サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 本・読書・出版・全集
  4. 生きる言葉 名編集者の書棚から

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

生きる言葉 名編集者の書棚から
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/03/19
  • 出版社: 藤原書店
  • サイズ:20cm/179p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89434-961-2
  • 国内送料無料

紙の本

生きる言葉 名編集者の書棚から

著者 粕谷 一希 (著)

古今東西の書物から、名編集者が折に触れて書き留めてきた約70人の言葉を通して、時代・社会・人間を読み解く。『読売新聞』『機』連載を再構成して単行本化。【「TRC MARC...

もっと見る

生きる言葉 名編集者の書棚から

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古今東西の書物から、名編集者が折に触れて書き留めてきた約70人の言葉を通して、時代・社会・人間を読み解く。『読売新聞』『機』連載を再構成して単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

粕谷 一希

略歴
〈粕谷一希〉1930年東京生まれ。東京大学法学部卒業。評論家。『中央公論』『東京人』の編集長を務める。著書に「河合栄治郎」「二十歳にして心朽ちたり」「面白きこともなき世を面白く」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2014/08/22 14:55

投稿元:ブクログ

2014.8.23市立図書館
いつか「考える人」メルマガで紹介されたのを読んで興味を持ち予約した。
見開きに古今東西の文学・歴史・思想分野の書物からの引用(弔辞のような例外もあり)、それに触発された内容の文章、という構成。
ややとりとめのないひとりごとも目立つが、加賀乙彦と北杜夫といった作家兼精神科医の存在感、石原慎太郎と大江健三郎は社会生活の経験なしに作家になったせいで幼稚だ・・・といった具合に昭和文学の作家たちのエッセンスを知ることができたのはおもしろかった。
ざっと読み通したが、私にとってはちょっと読むには早すぎたかな。

2014/10/10 03:48

投稿元:ブクログ

芥川、川端、太宰、中島敦・・・・。名編集者粕谷一希氏が紹介する読書案内。最も心に深く届いたのは幸田文。花柳小説とは別種の角度から花柳界を覗いて見
せてくれた文豪。一旦、嫁にいった清酒問屋を娘一人を抱えて離婚し、本来なら不幸のどん底にあった身で、花柳界の仲居を志望してそこに棲みつく。思い切った変身と冒険を試み自分で人生の場面転換を図っている。その間の意識に全く嘘も虚飾もない。経済的問題もあったろうが、全く動じた気配もない。気力が自らをイキイキとさせ世界の風景を新しくさせたのである。

2014/07/17 08:28

投稿元:ブクログ

深く考えさせらる文学者の表現から2ページずつの解説による読書案内。川端康成の横光利一への弔辞は初めて読んだ。新感覚派として志を共にした友が時代に深入りしすぎて敗戦を迎えた挫折への言葉は痛々しい。大岡昇平「野火」は戦後最高の文学! また阿川弘之「雲の墓標」の「戦局は米国にとっても必ずしも有利な状況ではあるまい。米国の学生たちも、シェイクスピアやホイットマンの研究を擲って、鮮烈に伍して来ているであろう」は戦争の馬鹿馬鹿しさを訴える!高橋敏「小栗上野介忠順と幕末維新」は徳川慶喜の四転する態度を身近な人の言葉から紹介する。塚本哲也「メッテリニヒ」は19世紀の世界そして現代という時代を理解するのに役立つ大作のようだ。波多野精一「時と永遠」が取り上げられていることも嬉しい。なお、この書のタイトルと内容はイメージが違った。

読書エッセイ・書評 ランキング

読書エッセイ・書評のランキングをご紹介します一覧を見る