サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 69件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/01/24
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:15cm/265p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-900739-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

おやすみなさい、また明日 (キャラ文庫)

著者 凪良 ゆう (著),小山田 あみ (イラスト)

「俺はもう誰とも恋愛はしない」。仄かに恋情を抱いた男から、衝撃の告白をされた小説家のつぐみ。十年来の恋人に振られ傷ついたつぐみを下宿に置いてくれた朔太郎は、つぐみの作品を...

もっと見る

おやすみなさい、また明日 (キャラ文庫)

税込 660 6pt

おやすみなさい、また明日

税込 660 6pt

おやすみなさい、また明日

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 10.3MB
Android EPUB 10.3MB
Win EPUB 10.3MB
Mac EPUB 10.3MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「俺はもう誰とも恋愛はしない」。仄かに恋情を抱いた男から、衝撃の告白をされた小説家のつぐみ。十年来の恋人に振られ傷ついたつぐみを下宿に置いてくれた朔太郎は、つぐみの作品を大好きだという一番の理解者。なのにどうして…?戸惑うつぐみだが、そこには朔太郎が抱える大きな闇があって!?今日の大切な想い出も、明日覚えているとは限らない…記憶障害の青年と臆病な作家の純愛!!【「BOOK」データベースの商品解説】

たとえ記憶をなくしても、愛する気持ちは永遠…秘密を抱えた青年×臆病な小説家が紡ぐ純愛。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー69件

みんなの評価4.6

評価内訳

紙の本

号泣しました

2014/01/26 02:51

12人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:milika - この投稿者のレビュー一覧を見る

ただのBL小説ではありません。
愛する人へ一生かけて愛を証し続けたふたりの愛の物語です
痛みを知っている人には この二人の人間らしい弱さや辛さ
散りばめられた会話や文章から共感できるはずです

弱いからこそ強い
自分だけでは人生は長く生きられないけど、愛する人の為なら
頑張れるし強くもなれる
そんな相手を見つけた2人は 幸せな人生だったと思うのです
羨ましく思いながら、ただのハッピーエンドではないホロ苦さ
それがこの究極の愛の物語に深みを与えているようにも思うのです
人は年を取ると、失うものも それでもそれを受け入れる何かも
身につけていくのかもしれません
この作品は 大人には涙なくしては読めないものですが
絶対読んで欲しい作品です

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どんなお話か決めるのは読んでから。

2014/03/24 13:13

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:柚月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

まずはじめに、私はどんなジャンルに分類された本でも、絶対に先入観なしで、変な期待もせずただ読みます。
こういうの読みたくて買ったけど、期待してたのと違った…という人はもったいないことしてるな、と思うので。作者様がどんな想いでこのお話を書いたのか、どんな風に受け止めようか、大好きになれたらいいな、そう思って読んでいます。
ところで凪良ゆうさんはいつも素晴らしい作品を描かれる方だな、と思っていましたがここ最近の本はイマイチぴんとくるものがなかったのです…実は。
ですが、この本を読んで買い続けていて良かった、やっぱり凪良さんは最高の作家だ!と思いました。
もう1ページ目から話に吸い込まれました。
つぐみさんが10年くらい同居していた恋人に、あんまりな理由でふられ、小説もスランプ気味になって…人生リスタート、35歳からできるのかなという不安がひしひしと伝わってきました。
祖父が大家をしている朔太郎と出会い、引越し先が決まり…物語がそれはもう美しくころころと転がって夢中にさせます。
つぐみさんはいつの間にか、一緒にいられなくても、忘れられたとしても、愛し続けようと思い、「朔太郎さんのこと」を小説にします。手書きで。朔太郎さんが今日話したことを忘れてもカタチにして残したという健気さにじーんとします。
朔太郎さんもつぐみさんのことが好きだけど記憶障害のせいで色々と葛藤してばかりでした。
こんなに相手のことを思いやれる相互関係、なかなかないですよね。
小説でここまで切実な関係を描ける人もあまりいないと思います。
そして最後のSSは私にとって理想的でした。
常々、ハッピーエンドを読んでいると「このあとも二人は幸せに暮らしましたとさ」、という確信めいた未来風景が欲しいなと思っていたから。
このSSを読んでBLらしくない終わり方、現実的なのは嫌だと感じる方もいそうですが、むしろ軽々しいお決まりのハッピーエンドじゃなく、つぐみさんと朔太郎さんらしい人生の終着点まで読めたことを本当に嬉しく思っています。
この本を読み終えて、浦島太郎のような気分でしたよ笑
ふたりの人生をずっと夢中で見つめていたからか、ここどこだっけ、今って…あれ?みたいな笑
とても愛しくなる、優しいお話でした。
どうか偏見や期待、予想もせずにこの本を読んでみて欲しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ただのBL小説ではない・・・

