サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 雪男は向こうからやって来た

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

雪男は向こうからやって来た(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/11/16
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/358p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-745140-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

雪男は向こうからやって来た (集英社文庫)

著者 角幡 唯介 (著)

【新田次郎文学賞(第31回)】2008年10月の新聞に掲載された、雪男のものとされる足跡の写真。雪男を目撃したという人々を取材した著者が、現場でえぐり取った雪男探しをめぐ...

もっと見る

雪男は向こうからやって来た (集英社文庫)

670(税込)

雪男は向こうからやって来た

626 (税込)

雪男は向こうからやって来た

ポイント :5pt / 紙の本より44おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【新田次郎文学賞(第31回)】2008年10月の新聞に掲載された、雪男のものとされる足跡の写真。雪男を目撃したという人々を取材した著者が、現場でえぐり取った雪男探しをめぐる一点の鋭い真実とは? 謎の生き物とそれを追う人間たちのドキュメント。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

本当にいるのか

2014/04/11 08:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:座敷童子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

雪男の発見に心血を注いだ山男たちの雪男捕獲作戦記録。しかし山男という人種の精神力には参る。毎日毎日鉄板の上じゃなくて雪の上にテントを張って雪男が現れるのを待ち続ける気の長い、先の見えない行動はどこから来るのか。山男でもある作者も、同行した捜索隊のメンバーの様子も、おもわずクスリとさせられる記述もありで、一気に読めた。
これを読んだ後、TVで雪男はシロクマだったとの特別番組を見たが、それでもやっぱりイエティは謎の動物のままのようだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

雪男はいた?いない?

2016/02/16 10:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山好きお坊さん - この投稿者のレビュー一覧を見る

文章がイイ、実に飽きさせない。時系列的ではなく、エピソードを遡って興味深く背景、経過を著述するので、心底引き込まれる。 知っている登山家、冒険家がどんどん登場してくる。その度に、この登山記録は読んだ、所有しているがまだ読んでいない、とついこすぐられているような満足を感じさせてくれる。 著名な登山家の名前が陸続と出てきた。雪をキーワードにつながる状況をうまい構成で読ませてくれた。雪男を見た人は、魅されてその後の人生を雪男探索に明け暮れる。他人を納得させる証拠の写真を手に入れるために。第三者には否定的見方しかされない状況を、「いただろ、この写真を見てみろ!」とドヤ顔で言わんがために、いや、本当はいなかったのではという自分の心に芽生える疑いの気持ちをはっきりと打ち消さんがために、その影を追い続けるのであろう。なんとなく得心できる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

テンションの低い冒険記

2016/06/08 00:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者本人もジャーナリストとして書いたといっている通り、客観的な視点で関係者のインタビューがまとめられており、冒険の部分はいたって少ない。しかし書きようによってはもっと面白くできる話ではないか?著者自身の立ち位置がハッキリしないので、テンションが読んでいる我々も上がらない。先輩の高野秀行の文章を参考にすべき。残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/15 00:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/05 11:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/16 20:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/03 09:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/21 15:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/18 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/10 14:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/03 09:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/07 20:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/30 11:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/07 13:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る