サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 女性向けコミック
  4. 神様はじめました 17 (花とゆめCOMICS)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

神様はじめました 17 (花とゆめCOMICS)(花とゆめコミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/01/20
  • 出版社: 白泉社
  • レーベル: 花とゆめコミックス
  • サイズ:18cm/181p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-592-19297-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

神様はじめました 17 (花とゆめCOMICS)

著者 鈴木ジュリエッタ (著)

最後の時廻りへと旅立った奈々生は“全てが終わった”時代で再び黒麿と出会う。そこで巴衛と雪路が辿った運命を見せてもらい…!? 巴衛と奈々生、二人の縁が巡り合う感動の過去編ク...

もっと見る

神様はじめました 17 (花とゆめCOMICS)

463(税込)

神様はじめました(17)

432 (税込)

神様はじめました(17)

ポイント :4pt / 紙の本より31おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

神様はじめました(花とゆめCOMICS) 25巻セット

  • 税込価格:11,583107pt
  • 発送可能日:7~21日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

最後の時廻りへと旅立った奈々生は“全てが終わった”時代で再び黒麿と出会う。そこで巴衛と雪路が辿った運命を見せてもらい…!? 巴衛と奈々生、二人の縁が巡り合う感動の過去編クライマックス!

最後の時廻りへと旅立った奈々生は“全てが終わった"時代で再び黒麿と出会う。そこで巴衛と雪路が辿った運命を見せてもらい…!? 巴衛と奈々生、二人の縁が巡り合う感動の過去編クライマックス! 2014年1月刊。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

感想

2015/07/22 22:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かいちょー - この投稿者のレビュー一覧を見る

過去編終了の巻です!やっとやっと思いが通じ合ったふたり。500年のときをこえた恋愛、感動的ですし、素敵です。もう2度と離れてほしくないな~。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

500年先も愛してる

2015/09/15 23:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:(o´ω`o) - この投稿者のレビュー一覧を見る

悪羅王と決別し、雪路と生きていくために人間になることを選んだ巴衛。雪路にたいして献身的な姿勢の巴衛が一途で周りをかえりみない感じが良かったです。その後の悪羅王が気になりました。最後は現代で巴衛と奈々生がいい感じでほっこりしました!が、時周りとかしてるから、ちょっとわからない部分がありモヤモヤしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

過去から戻って

2016/05/22 00:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るん - この投稿者のレビュー一覧を見る

前巻からの続きでやっとこの巻で過去から戻ってきます。
奈々生は無事巴衛を助けることができ現世でまた結ばれます。
この巻でも涙してしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

過去篇決着

2016/06/28 15:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saya - この投稿者のレビュー一覧を見る

黒麿恐ろしいのかと思っていたけど寂しがりの悲しい神堕ちだった。雪路とご主人可哀想だった。悪羅王憎めないキャラだけどやっぱりひどい。過去篇の決着すごく良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

絵が上手

2015/02/05 13:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マニマニマーニ - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵が可愛いし、ともえがカッコイイので引き込まれます。
ハッピーなストーリーが個人的に好みですが、勘違いしたままもし死んじゃったら、酷い話だよなあとちょっと思いました。
いろいろ納得してラストがあると思うのですが、
妖怪の気持ちは良く分からない…。というか、想像力が着いて行きませんでした。が、結果オーライな気もします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

すごくよかった

2015/10/28 21:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなきち - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメを見てから続きが気になり、コミック過去編を購入しました。
16、17巻は本当に素敵でよかったです。
ななみちゃんはアニメの方がかわいいけど、ともえはどっちもかっこいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/02/05 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/31 23:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/17 01:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/24 20:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/22 14:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/28 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/28 22:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/24 15:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/22 15:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

少女コミック ランキング

少女コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む