サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. 世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え 世界の第一人者100人が100の質問に答える

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え 世界の第一人者100人が100の質問に答える
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生 一般
  • 発売日:2013/11/12
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:22cm/298p
  • 利用対象:小学生 一般
  • ISBN:978-4-309-25292-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え 世界の第一人者100人が100の質問に答える

著者 ジェンマ・エルウィン・ハリス (編),西田 美緒子 (訳),タイマ タカシ (絵)

ミミズを食べても大丈夫? 数字は永遠につづく? どんなふうに恋に落ちるの? 科学、哲学、社会、スポーツなど、子どもたちが投げかけた身近な疑問に、ドーキンス、チョムスキーな...

もっと見る

世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え 世界の第一人者100人が100の質問に答える

2,700(税込)

世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え

2,160(税込)

世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え

ポイント :20pt / 紙の本より540おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え 世界の第一人者100人が100の質問に答える」が含まれるセット商品

10代から読む科学の本 【新刊セットS】 8巻セット

10代から読む科学の本 【新刊セットS】 8巻セット

  • 税込価格:19,440180pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

ミミズを食べても大丈夫? 数字は永遠につづく? どんなふうに恋に落ちるの? 科学、哲学、社会、スポーツなど、子どもたちが投げかけた身近な疑問に、ドーキンス、チョムスキーなどの世界的な第一人者が答える。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • まえがき
  • 1 まだだれも見たことのない動物が、どこかにいるの? デヴィッド・アッテンボロー卿(動物学者、植物学者)
  • 2 ミミズを食べても大丈夫? ベア・グリルス(冒険家、サバイバルの達人)
  • 3 原子ってなあに? マーカス・チャウン(宇宙の本の著者)
  • 4 どうしていつも大人の言うことをきかなくちゃいけないの? ミランダ・ハート(コメディアン)
  • 5 血はなぜ赤いの? どうして青くないの? クリスチャン・ジェッセン博士(医師)
  • 6 夢はどんなふうに生まれるの? アラン・ド・ボトン(哲学者)
  • 7 世界を歩いて一周するには、どれくらい時間がかかる? ロージー・スウェイル=ポープ(走って世界一周した女性冒険家)
  • 8 どうして音楽があるの? ジャーヴィス・コッカー(ミュージシャン)
  • 9 エイリアンはいるの? セス・ショスタク博士(天文学者)

著者紹介

ジェンマ・エルウィン・ハリス

略歴
〈ジェンマ・エルウィン・ハリス〉フリーランスの編集者でライター。雑誌編集者として『Time Out』誌、『Glamour』誌等に参加。

編集者おすすめコメント!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

子どもの多彩な質問と、世界の第一人者の素晴らしい回答が満載。子どもの知識を伸ばす指南書。

2014/01/24 17:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星の砂 - この投稿者のレビュー一覧を見る

子どもは、わからないことがあると、<あれ、なに? どうして?>と親は何でも知っているとばかりに、あれこれ質問してくる。知識は、子どもの好奇心や興味心にそって、身についていくのにもかかわらず、私は、知識不足からくる説明下手のため、子どもに理解できるように答えることができないことが多い・・・。この本は、イギリスの小学生たちの多彩な質問に、各分野の第一人者がバラエティーに富んだシンプルな言葉でわかりやすく回答したもの。今まで答えてあげられなかったことも、本書を読んであげることで、興味をもち視野を広げてくれることを期待して手に取った。

