サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

アンフォーゲタブル (幻冬舎ルチル文庫)

著者 一穂 ミチ (著),青石ももこ (イラスト)

ある夜、新聞社勤めの冬梧が証明写真を撮っていたボックスに見知らぬ青年が闖入、身も世もなく泣き出してしまう。お詫びをと連絡してきた製薬会社勤務の望と交流を重ね、冬梧はデート...

もっと見る

アンフォーゲタブル (幻冬舎ルチル文庫)

税込 607 5pt

アンフォーゲタブル

税込 607 5pt

アンフォーゲタブル

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 5.9MB
Android EPUB 5.9MB
Win EPUB 5.9MB
Mac EPUB 5.9MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ある夜、新聞社勤めの冬梧が証明写真を撮っていたボックスに見知らぬ青年が闖入、身も世もなく泣き出してしまう。お詫びをと連絡してきた製薬会社勤務の望と交流を重ね、冬梧はデートめいて心地いい時間に戸惑う。やがて懇願される形で体をつなげ、すでに惹かれていたのだと観念した冬梧だが、望はその日から「もう会えない」人になっていた―。【「BOOK」データベースの商品解説】

新聞社勤務の冬悟。製薬会社研究員の望と出会いやがて互いに惹かれ合うが、身体を重ねた翌朝、望は忽然と姿を消していて…?【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

中盤からぐいぐい

2016/02/24 20:39

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さち - この投稿者のレビュー一覧を見る

台所のシーンからあとが好きすぎて何度も読み返した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

泣けます

2021/10/01 09:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ももる - この投稿者のレビュー一覧を見る

もー。なんとも言えない気持ちになります!
でもよかった。ほんとよかった。それだけです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

新聞社シリーズ

2021/06/08 18:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつゆき - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズの中で一番胸が痛くなり感動した話で「新聞社」の仕事が一番表に出た話に思える。
想いを伝えあったわけじゃないし、むしろ攻めは利用し裏切られたと思ってもおかしくない別れだったのに…
二人にとって17年後の再会は必然だったのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

事件性のあるストーリーに惹きこまれました

2016/03/27 22:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

燻ってる新聞社員×製薬会社社員。

今回はどちらかと言えば、物語成分のほうがラブよりちょっと多めだった印象。
物足りないラブ成分は、多分攻めの想いが熟す前に(というか気付いた時点で)受けが離れてっちゃったからだと思う。
受けを何年も想い続けるのには、二人のやり取りが物足りないような気もします。
が、それを某事件が起こったためと納得できる要因も用意されてるのが、一穂さん抜かり無いな...と思ってしまう所以でもあります。
シリーズを通しで読むと、1990~2010年代の経過もテーマにされてるのかな?と感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

製薬会社の不正事件に絡むサスペンス・ラブ

2021/04/18 16:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M★ - この投稿者のレビュー一覧を見る

証明写真の撮影ボックスに飛び込んできて、大泣きする大泣きする喪服の有村
有村の胸ポケットに名刺を入れて、何かあったら連絡して、と告げて去る記者の和久井。
・・こんな奇妙な出だしで始まるサスペンス。

有村と音信普通になった後、郵送で届いたCDには
縊首した研究者の内部告発、製薬会社の不正事件の資料が記録されていた。
スクープの後、17年国外へ出て帰社した和久井に、有村と名乗る少女が会いに来る。
有村は生駒の妻子を扶養していた。

銀杏の葉と霧笛。一晩の恋から17年。
あの日と同じ場所で再会する二人。

著者には、報道業界を舞台にした作品が多いのはなぜなんでしょう?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新聞社シリーズ4

2018/06/30 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

一穂ミチの描く登場人物は、起こる事件が普通の生活とはかけ離れたことであるにもかかわらず、とても等身大でリアリティがあるように思えますね。
つづられる心情が、珍しい比喩を使っているにもかかわらず、表現が美しくわかりやすいためにすっと入ってるくるんですよね。
今回の二人も、「不正の社内告発の報道発表」という、普通の人ではまず体験することのない出来事でありながら、その当事者となった二人の出会いと別離、隔たれた年月やその間の感情にグッときました。
読んでよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

中盤

2017/11/19 15:44

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初は買って失敗だったかなというぐらい、しょうもないお話がダラダラ続く感じなんですが、途中から急激におもしろくなってきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/02/26 14:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/01 12:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/14 14:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/19 17:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/18 14:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/24 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/24 09:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/09 18:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。