サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

8/1【HB】honto withアプリカード利用でポイント2倍キャンペーン (~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ペテロの葬列
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 323件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/12/20
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/685p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-771532-3
  • 国内送料無料

紙の本

ペテロの葬列 (杉村三郎シリーズ)

著者 宮部 みゆき (著)

今多コンツェルン会長室直属・グループ広報室に勤める杉村三郎はある日、拳銃を持った老人によるバスジャックに遭遇。事件は3時間ほどであっけなく解決したかに見えたのだが―。しか...

もっと見る

ペテロの葬列 (杉村三郎シリーズ)

1,944(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

今多コンツェルン会長室直属・グループ広報室に勤める杉村三郎はある日、拳銃を持った老人によるバスジャックに遭遇。事件は3時間ほどであっけなく解決したかに見えたのだが―。しかし、そこからが本当の謎の始まりだった!事件の真の動機の裏側には、日本という国、そして人間の本質に潜む闇が隠されていた!あの杉村三郎が巻き込まれる最凶最悪の事件!?息もつけない緊迫感の中、物語は二転三転、そして驚愕のラストへ!『誰か』『名もなき毒』に続く杉村三郎シリーズ待望の第3弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

拳銃を持った老人によるバスジャックに遭遇した杉村。あっけなく解決したかに見えた事件の動機の裏側には、深い闇が隠されていた…。「誰か」「名もなき毒」に続く杉村三郎シリーズ第3弾。『千葉日報』ほか掲載を加筆修正。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

宮部 みゆき

略歴
〈宮部みゆき〉1960年東京都生まれ。87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。99年「理由」で直木賞、2007年「名もなき毒」で吉川英治文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー323件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

杉村三郎の明日はどっちだ!

2014/01/11 20:40

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:oranje77059 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今多コンツェルンの「マスオさん」こと杉村三郎シリーズ最新作ということで、とても楽しみながら読みました。
毎度事件に遭遇する杉村さんが、今回はまさかのバスジャックの人質に。そして、犯人の真実や謎の慰謝料の送り主など、事件解明に首を突っ込みというか、引きずられていき、編集長の意外な過去や、編集室の人間関係なども巻き込んで、さらなる事件の発生、そして驚愕のラスト。さすがの宮部作品でした。
杉村さんの今後がとても心配になりました。そして、おなじみのキャラたちもどうなるのか。まさかこれで終わりなんてことないと信じたいです。ぜひ次回作を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ペテロの葬列

2014/01/01 22:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:内田久男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

まさか、あのような結果を迎えるとは…。その「結果」が一時的なものであることを願います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なんて結末!!

2016/05/10 11:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんな結末が待ってるなんて!!
ただの(?)バスジャックの話かとおもいきや
作者の昔の作品、火車を彷彿とさせるような物語展開。
そして。。。
杉村さん、やっぱり探偵さんになるの??

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日常の毒

2015/12/21 01:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

人はの皆、平凡井生きているのだが、そんな日常の中に毒が潜んでいる。本作は、拳銃を持った老人のバスジャックに始まり当然、この事件は直ぐ、終着を迎えるのだが、それからの展開が宮部氏ならではの意表をついたものになる。今回もた、伏線お張り方がうまいと感心。ただ、本作はシリーズ3作目だが、「名もなき毒」が一番ではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

納得の行かいないところがある

2017/05/25 22:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

普通わざわざ そんな真似する?登場人物がそういう行動ばかりするので ついていけないところが多々あった。ひねり具合が斜め下。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/04/20 13:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/09 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/06 22:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/08 18:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/07 12:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/04 18:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/29 19:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/12 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/06 00:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/13 19:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る