サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. メキシコ麻薬戦争 アメリカ大陸を引き裂く「犯罪者」たちの叛乱

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

メキシコ麻薬戦争 アメリカ大陸を引き裂く「犯罪者」たちの叛乱
メキシコ麻薬戦争 アメリカ大陸を引き裂く「犯罪者」たちの叛乱 メキシコ麻薬戦争 アメリカ大陸を引き裂く「犯罪者」たちの叛乱
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/03/07
  • 出版社: 現代企画室
  • サイズ:19cm/417p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7738-1404-0
  • 国内送料無料

紙の本

メキシコ麻薬戦争 アメリカ大陸を引き裂く「犯罪者」たちの叛乱

著者 ヨアン・グリロ (著),山本 昭代 (訳)

メキシコとアメリカの歴史的な関係を背景に、近年のグローバル化と新自由主義の進展のひずみの中で急拡大した「メキシコ麻薬戦争」の内実を、綿密な調査に基づき明らかにするルポルタ...

もっと見る

メキシコ麻薬戦争 アメリカ大陸を引き裂く「犯罪者」たちの叛乱

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

メキシコとアメリカの歴史的な関係を背景に、近年のグローバル化と新自由主義の進展のひずみの中で急拡大した「メキシコ麻薬戦争」の内実を、綿密な調査に基づき明らかにするルポルタージュ。【「TRC MARC」の商品解説】

グローバル化社会の影にひそむ不条理な日常

米国人のあくなき需要を満たすため、米墨国境を越える末端価格300億ドルもの麻薬。幾重にも張りめぐらされた密輸人のネットワーク。警察と癒着したカルテル間の抗争とおびただしい死者。軍隊並みの装備で国家権力に対抗するパラミリタリー。麻薬王たちの豪奢な暮らし。10 代で「殺し屋」となり、たった85ドルで殺人を請け負う少年たち……

メキシコとアメリカの歴史的な関係を背景に、近年のグローバル化と新自由主義の進展のひずみの中で急拡大した「メキシコ麻薬戦争」の内実を、綿密な調査に基づき明らかにするルポルタージュ。米墨国境地帯で麻薬取引と暴力に依存して生きる「ナルコ(麻薬密輸人)」たちに密着し、犯罪者たちの生活や文化、彼らを取り巻く凄惨な暴力の実態を明らかにすると同時に、世界各地で注目されている「麻薬合法化」の議論など、問題解決に向けた方向性も指ししめす。
【商品解説】

目次

  • 目次
  • 第1章|ゴースト―イントロダクション
  • PARTⅠ 歴史
  • 第2章|ケシ―麻薬生産の黎明期
  • 第3章|ヒッピー―第一次麻薬ブーム
  • 第4章|カルテル―メキシコ麻薬組織の形成
  • 第5章|麻薬王たち―三大カルテルの時代
  • 第6章|政権移行―高まる戦争の足音
  • 第7章|戦国時代―カルデロンの「麻薬戦争」
  • PARTⅡ 内臓

著者紹介

ヨアン・グリロ

略歴
〈ヨアン・グリロ〉イギリス出身。『タイム』誌、CNN、AP通信、PBS News Hourなど国際メディアに、ラテンアメリカに関する報道を行ってきた。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/04/26 21:50

投稿元:ブクログ

日本では、この手の抗争はコロンビアの方が有名でしょうか。
メキシコはいわゆるカトリックの国ですが、平然と殺人と行方不明が横行していることが解説されます。

こういう現実はある。

2015/12/06 19:38

投稿元:ブクログ

メキシコの麻薬取引の実態やそれに伴う暴力の問題を明らかにする、ヨアン・グリロによるルポ。
本書を読むまで、メキシコがここまで作り話みたいな凄惨な事件が続発してる戦慄すべき事態に陥ってるとは知らなかった。危険な取材に取り組んだ著者に敬意を表したい。社会問題において一度もつれた糸をほぐしてくことの難しさを痛感する。麻薬に限らずメキシコで暴力の犠牲となってる人々が救われることを心から願い、アムネスティ主催の2015年12月12日のイベント「¡Viva!スペイン語であなたの言葉をメキシコにプレゼント♪」に参加するつもりだ。

2015/05/31 19:37

投稿元:ブクログ

今メキシコで起こっている麻薬を巡る争いについて、歴史的背景から解決案の紹介まで、大体の概要が説明されてる。ナルココリードとかサンタ・ムエルテとか、文化の話が面白かった。

2014/06/30 23:05

投稿元:ブクログ

メキシコで泥沼の麻薬戦争が続いている。 断片的に耳に入ってはきていたが,一度ちゃんとしたものをと思い読む。人権無視のとんでもない殺戮が行われていることに戦慄。ウクライナやイラクのように報道されないのは,それがもう十年近くも常態化しているからだろうか…。
カルテル間の抗争,警官やジャーナリストの襲撃,市民の巻き添えなど,死者は毎年一万人を大きく超える。見せしめのための残虐行為もエスカレートする一方で,麻薬とは無関係の身代金目的誘拐も多発。豊富な資金による買収も盛んで,軍や警察を離れて犯罪組織に身を投じる者も少なくない。
本当に絶望的な状況で,政府による強硬な法執行も奏効する気配がない。解決の道は,もはや薬物の合法化しかないのかも知れない。一大消費地であるアメリカの政策も非犯罪化・合法化に傾いてきているという。

2016/06/14 00:25

投稿元:ブクログ

現代メキシコの現実。麻薬とアメリカとマフィアと。悲惨な話だけどもたまたま本になったから悲惨だと実感できるのかも知れない。

外国の社会・文化 ランキング

外国の社会・文化のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む