サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 教育・学習参考書の通販
  4. 学習参考書の通販
  5. KADOKAWAの通販
  6. 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 276件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/12/26
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/318p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-891983-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

著者 坪田 信貴 (著)

【新風賞(第49回)】一人の教師との出会いが、金髪ギャルとその家族の運命を変えた…。偏差値30だったギャルが、著者とともに慶應大学合格を目指して歩んだ日々を綴る。坪田式人...

もっと見る

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

1,620(税込)

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 【表紙モデル写真〈カラー16点〉追加の電子特別版!】

1,620 (税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 19.3MB 無制限
Android EPUB 19.3MB 無制限
Win EPUB 19.3MB 無制限
Mac EPUB 19.3MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【新風賞(第49回)】一人の教師との出会いが、金髪ギャルとその家族の運命を変えた…。偏差値30だったギャルが、著者とともに慶應大学合格を目指して歩んだ日々を綴る。坪田式人材育成のためのテクニックも収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

坪田 信貴

略歴
〈坪田信貴〉株式会社青藍義塾代表取締役塾長、学校法人大浦学園理事長。心理学を駆使した学習指導法により、生徒の偏差値を短期間で急激に上げることで定評がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー276件

みんなの評価4.2

評価内訳

電子書籍

自分の人生にも、こんなミラクルを起こしたい!

2015/03/27 22:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Hdylw? - この投稿者のレビュー一覧を見る

「大学受験で大事な3つのこと」

(1)メンタル
(2)目標
(3)計画

これって、大学受験に限らず、人生において「何かを達成したい!」と思った時に、絶対に必要になってくることですよね。

私は今、働きながら資格試験の勉強をしていて、この本を読んだのですが、著者の坪田先生がビリギャル“さやかちゃん”に教える数々の「受験の極意」は、社会人でも参考にしたいメソッドばかり。(試験までのスケジュールの立て方、暗記のコツなど)

限られた(そして少ない)時間で結果を出さなければならない、すべての人に対して、ヒントとやる気をくれる本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

非常に読みやすい

2017/04/01 12:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は有名な本であり、読む前も本書の存在を知ってはいました。しかし読む前に私が思い描いていたストーリー展開として、頭の悪かったギャルが慶應に受かるまでというキャッチフレーズから、頭の悪いギャルといっても地頭は良くて、慶應に受かるための少ない科目だけ勉強するのだから、大して劇的なものではなかろうというものでした。しかし実際には、苦労している様子がありありと伝わってくるのと同時に、家庭内の問題と受験がリンクしていて、また受験中に起こったハプニングもまるで作り話なのではないかと思えるようなもので面白かったです。
バカを東大に入れるという『ドラゴン桜』というマンガ・ドラマがあり、また他にも『受験のシンデレラ』という小説など、もともと勉強ができない人を難関大に入れるという話は受験物の定番でしょうが、そのような話はフィクションであるのが通常でしょう。本書はまるでフィクションであるかのようなノンフィクションであり、そういったところが本書の魅力ではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

元気が出ます

2017/01/29 21:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おにっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

笑いあり、涙あり・・一気に読みました。
筆者の著書「人間は9タイプ」を先に読んでいたので、典型的な楽天家のビリギャル さやかちゃんの長所を最大限に引き出しながら、慶應大合格に導いた坪田先生のメソッドに惹きつけられました。
また、我が子の幸せを信じて応援し続けた「ああちゃん」もすごいと思いました。
大学受験のノウハウも参考になり、何度も読み返したい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

受験生に読んでほしい

2016/03/22 10:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おたべ3号 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本編(ストーリー)とは別に勉強方法について細やかに書かれている箇所があり、これから受験するお子様は一度参考に読んでもらうと良いと思います。
坪田先生の教育方針も大変素晴らしく、こんな先生に出会えていたらなぁと羨ましく思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ギャルの塾の先生が書いた話

2016/01/31 00:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えーり - この投稿者のレビュー一覧を見る

ギャルの塾の先生が書いた話です。心理学的なほめ方がもりこまれていて子育ての参考にもなります。笑いどころもあり、気楽に読めます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ビリギャル

2015/12/20 23:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:corgi - この投稿者のレビュー一覧を見る

笑いあり、涙ありととても面白く一気に読んでしまいました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やりとりがいい

2015/08/17 22:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:shooting-star - この投稿者のレビュー一覧を見る

