サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 意外な結末・奇妙な味わい ポイント5倍キャンペーン(~10/3)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

飲めば都(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 52件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/10/29
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/462p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-137333-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

飲めば都 (新潮文庫)

著者 北村 薫 (著)

人生の大切なことは、本とお酒に教わった―日々読み、日々飲み、本創りのために、好奇心を力に突き進む女性文芸編集者・小酒井都。新入社員時代の仕事の失敗、先輩編集者たちとの微妙...

もっと見る

飲めば都 (新潮文庫)

767(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人生の大切なことは、本とお酒に教わった―日々読み、日々飲み、本創りのために、好奇心を力に突き進む女性文芸編集者・小酒井都。新入社員時代の仕事の失敗、先輩編集者たちとの微妙なおつきあい、小説と作家への深い愛情…。本を創って酒を飲む、タガを外して人と会う、そんな都の恋の行く先は?本好き、酒好き女子必読、酔っぱらい体験もリアルな、ワーキングガール小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

本を愛して酒を飲む。タガを外して人と会う。そんな酒女子の恋の顚末は? 人生のたいせつなことを本とお酒に教わった文芸編集女子・小酒井都さんの酒とゲラの日々を描く。ワーキングガール小説。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

赤いワインの伝説 9−35
異界のしり取り 37−64
シコタマ仮面とシタタカ姫 65−95

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー52件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

北村薫の最高作

2014/01/19 17:27

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sakura - この投稿者のレビュー一覧を見る

北村薫の文章がとても心地よく、都さんを中心とした登場人物の設定も、日常の謎解きも素晴らしかった。
お酒のうんちくもバランスよく入っていて、ストーリーのよい脇役になっている。
読んでいて何度も声を出してわらってしまうくらいユーモアもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女性を描くのがうまいなあ

2018/05/31 20:23

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

酒好きの女性編集者を主人公にした『飲めば都』(これって、住めば都のもじりですよね)は、北村薫のワーキングガール小説。
女の世界を描いているので、女性作家の作品のような気分で読んでしまうのですが、北村薫は、れっきとしたおじさん。
私も、この人の作品を読み始めた頃は「薫」って男か女かどっちだろうと思いながら読んでましたが、 わかってても錯覚するぐらい、女性を描くのがうまいなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

酔いどれ女子の仕事と恋

2015/02/08 15:13

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:翠香 - この投稿者のレビュー一覧を見る

誰しもお酒にまつわる失敗は一つや二つはあると思いますが、
ヒロインの都さんはかなりの猛者。
こんなに飲んで大丈夫かとちょっと心配になってしまう(^^;)
本作は女性文芸編集者・小酒井都が仕事に恋に奮闘している姿が描かれています。
しかし北村先生はどうして女性の気持ちがこんなにもよく分かるのでしょうか?
言葉遊びも満載で嘘薀蓄やら替え詩には思わずニヤリ。
また色々な銘柄のお酒も登場するので酒飲みにはたまらないかも。
とにかく楽しくて心がほっこりする作品でした(^^)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

楽しい

2014/08/19 20:38

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tomyam0702 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の小酒井さんが愉快。こんな編集さんが北村氏のまわりにいるのかもしれない。ただ、読後の印象は結構薄くて、記憶に残ったのは「♪裸足で~駆けてく~、ゆかいな早苗さん」だけ。「さぼてんの花」を越えるものはなかなかないなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/21 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/24 16:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/02 10:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/12 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/10 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/26 13:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/12 09:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/11 21:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/05 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/12 19:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/05 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む