サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

面倒だから、しよう
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 69件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/12/17
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:18cm/162p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-02506-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

面倒だから、しよう

著者 渡辺 和子 (著)

小さなことこそ、心をこめて、ていねいに。幸せは、いつもあなたの心が決めるのです…。ノートルダム清心学園理事長が、自分を見つめなおし、毎日をあたらしく、ていねいに生きるため...

もっと見る

面倒だから、しよう

1,028(税込)

面倒だから、しよう

926(税込)

面倒だから、しよう

ポイント :8pt / 紙の本より102おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

この商品が含まれているブックツリー

前へ戻る

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

小さなことこそ、心をこめて、ていねいに。幸せは、いつもあなたの心が決めるのです…。ノートルダム清心学園理事長が、自分を見つめなおし、毎日をあたらしく、ていねいに生きるための言葉を紹介します。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

渡辺 和子

略歴
〈渡辺和子〉1927年生まれ。上智大学大学院修了。ノートルダム清心学園理事長。三木記念賞等受賞多数。著書に「目に見えないけれど大切なもの」「美しい人に」「置かれた場所で咲きなさい」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー69件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

自他共に認める

2015/11/24 16:48

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

面倒くさがりです。分かっていてもだらけてしまいます。
そんな私にとってこの題名は天啓に打たれたかのように衝撃的でした。
恐る恐る読んでみるととても読みやすい上品な文章で面倒くさがりの自分を優しく導いてくれる本でした。
できることから、小さな事からこつこつやってこう、という心境にすっと入ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

今から

2015/11/23 21:09

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこのたま - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほほえむこと、思いやること、両手でいただくこと、より良いほうを選ぶ自由、他にもいろいろ・・・今から気をつけて生きていきたいと思いました。日々のくらしのなかで薄れそうになるまえに、また読み返して心を新たにしたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素敵な本でした。

2015/03/23 01:07

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み返す度に気づきのある本だと思いました。それでいて頭ごなしでない、とても優しい文章だと思います。慈愛にあふれた方だということがよく伝わってきました。面倒だからしよう、という題名にもはっとさせられました。シンプルな言葉ながら、とてもいい行動基準になると思いました。面倒だからこそ、あえて向き合い、話し合おう。面倒だからこそ、きちんとしよう。様々なシーンで、行動を促す言葉だなと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

些細なことでも感じられる

2015/09/30 13:43

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くー - この投稿者のレビュー一覧を見る

渡辺和子さんの本を読むといつも思うのですが、
大きな望みばかりに目を向けて生活していると、
幸せを感じる機会が少なく、逆に不幸に感じるのだと思います。

空がきれい、花がきれい、
人と話して楽しかった、
運動して気持ちよかった、
ぐっすり眠れて気分がすっきり!

こういう些細な事にも目を向けて
幸せを感じることは大切なことで、
人生を豊かにするアイテムの一つなのだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

優しいがつまった本でした。

2015/09/29 12:15

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mao - この投稿者のレビュー一覧を見る

心が疲れたとき、何か拠り所がほしいとき、豊富な人生経験と著者の優しい言葉に慰められ、諭され、そして勇気づけられる。そんな、お守りのような本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

優しい本

2016/02/16 06:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プリコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルに惹かれました。
自分自身が面倒臭がり屋なので、この本を読んで小さなことからでもめんどうくさがらずにやろうと思えました。
著者の優しさや丁寧さが伝わる文章でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/19 09:35

投稿元:ブクログ

ラジオ番組での朗読を聴いて購入。タイトルの通り、前向きでポジティブになれる内容だった。笑顔、思いやり、そして自己受容。他人が変わるのを待つのは時間の無駄遣いかもしれない、時間の使い方はいのちの使い方、、たしかに。ま、自分も含めてですが、わー面倒くさい!って言うのもう止めようと思った。

2015/01/11 20:59

投稿元:ブクログ

ずっと読もうと思っていた本。ノートルダム清心の理事長さんが書かれた本と思ったら、大学は聖心の方だったと!丁寧に生きていくことの大切さを改めて。新年に読むのに相応しい本でした。

2014/07/06 17:49

投稿元:ブクログ

2014.7.6読了
『置かれた場所で咲きなさい』も読んだけど、当たり前のことが大切なんだと思い知らされる。

”不満をいう前に、物事を裏返して見るゆとりを持つ。”
これは、大切なことかもしれない。自分の置かれているところから、少し離れて見てみると大したことはないのかもしれないし。

