サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~佐伯泰英先生『居眠り磐根 決定版』(文春文庫)完結記念~ 時代小説に溺れる  ~5/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 138件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/02/28
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/292p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-205704-9
文庫

紙の本

フラニーとズーイ (新潮文庫)

著者 サリンジャー (著),村上 春樹 (訳)

名門の大学に通うグラス家の美しい末娘フラニーと俳優で五歳年上の兄ズーイ。物語は登場人物たちの都会的な会話に溢れ、深い隠喩に満ちている。エゴだらけの世界に欺瞞を覚え、小さな...

もっと見る

フラニーとズーイ (新潮文庫)

税込 737 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

新潮文庫の100冊 2016 109巻セット

  • 税込価格:68,904626pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

名門の大学に通うグラス家の美しい末娘フラニーと俳優で五歳年上の兄ズーイ。物語は登場人物たちの都会的な会話に溢れ、深い隠喩に満ちている。エゴだらけの世界に欺瞞を覚え、小さな宗教書に魂の救済を求めるフラニー。ズーイは才気とユーモアに富む渾身の言葉で自分の殻に閉じこもる妹を救い出す。ナイーヴで優しい魂を持ったサリンジャー文学の傑作。―村上春樹による新訳!【「BOOK」データベースの商品解説】

エゴだらけの世界に欺瞞を覚え、宗教書に魂の救済を求めるフラニー。兄ズーイは才気とユーモアに富む渾身の言葉で、自分の殻に閉じこもる妹を救い出す。新訳。訳者・村上春樹の特別エッセイを掲載した別紙挟み込み付き。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー138件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

知能と美貌に恵まれながら精神的ジレンマを抱えるフラニーと、そこから解放してやろうと試みるズーイ

2016/08/11 03:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピザとビール - この投稿者のレビュー一覧を見る

知的水準が高くかつ精神的に早熟であるがゆえに、世間が間違っているんだと叫びながら、人とうまくコミュニケーションが取れなくなっているフラニーと、彼女を、その精神態度の危険性から(母から言われてしぶしぶながらも)解放しようと試みる兄ズーイ。母、兄、妹の三者の会話を軸に、七人兄弟の上の兄たちによって知らず知らずのうちに埋め込まれた精神態度の特異性とそこに至った経緯を、飛び石のように断片として提示してゆき、読者を物語に引き込んでいく。

頭脳明晰で美貌に恵まれたフラニーがかかえる大きなジレンマと、その解決策として「世間の人びとに正しさを求める」のではなく、「豊かな現実」をありのままに受け止めてその中でいかに生くべきかを追求すべきなのだ、という宗教的なテーマを、サリンジャーは兄ズーイのセリフを通して読者に投げかける。

読んでいて、ヒンドゥー教の寺院に掲げられている「栄光の顔」の話を思い出した。世界をなぎ倒して来た悪魔が最高神シヴァに無理難題を押し付けてきたときに、シヴァ神は第三の目を光らせて新たな悪魔を呼び出した。その新たな悪魔に食い殺されそうになった最初の悪魔は、シヴァ神に「慈悲」を乞い、守ってもらった。呼び出された新たな悪魔が、「では私はどうしたらよいのだ」と訊ねると、シヴァは「おまえ自身を食えばいい」と答え、第二の悪魔は自分の足、手、胴体を食って顔だけになった、という話である。これが示唆することは、すべての社会は矛盾に満ち、不平等であり、また悪意や悲しみに満ちているということ。学ぶべきは、そうしたありのままの現実の中でいかに生くべきかということであり、社会を直そうとしたり、苦しみも悲しみもない世界を創り出したりことではない、と神話学者ジョーゼフ・キャンベルはいう。

なお、新潮社が開設した「フラニーとズーイ、特設コーナー」で訳者の村上春樹は、この物語はサリンジャーが宗教に傾倒していたときに書いたもの、と解説している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

サリンジャーと村上春樹

2015/09/05 07:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:湯川 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この二人は本当に合う!

私はアメリカに住んでいたので、この本も原文で読んだのですが、サリンジャーの巧みな言葉遣いを日本語でこんなにうまく翻訳できるなんて…

話自体も、暗喩に富んでいてとても奥深い。
特にズーイの話す言葉は、その言葉以上の意味が含まれていて、それを読みとくのはとても面白いです。

文章がしき詰められているので、読むのは大変かもしれませんが、一度ざっと(多少の根性をもって)読了して、二周目で細かく吟味するという読み方をオススメします。

読むたびに新たな発見があって、読みごたえがありますよ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

良い

2015/10/22 17:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:デンパチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

海外の小説はあまり読まないのですが、読んでみました。面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/25 17:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/06 20:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/09 00:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/14 16:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/19 10:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/16 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/03 12:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/24 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/06 08:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/03 09:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/16 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/07 08:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。