サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日 絵本(講談社の創作絵本)
いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日 絵本(講談社の創作絵本) いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日 絵本(講談社の創作絵本)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2013/12/03
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社の創作絵本
  • サイズ:27cm/47p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-06-132561-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

絵本

紙の本

いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日 絵本 (講談社の創作絵本)

著者 坂本 義喜 (原案),内田 美智子 (作),魚戸おさむとゆかいななかまたち (絵)

坂本さんは、食肉センターで牛を“解く”仕事をしています。息子のしのぶくんは、小学校の授業参観でおとうさんの仕事はなんですかと聞かれて、「ふつうの肉屋です」とこたえました。...

もっと見る

いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日 絵本 (講談社の創作絵本)

1,512(税込)

絵本 いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日

1,242 (税込)

絵本 いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日

ポイント :11pt / 紙の本より270おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 100.2MB 無制限
Android EPUB 100.2MB 無制限
Win EPUB 100.2MB 無制限
Mac EPUB 100.2MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

坂本さんは、食肉センターで牛を“解く”仕事をしています。息子のしのぶくんは、小学校の授業参観でおとうさんの仕事はなんですかと聞かれて、「ふつうの肉屋です」とこたえました。その後、担任の先生に「おとうさんが仕事ばせんと、肉ば食べれんとぞ」といわれたしのぶくんは、「おとうさんの仕事はすごかとやね」と坂本さんにつたえます。そんなある日、坂本さんがつとめる食肉センターに、女の子と一頭の牛がやってきて…。【「BOOK」データベースの商品解説】

坂本さんは、牛の命を解いて(殺して)お肉にする仕事をしています。ある日、息子のしのぶくんは授業参観でお父さんの仕事を尋ねられて、「普通の肉屋です」と言いましたが-。命をいただくことの意味を問いかけてくる絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

坂本 義喜

略歴
〈内田美智子〉1957年大分県生まれ。国立小倉病院附属看護助産学校助産師科卒業。助産師。
〈魚戸おさむとゆかいななかまたち〉1957年北海道生まれ。漫画家。作品に「家栽の人」「玄米せんせいの弁当箱」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人間が生きている限り「どこかで行われていること」。

2017/02/21 19:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙の絵から何を想像しますか?
副題に添えられた「みいちゃんがお肉になる日」。
食べるために育てられた、牛がお肉になるというのは何を意味するのでしょうか。

牛を肉にする仕事をしている方の実際の体験談から作られたという短いこのお話は、既にいくつかの違う形で出版されています。本書は絵本として、可愛らしいけれどかなりリアルな絵でまとめられています。でも、それも一つの効果をくれる感じがします。

表紙には少女と戯れるウシ。裏表紙にはすき焼きの絵。殺したくない、と困っているお父さんの顔、涙を流す牛の顔・・。でも、決して嫌な絵にはなっていません。気持ちが伝わってくる絵です。

一番好きだったのはお風呂に入っているお父さんと少年の絵。「あの牛は殺せない」と悩むお父さんも、背中を流す少年も、感情をおしこめた顔。そこに添えられた会話の文章がぐっと刺さってきます。

できるならこうやって「食べるために通過しなくてはならないこと」を理解し、心の整理をつけて子どもたちは成長していってほしいと思いました。育てた家畜をほとんど「全自動」のような機械設備で処理してしまう工場もできているといいます。そんな「誰かがやらなくてはいけない」ことから遠くなってしまっても、人が生き物を栄養にして生きていることは、誰もが知っていいなくてはならないことに変わりはないと思います。人間が生きている限り「どこかで行われていること」なのですから。

大事なことをどう伝えるか。こんな絵本がたくさんあってほしいとも思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

グッときます!

2015/10/04 02:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みきまむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

学校の読み聞かせに、食育にもなって良いかなぁと思い、まずは自宅で、軽い気持ちで子供に読みましたが、堪えても堪えても涙が止まらず、読み聞かせは自宅のみとなった1冊です。心にグッときます。学校での読み聞かせは断念しましたが、読書感想文用に、おすすめの一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

避けられない現実

2015/08/10 12:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:仮面ドライバー - この投稿者のレビュー一覧を見る

お肉が美味い美味いと食べている私たちですが、牛や豚、鶏等の畜産動物が命を犠牲にしてくれている現実を決して忘れてはなりません。  まして買いすぎ食べ過ぎ、捨て過ぎはもってのほか。

小学生のお子様がいらっしゃる家庭は、是非読書感想文の題材にお勧めの一冊です。 小さいうちから命と食を見つめ直すのに、良いチャンスですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

仕事の難しさ

2016/05/04 20:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

坂本さんの仕事は、
どうやら牛の解体のようです。
息子の反応に一喜一憂したり、
牛のみいちゃんをお肉にしなければならない時の葛藤。
自分の仕事の意味を考える日が続きます。
でも続けてみようと思う姿勢に感心します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

立ち読み厳禁!涙で本が売り物にならなくなります!

2016/02/02 12:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

経済動物と無垢な少女の交流、そして必ず訪れる別れ、
しかも屠殺場へと続く…
使い古されたテーマでありながら、やはり心を打つ物語に
涙を禁じえません。

また屠殺場の方からの目線も描かれており、命を食べる
ことについて、改めて考えさせられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いのちをいただく

2016/12/10 16:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:( ̄▽ ̄) - この投稿者のレビュー一覧を見る

私たちがいつも食べているお肉などは、
他の動物などの命をいただいているのだと、
大切なことが分かるお話で、とてもいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いのちをいただいている

2017/04/24 18:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なな - この投稿者のレビュー一覧を見る

私たちがいつもふつうにスーパーへいって買って食べているお肉は牛やぶた、鳥など命をいただいている。そんなことを思い出せる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2015/10/16 16:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

食べ物を大切にしてもらいたいと思い子供に読ませました。大人も改めて命を頂いているんだということを、とても考えさせられる内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/21 07:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/16 09:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/28 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/11 08:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/14 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/06 14:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/03 12:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

社会科 ランキング

社会科のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む