2014/01/30 00:11

10人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:桜丸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

涙もろい私は、物語の後半から何度も涙で文字が読めなくなり
早く読みたいのに文章を読み進められない状態でした。

愛しているにもかかわらず、病を抱えての今後を考えつぐみを諦めようとする朔太郎。
愛しているが故に、朔太郎の拒絶を理解し・受け止めて彼の前から姿を消すつぐみ。

しかし、つぐみは朔太郎を想いながら、出版するつもりもなく、読む人もいない
朔太郎を題材にした短編小説を書き始めますが、
これが後半からSSへの鍵になっていくと思いました。

物語はハッピーエンドで終わりますが、作者があとがきに書いているように
このSSの終わり方は、賛否が分かれるかもしれません。私は賛成派です。

ふたりが、その後幸せに過ごせたのを読んで、嬉しくて泣きました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

見える幸せ、見えない幸せ

2019/01/25 23:01

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うに - この投稿者のレビュー一覧を見る

皆さんのレビューを読みかなり慎重に購入した作品です
多分、このレビューを読んでいると言うことは少しでもこの作品に興味がある、ということでしょう。気持ちが堕ちて浮上出来ないような夜更けに読むにはうってつけ、と言えるかも、しれない

BLはファンタジーとはよく言うけれど、そんなBL作品によくある料理を『作る』描写があると読むのに萎えてしまうけれど、この作品に至っては料理を『作る』そして『食べる』事こそがある意味重要な『鍵』と言えます。生きるってなんだろう、そんな風に考えながら読み進めていきました

あとがきで、最後のSSを書きたくてこの作品を書いた、とありましたが愛する人へ一生をかけて愛を証し続けたふたりの物語と言う点では他作品で 線状の僕ら と言う作品を思い出しました

読み返せば読み返す度、その都度お気に入りの描写が日々変わるほどゆっくり丁寧に、時に焦れったく過ぎていく時間描写。恋は若いうちの特権なのかなぁ…

ツナとトマトとオクラの素麺が食べたくなります

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

愛する人へ一生かけて愛を証し続けた二人の物語

2020/10/23 07:12

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やじやじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレあり
この作品は何も先入観なしに読んでほしいのですが、
レビュー書かずにはいられないです。

これ最初の1ページめから心がえぐられた。
これは伸仁の言い分に。
特に「気持ちの話じゃない」って言うのに
怒りが沸点に達しがりがりと心がえぐられる。
その反面文章やストーリー自体は静かにながれていく。
あくまでもたゆたう川のように流れていくのだが
私はところどころにつまずいてなかなかついていけない。
つぐみの心の流れにも。
それでも、川は流れていくのだというような話。

途中で朔太郎が言う「健康って大事だよ」の言葉が後から
ボディブローのように効いてきたりと
もう流れとか文章とかが派手ではないのにじわじわとくる。
こちらの心が侵食される感じです。
散らされた伏線が思わぬところで回収されたりすると
ぐわって感じになる。(薄荷とか)

小嶺先生が伸仁を罵倒するシーンがあるのですが
まさに伸仁が登場するたびに私が心の中で叫んでいた台詞です。
(まあ、ゲイだから起こることでなくて男女でも同じことがあるけど
ゲイはそもそもなところがあるのでさらにですよね)

SSは賛否あるみたいですが、私はこれがあって良かったなぁって思いました。
いやここまで書いてこそのこの作品かと。
BLらしくない終わり方、
現実的なのは嫌だと感じる方もいるでしょうが
現実的だからこそこにたどり着くことができて良かったと思えました。
担当さんがここで終わらせたらと言ったという桃のシーンの後からの会話の変化に
ざわっと心が騒ぐ。
からの数ページ、涙があふれてしまいました。
本を読んで涙を流すのは久しぶりです。
それくらい心に来ました。
この涙は悲しさではなく切なさです。
人を見送るときの涙です。
これはとても幸せな一生の話だと思います。
つぐみさんにとっても朔太郎さんにとっても。
だから涙が出て止まりません。
「泣くのはストレス発散になるんだって」
朔太郎さんの声が聞こえそうでした。

「絶対につぐみさんより長生きする」、「俺も朔太郎さんを幸せにするよ」という約束
作者さんが『愛する人へ一生かけて愛を証し続けた二人の物語』と
書いていてまさにそれが書かれていた作品でした。
タイトルまで含めて作品だったと思います。

☆4.5評価の5です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ぼ・ろ・な・き!