ずっと気になっていながら、もともと頭の良い子が勉強をしていなかっただけの話だろうと思って買っていなかった本。映画化されたのをきっかけに子供と鑑賞して号泣。その後、こりゃー、本も読まねば!と購入しました。
坪田先生とビリギャルさやかちゃんのやり取りは映画そのもので、漫才のよう。さやかちゃんの成長話というだけでなく、家族みんなの成長話。正直なところ、お母さんのあーちゃんの言い分には「それ、どうよ」と思う部分もありますが、子供を信じ、子供の力を全力で信じるその姿には同じ母親として見習うべきものがありました。本より映画の方がより伝わりますが、原作も読んでおいて損はないでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

教育、子育てについて考えさせられる

2015/06/07 21:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tomoす - この投稿者のレビュー一覧を見る

私が本を手にする時、タイトル、表紙に目が行きます。その中でも上手く人を引きつけたタイトルと表紙だと感じました。
本人なのかと思ってしまうカバーモデルさんの雰囲気も良かったです。

表紙に目が行き、読み進めると、なかなか面白い!特に坪井先生とさやかさんのやりとりは笑ってしまう事が多々あります。
今、この本で色々と言われていますが、根っこで訴えたい部分は違うかな?と思います。

さやかさんの姿勢を始め、坪井先生の教育者としての姿勢や、お母さんの子育ての信念は考えさせられるものがありました。
特にお母さんは、今、よく言われる「叱らない育児」をされているのかと、まわりから思われたでしょう。でも、子どもを信じて待つのはなかなか難しいと思います。
坪井先生との出会いや、お母さんが育てた根っこのさやかさんの 全てが合わさって、このストーリーができたのかな?と感じました。

さやかさんがどんどん成長していく、合格すると、最初から頭が良かったとまわりに言われてたと書かれていましたが、そうではないと。教育者って難しい部分が多いでしょうし、なかなか大人数の中、1人ひとりを見て導くのは難しいと思います。でも、きっと、さやかさんはきちんと大人を見ていたのでしょう。

目標に向かって努力する、人との関わりを大事にする、その姿勢に共感しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すいすい読めます

2015/05/30 19:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:P - この投稿者のレビュー一覧を見る

図書館で借りましたが、何度も読めると思うほど、あっという間に読み終わったので、購入しました。
自分の子供にも、実践してみようと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

偏差値が上がったのはいいんだけど

2015/07/05 02:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:宮村みやこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

偏差値30のJKが慶応の何学部だったかに合格出来たというのはいいんだけさやかは慶応義塾のどこかの学部に合格出来ればそれで良かったというようでこれこれをやりたいから慶応へ入学したかった、それで受験勉強をがんばったというわけじゃないんだよね。この一点において本末転倒だなあと感じた。有名大学合格は人生のゴールじゃなく全ての始まりなんだけどねえ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

爆笑

2015/11/17 01:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

天然呆けとは、このような女子高生を指すのかもしれない。久しぶりに腹から笑えた。ノンフィクションであるところに説得力もあるし、学習塾の講師が優秀なのか、件ののギャルがもともと字頭が良かったのか。事実は小説より奇なり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

勉強しようと思う

2015/09/20 20:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:miyabi - この投稿者のレビュー一覧を見る

世間ではいろいろ言われてますが(私立中学からエスカレーター校なので
勉強しなくてもよかった とか 有名私立中学校なのでもともと頭が
良かったからだ とか)読んでみてそんなことを言って欲しい と思う。

単純に努力っていいものだ と思える話でした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

表紙が印象的な本。

2015/03/23 20:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

客観的に結論だけ言うとすれば題名の通りなのかもしれませんが、実際に読んでみると、それだけではないことがわかります。頑なに自分の考えを曲げなかったり、自分はどうせだめだと投げ出したりすることの方が簡単で、素直に受け止め、それを実践するということは、実はとても難しいことなのかもしれないな、と感じました。言われたことを、自分を否定する攻撃ととらえるか、それともヒントととらえるか、という解釈の問題かも、とも思いました。合格した女性は素直でおおらかで、人も自分自身も信じることのできる、とても魅力的な人だと思いました。そして、応援したくなる人だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どんどん読み進められる

2015/09/21 10:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:zxa - この投稿者のレビュー一覧を見る

ストーリー的にはわかりやすく、読んでいて?ということはないと思う。ここからはネタバレ注意だが主人公の通っていた学校は頭がよく、入試科目を絞り(しかも小論文はもともと得意で)、1年ではなく、1年半前から受験勉強をしていたことを考えるとがんばれば届く目標なのかな、とも思えてくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/17 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

大学受験 ランキング

大学受験のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む