 国が違っても、子どもの興味や好奇心は世界共通だなあ、と感心。質問に答えているのは、世界の、それぞれの分野の専門家だが、質問への唯一の正解を示そうとしたものではなく、「子どもたちからの思いがけない質問に「自分ならこう答える」と考えた声を集めたものです」とあるように、苦心して答えたもの、頭脳を駆使して答えたものなど、素晴らしい回答が満載。
 以前、子どもと一緒に虹を見たときに、<どうして虹ができるの? >と質問されたけれど、<光が屈折してできるはず・・・滅多に見れないからラッキーだったね>と質問されたものの、説明できず適当にごまかしたままであった。だが、子どもと同じ質問が100の質問の中にあり、《97 虹はなにでできている? 》から知ることができた。回答者は、アントニー・ウッドワードとロバート・ペン(作家)。「虹は光でできている。太陽の光が空中の小さい雨粒を通りぬけるとき、それまでぜんぶまじって白く見えていた光が、いくつもの色に分かれる―赤にオレンジ色、それから黄色、緑色、青、藍色、紫色というぐあいに。(中略)虹を見るには、太陽が出ているときに、雨もふらなくちゃだめで、しかもきみは太陽と雨の間にいなくてはいけない。だから、虹の足もとにたどりつくことはぜったいにできない。とてもざんねんなことだね。(中略)虹がどうしてできるかがわかったのは三〇〇年くらい前で、アイザック・ニュートンというとても頭のいい科学者が、はじめて解明した。(後略)」という回答を、子どもに教えると、虹の謎を理解しスッキリし満足したようす。私自身、100の質問の中には、今まで知らなかった事実が多々あり、特に、興味をそそられたのが、《23 ハチはハチを刺せる?》の質問。ジョージ・マクギャヴィン博士(昆虫学者)が、ハチの生態がよくわかるように回答していて、親子共々、<へ~>と感心しきり。
 本書は、原文とは少し変えてあり、タイマタカシさんの美しいイラストも、日本語版独自に加えられたものだそうだ。子どもが読みやすいように工夫され回答しているから、子どもの探究心を刺激し知識を伸ばすなど、新しい世界が広がるきっかけを作ってくれる指南書として活用していきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/04 09:12

投稿元:ブクログ

イギリスの子どもたちからの100の質問にその道の専門家がわかりやすく答えた本。個人的なツボ質問は「牛のおならを1年間我慢して一発大きいのをすると宇宙へ飛べる?」でした(笑)ちゃんと計算して回答してくれた先生すごい!他にも宇宙・文学・こころとからだの質問などいろいろあって、そこに疑問を持つのか!と質問に感心し、なるほどねー!と回答にまた感心するのでした。

2014/11/15 18:55

投稿元:ブクログ

イギリスの小学生100人の素朴な質問に、その道の専門家が答えた内容。
アッテンボロー、ドーキンス、チョムスキーなども登場。
子供ならではの質問に、誠実に返事していて、大人でも面白く読めます。

もし自分が聞かれたらなんて答えるか?
考えながら読んだので、けっこうくたびれましたけど(笑)
疎い分野の答えは、おおそうだったのか!?と参考になって~面白いですよ。

「ミミズをたべても大丈夫?」という質問に、「大丈夫!」というのが笑えました。
「夜になるとなぜ暗いの?」
「どうして音楽があるの?」
「私は何でできているの?」
「どんなふうに恋に落ちるの?」
「なぜ意地悪なんかするのかな?」
「ウシが1年間おならをがまんして、大きいのを一発したら、宇宙まで飛んでいける?」なんて質問までありました。

「神様って、だれ?」
という質問には、複数の回答。
決めつけないような書き方になっています。
「なぜ戦争があるの?」という質問には、「よく話し合わないから」と。
「偉い人が怖がると、起きる」
‥確かに。

イギリスならではの質問は削除したそうですが、どんなのだったんでしょうねえ?

2014/03/28 10:16

投稿元:ブクログ

子供って本当に発想が楽しい。解答もなるほど!と思うものから思わず笑ってしまうものまであって、皆さん苦労して答えてるようだ。

2015/10/19 13:30

投稿元:ブクログ

子どもからの100個の質問に、その分野の専門家が答えるという形式の本。
分かりやすいし、おもしろかったけど、イギリスで出版されたものの日本語訳版だから、何となく日本では馴染みがないなぁ、て感じの質問もあった。
あと、子ども向けに、口語で訳してあるんだけど、変に芝居掛かった口調で、笑えた。

それと、目次や本文で書いてある回答者の名前が、最後の回答者略歴で、苗字と名前が逆転してて、調べにくかった。

2014/07/03 21:45

投稿元:ブクログ

なじ■

子ども達の素朴な質問に専門家が本気で答える
イギリス版「子ども電話相談室」的なQ&A集。

質問の性格上仕方ないんですが、
ちょっと抽象的な答えも多かったので
へーッなるほど!!レベルは
『全国こども電話相談室』の方が上だったんですが、
それでもこちらも十二分に新しい驚きや発見、
人生の糧となる言葉に溢れていて
清々しい気持ちで読み終えました。

どこの国でも子ども達の質問は
本当にそれ自体が輝いてるなあ!

2014/08/08 22:41

投稿元:ブクログ

ミミズは食べても大丈夫?
おしっこはなぜ黄色いの?
ネコはなぜ必ず私の家に戻ってこれるの?
夜になると何故暗いの?
何故意地悪なんかするの?
戦争は何故起きるの?