2016/03/04 18:42

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:またろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんなぼろ泣きしたのは久しぶりです。今のところ何作か凪良先生の作品を読んでまいりましたが、今作が一番心揺さぶられました。本編後のおはなし、一番最後に収録されているその後の二人のお話が私の涙のダムを決壊させました。このお話を載せるべきかは話し合いになったとあとがきで先生が書いていらっしゃったのですが、私はそれでよかったと心から思っています。本当に素敵なおはなしです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

よかった

2020/03/22 19:42

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ここてる - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいて何度もグッとくるシーンがありました。特に攻めの過去はとても辛く… でも受けと出会って、遠回りもしながら日常のささやかな幸せを手に入れることが出来て本当に良かったと思いました。BLというよりは人生のドラマを見せられているような感覚で、現実的な描写もありファンタジーとしてのBLを読みたい方には向いていないかもしれませんが、わたしはこのお話を読めてよかったなぁと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ラスト

2019/03/31 18:11

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かなぶん - この投稿者のレビュー一覧を見る

すごく好きな終わり方でした。
二人の個性、生き方、愛し合い方なら、
こういうラストになるな、ととても納得し、涙しました。
悲しさ、辛さがあるのに、そればっかりの涙ではなかったと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

名作です、SS肯定派

2016/12/10 11:49

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まーこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルと、その後の2人を描いたSSでまとめられた1冊です。SSは賛否があるようですが、私は2人が相手に最善と思える人生を用意することができた、理想的な結末と受け止めました。自分の老後をデザインしていく為には、乗り越えなければならない様々なハードルがあると実感できる年齢になって、この作品に出会えたことで、SSの内容をより深く読むことができたと思います。その結果、タイトルで溢れた涙が、SSでは止めようがなくなりました。何度読んでも色褪せない名作として、本棚に欠かすことのできない作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

特大ヒット

2014/02/17 21:08

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりんぐりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

エロが読みたい人には向きませんが、切ないBLを読みたい方にはお勧めです。
ぜひ、事前情報(あらすじ)を入れずに読んでください。
いま、BLで一番好きな作家さんです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読んだ翌日も胸がいっぱいで苦しいです

2020/10/24 13:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:meizuo - この投稿者のレビュー一覧を見る

他の人が全て書かれているので、二番煎じになってしまうのですが・・・
後半号泣して、胸が苦しくなりました。
小説を読んで泣いたのは久しぶりでした。
レビューやあらすじを読んでいるだけでは全く想像出来なかった展開です。
読んだ翌日(今日ですが)も思い出して胸が苦しくなって涙が出て来て、何か書かずにはおれなくなりました。

SSの、原作者が書かれているラストについては、私はどちらでも受け入れられました。
編集担当の方って、的確な指摘をされるものなのですね。

ジャンルや性別に関係ない愛の物語だと思います。
会社で仕事中にふと思い出してうるうるしないか心配です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

幸せって何だろう

2020/08/22 11:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつゆき - この投稿者のレビュー一覧を見る

暗い話や重たい話は避けたいと思っていたので、皆さんの感想が『泣ける、泣ける』のオンパレードなので恐る恐る読んでみた
本編では胸が痛い切ないと思いながらも泣くところまでは行かず、SSで遂に涙がこぼれ読み進めるごとに涙が止まらなくなる
止めておけばいいのにそれでも二周目に突入、こんどは出会いの場面から涙が・・・
読後は決して悪いものではない
可哀想とか幸せとか、誰が見ても分かる表面的なものじゃない何かを与えてくれた気のする凄い作品だと思う

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

愛が

2022/03/27 01:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はっしー - この投稿者のレビュー一覧を見る

売れない小説家と何でも屋の青年・・ちょっと年の差のある2人の出逢いから生涯
心情が伝わってくる愛が溢れる作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読み直しても暖かい作品

2022/03/24 17:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tororo - この投稿者のレビュー一覧を見る

21年の8月に初回読み 22年の3月に二度目読み直しました。
「凪良ゆう」の作品だからでは在りませんが この作品も情景が目に浮かび
時間がゆったり進んで行く過程が楽しい作品です。
何度読んでも3分の2以降は涙涙です。
登場人物に寄り添いやすい判りやすい文章でしたし加えて 主人公が作家で得した気分になる作品ででした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

号泣

2021/12/31 21:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:生姜と檸檬 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレ

こんなに泣いたBLは初めてです。
後半ずっと泣いてました。

記憶喪失ものはあまり好きではないのですが、これはいわゆるそれらとは一線を画した作品に感じました。
不憫受けが一途に一途に思い続ける姿、おじいさんとの文通、朔太郎さんの気持ち、すべてが尊い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。