たまに開いて肝に銘じておかなければと、思う内容でした。

2014/11/16 09:47

投稿元:ブクログ

しようか、どうしようかと迷ってもいい。でも、そこで、自分の怠け心と闘った時に、初めて、本当の美しさ、自分らしさが生まれてくるのだと思う。
若しあなたが、誰かに期待したほほえみを、得られなかったら、不愉快になるかわりにあなたの方から微笑み掛けてごらんなさい。実際、ほほえみを忘れた人ほどそれを必要としているものはないのだから
よりよく生きるということは、自分中心に生きようとする傾向と闘うこと。
一回一回を、最初で、唯一で、最後のつもりで。
時間の使い方は、そのまま、いのちの使い方。ぞんざいに生きていないか、不平不満が多くなっていないかを、時にチェックしてみないと、私たちの使える時間には限りがあるのです。
あたりまえのことをこころをこめて実行してゆくこと。
何も考えないで皿を並べるなら、ロボットの仕事と同じです。同じ時間を費やすなら、一つひとつの皿を並べる時に、「お幸せに」と、私にしかこめられない愛と祈りをこめて並べて、初めて私は、愛と祈りの人生を送れるのだ。私が「お幸せに」と祈りながら皿並べをしたから、夕食で座ったシスターが幸せになったかどうかは、わかりません。わからなくていいのです。これは私の時間の使い方、私の人生の問題だからです。しかしながら一つ、たしかに変わったことがありました。それは、私から仏頂面が消えたことです。
「あなた方には、脱いだはきものを揃える自由があります」人間には「揃えない自由」もあるのです。理性で考えて、“よりよい方”を選ぶこと。これこそが人間のあるべき姿、教養のある人の取るべき行動
不満をいう前に、物事を裏返して見るゆとりを持つ。
愛想が尽きるような自分を見捨てないこと。
あなたが心を悩ますことの大きさが、あなたの心の大きさだ。自分の感情を認めること。認めた上で、大ごとにしない。
許さない間は相手の支配下にある。自由になるために「思いを断ち切ること」が大切。仕返しは、自分のレベルを下げる愚かな行為です。相手を許すことは自分のためにもなる。
不機嫌は、立派な環境破壊。不機嫌な顔つき、相手を傷つける言葉、冷たい態度、無視といったダイオキシンを、家庭で、職場で、通勤途中などで撒きちらしてはいないでしょうか。

2016/10/08 23:21

投稿元:ブクログ

『置かれた場所で咲きなさい』を読んで共感し感銘を受けたので
手に取りました。

前作で色々な事を学べてそれを日常生活でより実践的に行うためには
どうしたら良いのかと分かりやすく書かれていました。

今回も特にキリスト教を信じているわけではないですが、
宗教の枠を超えて人として根本的に大切な事が
語られてあるのでどれもすんなりと心に入り沁みわたりました。

どの言葉も素敵ですが中でも下記のものは
何度でも読み心に留めておきたいです。
 価値があるから生きるのではない。
 生きているから価値がある。
  何ができても、できなくてもいい。
  どんな人でも、生きているだけで価値がある。

 つまずくのはあたりまえ。
 つまずいたおかげで気付くものがある。
  うぬぼれていた自分を見つめ、謙虚になる機会にしよう。

 自分の感情を認めること。
 認めた上で、大ごとにしない。
  腹を立ててもいい。不安がってもいい。
  けれども、感情に振り回され、自分を見失ってはいけない。

 ふがいない自分を受け入れ、
 機嫌よく感謝を忘れずに生きる。
  若い時にできていたことが、年老いてできなくなることもある。
  それでも、今、できることに感謝する。

 ほかの人になる必要はない。
 また、他の人をあなたと同じだと思うのは大間違い。
  私たちの一人ひとりが、かけがえのない存在。
  人と比べて落ち込まなくてもいい。努力目標にしよう。

 誰がいったかではなく、何がいわれたか、
 何が問題か、に中心を置く。
  犯人探しをしていても問題は解決しない。
  冷静になり、問題の本質を見極めることが大事。

そして第4章の相手の気持ちを考えるというのは
どれも大事なことと思い、その中でものの字の哲学は
たった一文字を加えることによって、
相手の気持ちが穏やかになり
心のぬくもりを感じられることになり
とても身近に簡単にできる親切で日頃から
改めてみようと思えました。