といった子どもの質問に、世界の第一線で活躍する専門家が答えるというシンプルな内容。学級文庫にぴったりです。

しかし、不思議なのは「どうやって赤ちゃんは生まれるの?」という定番の質問がなかったこと

2014/03/13 00:09

投稿元:ブクログ

イギリスの小学生の素朴な100の質問に各界の著名人が答える…という本。そうだったのか!と思う答えもあれば、自分ならなんて答えるかなーと考えさせられるのもあり。うちの子供の反応も良かったです。「世界でいちばん力持ちの動物はなあに?」「おしっこはどうして黄色いの?」とかを真剣に読んで、自分で納得した答えを教えてくれました。私自身は「世界最初の芸術家はだれ?」(回答:マイケル・ウッド(歴史家))「わたしの脳はどうやってわたしを思いどおりに動かしているの?」(回答:スーザン・グリーンフィールド(神経科学者))が面白かった。
回答者にNHKやBBCの番組や、TEDで見たことのある人もいて、面白そうだなーと思い購入。ちょっと高かったけど、買ってよかったなと思います。

2014/05/10 16:33

投稿元:ブクログ

ステキな本。回答はそれぞれの道の専門家から、いずれもこどもにわかるように平易な言葉で書いてあり、すんなり理解できる。私が面白かったのは以下の質問。
「自分で自分をくすぐれないのはなぜ?」
「どうして意地悪なんてするの?」
「おしっこはどうして黄色いの?」
詳しい回答はぜひ本書を。
ちなみに
「なぜ戦争が起きるの?」という質問への回答冒頭はこんな感じ。
「戦争が起きるのは、みんながじゅうぶんに話しあわないからね。」

2014/10/19 15:34

投稿元:ブクログ

イギリスの子供たち100人から集めた質問に、100人のその道の専門家が答えた、楽しい1冊です。
質問の種類はいろいろ。
「わたしのネコはどうしていつも家に帰る道がわかるの?」
「どうして音楽があるの?」
「わたしは、なにでできているの?」
科学的なものから、哲学的なものまで。
中には「ウシが1年間おならをがまんして、大きいのを一発したら、宇宙まで飛んでいける?」なんてエキサイティングな質問もあります。
さてさて、そんな質問に大人はどう答えるのでしょう。

その道の専門家には、科学者、作家、冒険家、アスリート、コメディアンなど、さまざまな人が選ばれています。
1つの質問に3人分の回答が掲載されているものもあり、視点が変わると回答もこんなにちがうんだ!…という面白さも味わえました。

子供にわかりやすく説明することの難しさもひしひしと感じました。
ユーモアをまじえながら、簡単な言葉で伝えるセンスを見習いたいです。

2013/11/18 17:09

投稿元:ブクログ

サイエンスのあるソフィーの世界って感じです。
2500円はちょっと高いかな。でもずっと持ってたいと思えるもの。

2015/12/24 15:59

投稿元:ブクログ

小さい頃に置いてきてしまった好奇心を刺激される一冊でした。外国の方が答えを書いたからっていうのもあるかもしれませんが表現が素敵で小説に使えそうな言い回しもありました。
原子はスカスカで、世界中の人たちをぜんぶ作り上げている原子から空間を絞り出してしまうと、角砂糖ひとつぶんの大きさになるっていうところが驚きでした。
将来子どもができたら家に置いておきたい一冊です。

2013/10/16 17:43

投稿元:ブクログ

チョッと面白そう、、、

河出書房新社のPR
「科学、哲学、社会、スポーツなど、子どもたちが投げかけた身近な疑問に、ドーキンス、チョムスキーなどの世界的な第一人者はどう答えたのか? 世界18カ国で刊行の珠玉の回答集!」

2014/03/06 20:47

投稿元:ブクログ

表紙からして面白そうだなとおもったけれど、やっぱり面白かった。
子供に聞かれたら大人でも即答できないような質問を、その道のプロがスマートに答えてるので、もし聞かれるようなことがあれば参考にできて便利。

2014/01/30 21:50

投稿元:ブクログ

Q.ミミズは食べても大丈夫?
A.OK
Q.なぜ戦争は起きるの?
A.孤立してるから
子どもの質問100に専門家がちょっと気のきいた答を返す。でも大したことはなかった。

理科・自然科学 ランキング

理科・自然科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む