サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

僕が七不思議になったわけ(メディアワークス文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

僕が七不思議になったわけ (メディアワークス文庫)

著者 小川 晴央 (著)

石橋を叩いても渡らない心配性の高校生・中崎夕也はある夜、七不思議を司る精霊・テンコと出会う。深夜の校庭に桜が舞い散る中、宙に浮かぶ袴姿の彼女は、高らかに不吉な言葉を彼に投...

もっと見る

僕が七不思議になったわけ (メディアワークス文庫)

594(税込)

僕が七不思議になったわけ

594 (税込)

僕が七不思議になったわけ

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

石橋を叩いても渡らない心配性の高校生・中崎夕也はある夜、七不思議を司る精霊・テンコと出会う。深夜の校庭に桜が舞い散る中、宙に浮かぶ袴姿の彼女は、高らかに不吉な言葉を彼に投げかけるのだった。「おめでとう、お主はこの学校の新しい七不思議に選ばれた」なんと彼は七不思議の引き継ぎに、仮登録されてしまったのだ!生きながらも七不思議の一つとなった少年の日々を綴った、思わずもう一度読み返したくなるミステリアス・ファンタジー。第20回電撃小説大賞金賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【電撃小説大賞金賞(第20回)】心配性の高校生・中崎夕也はある夜、七不思議を司る精霊・テンコと出会い、なんと七不思議の引き継ぎに仮登録されてしまう。生きながらも七不思議の一つとなった少年の日々を綴るミステリアス・ファンタジー。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店福岡店

3年B組中崎くん(仮)

ジュンク堂書店福岡店さん

"極度の心配症な少年・中崎くんは、突然七不思議の一つ(仮)に任命されてしまう。そんな中崎くんが、七不思議になる見返りとして借りられるようになった他の七不思議たちの力を使いながら、校内で起こった色々な問題を解決していく!……そんな物語だと思っていた時期が僕にもありました。

正直コレは本当に面白かった!まずは序盤中盤のストーリー展開。王道的な学園モノ風に進むのですが、最初から最後までこのノリで行っても良かったかも?と思わせるレベルの面白さで、コミカルに進みつつも中崎くんが意外な活躍をしてくれます。特に、中崎くんの心配性な思考を、しっかりと事件の解決に活かしている所に上手さを感じます。

そんなこんなで終盤戦。それまでの青春模様が一変し、物語は急展開を見せます。……いや、これは久しぶりに横っ面から張っ倒されました。あまりにも完全に騙さすぎて、リアルに声が漏れました。

この作品の本当に素晴らしい所は、この手の物語にありがちな読後感の悪いオチではなく、未来を感じさせるスッキリとした終わらせ方。序盤中盤の青春模様、終盤の衝撃の展開、そして余韻を残しつつの見事な引きと、1冊で3冊分の満足感がありました。

この駄文に騙されたつもりで是非一度ご拝読ください。……と、見事に騙されたこの身で言ってみる(ぼそり)"

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/08 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/03 16:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/23 00:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/08 14:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/18 13:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/28 04:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/24 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/29 17:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/22 15:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/04 21:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/10 19:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/29 09:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/19 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/08 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/26 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

メディアワークス文庫 ランキング

メディアワークス文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む