人生の中で何か躓いたり、くじけそうになった時でも
この中の本の言葉を思い返してみると
改めて小さな事からじっくりと丁寧に、怖がらずに前を歩いていけば
必ずそこには新しい道が開けるのではないかと
思わせてくれる言葉ばかりでした。
大人になってから人の心の美しさ、人として大切なこと、
生きるということなどはなかなか学べる機会がないので
このような本があるととても勉強になります。
また何度でも読み返して心の栄養にしたいと思いました。

2016/08/07 14:21

投稿元:ブクログ

聖書の中にある「一粒の麦」のたとえのように、地に落ちて死ねば、多くの実りをもたらすけれども、死を拒否する時は一粒の麦のまま枯れてしまいます。

この世に’雑用’という名の用はない。用を雑にした時に生まれる。ー「つまならい」と思いながら生きる時間は、つまらない人生になってゆく。

⭐︎
はなしょうぶ

黒い土に根を張り
どぶ水を吸って
なぜ きれいに咲けるのだろう
私は
大ぜいの人の愛の中にいて
なぜ みにくいことばかり
考えるのだろう
(星野 富弘)
⭐︎

’命より大切なもの’についての質問
これは、答えをいただくものでもなく、私たち一人ひとりが自分の生活の中で求め続け、見出してゆくものなのでしょうから。

星野さんは、かくてご自分の手足、お体の不自由さで、数え切れない多くの人々の心を自由にする詩を生み出してくださいます。

不幸の裏側に幸せを見つける

私たちは、自分のことを愛してほしい・理解されたい・慰められたいとばかり願いますが、自分も相手を愛する人・理解する人・慰める人になりましょう。さらにお互いを理解し尽くすということは不可能だということを、しっかり心に留めることはもっと大切なのです。

自分の心の痛みを癒すためには、まずは、「思いを断ち切ること」が大切です。いつまでも傷にこだわっていると、その間、私は相手の支配下にあります。人間ですから、きれいに断ち切ることは不可能です。しかし、許すことで、相手の束縛から自由になれるのです。

頭では許していても、体がいうことを聞かないということがあります。今、私がもし聖書の中の「汝の敵を愛せよ」ということを実行すれとすれば、せめて相手の方の不幸を願わないことです。

多くの場合、個人的なものは決心と呼ばれ、それに対して、他の人々にも影響を与えるものを、決断と呼ぶそうです。

健啖家・・・大食する人。おおぐい

「私はこの夏ハワイに行ってきたの」「私はヨーロッパに行ったわ」
・・・私たちはとかく人の話の腰を折る、遮る、ということをしがちですが、気を付けたいと思います。

’の’の字の哲学
もし夫が仕事から帰って「ああ疲れた」といったら、「疲れたの?」といってあげてください。夏「暑かった」と帰宅したら「暑かったの?」といってください。これが’の’の哲学。

私は私、人は人という「独自性」。
(略)
ほかの人をあなたと同じように考えるはずだと思ったら大間違いです。皆ユニークな一人ひとりなのです。尊敬し合って、習うところは習い、捨てるところは捨てていきましょう。

EX.排水口が詰まって水が流れなくなる。
成熟度の低いシスター→一体誰が?何を流したの?犯人探し。
成熟度の高いシスター→どうしたら?特別な器具が必要?問題解決に中心を置く。

2015/01/15 23:25

投稿元:ブクログ

自分がされた嫌なことばかりに目を向けて愚痴を言うのではなく、良かったことや嬉しかったことに感謝できる人でありたいと思った。

2014/06/21 11:19

投稿元:ブクログ

著者の「置かれた場所で咲きなさい」は、今ひとつ共感できませんでしたが、この本の方が読んでいて得るところが大きかったです。
キリスト教的な考え方に共感できないところもありましたが、何かに思い悩んでいる時に読むと発見があったり気持ちが楽になったりする本ではないかと思います。

2015/04/22 11:42

投稿元:ブクログ

ベストセラー「置かれた場所で咲きなさい」の著者である渡辺和子さんの著書。「ていねいに生きる」、「幸せは、自分が決める」。そんな各エピソードは短い言葉でまとめられていて読みやすく、穏やかな気持ちになれます。

人生訓 ランキング

人生訓のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む