サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「身近なことから科学する」ポイント5倍キャンペーン(~5/22)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

一日一生 続(朝日新書)
一日一生 続(朝日新書) 一日一生 続(朝日新書) 一日一生 続(朝日新書)一日一生 続(朝日新書)

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/03/13
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • レーベル: 朝日新書
  • サイズ:18cm/217p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-273551-5
新書

紙の本

一日一生 続 (朝日新書)

著者 酒井 雄哉 (著)

「誰にとっても、生きていることが修行なんだな」 比叡山・千日回峰行を2度満行、2013年9月に逝去した酒井雄哉・大阿闍梨の、亡くなる3日前のインタビューを含む珠玉のメッセ...

もっと見る

一日一生 続 (朝日新書)

税込 821 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「誰にとっても、生きていることが修行なんだな」 比叡山・千日回峰行を2度満行、2013年9月に逝去した酒井雄哉・大阿闍梨の、亡くなる3日前のインタビューを含む珠玉のメッセージ集。【「TRC MARC」の商品解説】

「寺ですることだけが修行ではないよ。
誰にとっても、生きていることが修行なんだな」

「今日失敗したからって、へなへなすることない、落ち込むこともない、
明日はまた新しい人生が生まれてくるじゃない」

比叡山の峰々を1000日かけて約4万キロ歩く「千日回峰行」を2度も満行し、
2013年9月に87歳で逝去した酒井雄哉・天台宗大阿闍梨。
行者としての体験から得た人生の意味や生きる姿勢を、平易に、慈雨のような言葉で説く。
累計16万部を超えるベストセラーとなり、多くの人々の心を癒した『一日一生』の第2弾。

亡くなる3日前、大阿闍梨が遺した「最期の言葉」は――
「人間って、なにか持っているつもりでいて、なにも持っていないんだな……」

【目次】

第一章 一日一生
・今日この一日に、「ありがとう」
・今日を大事にしなかったら、明日はない
・自分の人生をお返ししていく
・つまらない仕事も、つまらない人生もないんだよ
・人生は「いま」この瞬間にしかないから
・人は恵み恵まれ、徳は巡り巡っていく
・コツコツと経験を積んでいけば、どこかにたどり着く
・行いが結果になって表れる
・「お前はこの世に何しに来た」そう問い続けよ
・得意なことを一生懸命にやる、それが「一隅を照らす」ということ
●千日回峰行とは

第二章 生
・いまここに立っているのは、経験、苦難を経てきたからこそ
・苦しいときには心が成長する
・人生には無常の風がふきまくっている
・人間は、三つの柱で立たされている
・まずは、三日辛抱してみたらいい
・薄情の道がある
・「一分の情」を忘るるべからず
・人間はたいしたことないよなあと思い知った瞬間
・仏さんにうそはつけない
・長い道のりも、一歩一歩の積み重ね
・人生に終点はない
●堂入りとは

第三章 老
・人は何度も新しく生まれることができる
・これから、いまから、明日から、どうやって生きていくか
・たたえられるようになったら気をつけよ
・こだわらないようにすること
・うっかりしても、ニコニコと「すんません」
・いま生きているということは、何か世の中に対してすることがある
・終わらない自分の道を歩き続ける
・人間、終わりはない
・それは、「執着」ではないかな?
・自分の原点に戻ってみる
・年を取ることの醍醐味
・人生の旅のなかでは、恥こそ土産
・無理せず、急がず、はみださず、力まず、ひがまず、いばらない
●赤山苦行から京都大廻りへ

第四章 病
・人の体は心の持ちよう
・病気になるのも生きてる証
・もうだめだというとき、自分を超える自分が出てくる
・どうしようもなくなったら、空っぽになってみる
・回復には三倍の時間をかけなさい
・人は助け合って、生かされているんだよ
・人生にも「心の杖」を持とう
・生きていることは、それだけで光に包まれている
●堂行三昧とは

第五章 死
・人生は、だれにとってもほんのわずかな時間
・生きていれば、必ず世の中に役に立つことがある
・「行き道は いずこの里の 土まんじゅう」
・自分の人生の論文を書く
・死後の世界、地獄や極楽はあるの?
・生と死は隣り合わせ、紙一重
・人生は夢のまた夢
・愛別離苦を超えて
・死のまぎわに、残る感覚
・命のなかで、生きて生かされる喜び
・「あいつめ、とうとう逝きよったな」と言われたい

過去三日間、酒井雄哉師の「最期の言葉」

※最期の大阿闍梨インタビュー――「続・一日一生」編集を終えて
【本の内容】

著者紹介

酒井 雄哉

略歴
〈酒井雄哉〉1926〜2013年。大阪府生まれ。比叡山飯室谷不動堂長寿院住職。太平洋戦争時、予科練へ志願し特攻隊基地・鹿屋で終戦。戦後、小寺文頴師に師事し、得度。荒行「千日回峰行」を2度満行。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

感想

2015/11/08 14:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Mr.Bookish - この投稿者のレビュー一覧を見る

人生を達観するとこういう考え方になるんだな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/01 00:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/12 14:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/27 10:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/20 20:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。