線で食べる海苔弁の美味さ、油揚げが人格者である理由、そして、かまぼこ板の美学とは―。食を愉しみ、食を哲学するヒラマツ食物誌の決定版。【「BOOK」データベースの商品解...

もっと見る

ひさしぶりの海苔弁

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

新幹線で食べる海苔弁の美味さ、油揚げが人格者である理由、そして、かまぼこ板の美学とは―。食を愉しみ、食を哲学するヒラマツ食物誌の決定版。【「BOOK」データベースの商品解説】

新幹線で食べる海苔弁の美味さ、油揚げが人格者である理由、そして、かまぼこ板の美学とは−。平松洋子の食をめぐる絶品エッセイ集。『週刊文春』連載「この味」第1回〜第85回を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

平松 洋子

略歴
〈平松洋子〉東京女子大学文理学部社会学科卒業。エッセイスト。食や生活文化を中心に幅広く執筆活動を行う。「買えない味」でBunkamuraドゥマゴ文学賞、「野蛮な読書」で講談社エッセイ賞受賞。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店池袋本店

十人十色とはよく…

ジュンク堂書店池袋本店さん

十人十色とはよく言ったもので人の好みは様々であり、食に関しては論争を引き起こす。卵かけごはんの食べ方に始まり、お味噌汁の具、ラーメンのスープ、もう数限りない。だが、人のエピソードを通じて食の追体験をすると、違う派閥でも食べずにはいられない。
欲深くても良い、それが食欲だ。

食エッセイストの代表、「食を愉しみ、食を哲学する」平松洋子。本書は週刊文春の連載「この味」を単行本化したものだ。柔らかい語り口で軽妙に繰り広げられる食のエピソードは、想像するだけで唾をのむ。もちろん平松節も健在である。
きゅうり、豚足、油揚げ、鮭缶、れんこん、越前ガニ、パセリ、海苔弁、秋さんま、アスパラ、レモン、ジンギスカン、豚汁、湯豆腐、グリンピース、いくらバターごはん!

健康第一と叫ばれる世の中だが、平松洋子の追体験をし、食欲の赴くままに美味しいものを嗜んではどうか。尚、タイトルの「海苔弁」は東京駅構内KINOKUNIYAにて購入できるそう。


(評者:ジュンク堂書店池袋本店 実用書担当 中島理恵)

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

食べることに大真面目

2021/01/15 21:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kochimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

食べることに
こんなに大真面目になっていいんだ!
と思いながら読んでたら、
丁寧に処理した
もやしが食べたくなってきた。
ドラマでも見ながら芽と根をむしろっかなー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読むだけでお腹が空いてくるエッセイ!安西水丸さんのイラストもいいなぁ

2014/02/23 08:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

(●^o^●)平松洋子さんの食べものエッセイ!
表紙の海苔弁、なんとも美味しそうじゃありませんか!
これ、安西水丸さんのイラストなんですよ。

もうね、平松洋子さんの読むだけでお腹が空いてくるエッセイと、安西水丸さんのこれまた見るだけお腹が空いていくるイラスト!
最高のコラボ!なんですよ。
とても一気に読み切ることはできません。

だって、読みながらもそわそわしてきて、いますぐ食べられるものはあったかな~って考えてしまうんですから。

洋子さんの言い切り文体も心地よく、今回もぐいぐい行きますよ~。

「なすは肉でした」おぉ~読んで深く納得
「全裸のとんかつ」って、全裸??
「きょうも海苔弁」そうなんです、続くんですよね~いちど虜になると、とことん飽きるその日まで…。
「野郎ども、かかれ」なんとも、まぁ、私も野郎に一員に今からでも加えて欲しいです。よーこセンセイ!

私は何度も書いるような気がしますが、私の趣味の一つは平松洋子さんのエッセイは音読すること。
テンポもよくて、もうすこぶる楽しい気持ちになること間違いなし、なんです。
多くの人にオススメしたいな。
と言うわけで、平松洋子さん音読の会、会員募集中です。(●^o^●)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/10/04 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/22 20:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/28 15:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/06 15:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/31 07:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/21 11:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/18 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/01 23:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/09 17:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/04 19:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/16 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。