サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

生まれた時からアルデンテ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 66件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/24
  • 出版社: 平凡社
  • サイズ:19cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-582-83660-8
  • 国内送料無料

紙の本

生まれた時からアルデンテ

著者 平野 紗季子 (著)

これが平成生まれの食文化だ! 世界一のレストランからロイヤルホスト観察記まで。生粋のごはん好き・平野紗季子が、日常の食にまつわる発見と感動を綴る、新しい味覚エッセイガイド...

もっと見る

生まれた時からアルデンテ

1,620(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

これが平成生まれの食文化だ! 世界一のレストランからロイヤルホスト観察記まで。生粋のごはん好き・平野紗季子が、日常の食にまつわる発見と感動を綴る、新しい味覚エッセイガイド。小学生時代の赤裸々日記つき。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

平野 紗季子

略歴
〈平野紗季子〉1991年福岡県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。小学生から食日記を付け続ける生粋のごはん狂。『an・an』『SPRING』で連載。他にも数多くの雑誌・ウェブマガジンで幅広く執筆。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善札幌北一条店

平成生まれのごはん狂

丸善札幌北一条店さん

表紙の幸薄美女が織り成す言葉たち。それはひたすらにまっすぐにごはんへの愛なのです。(ただし自炊ができるわけではないようですが)ちょっとしたガイド本にも等しいので、この本を片手に東京のレストランを探索したい気持ちでいっぱいです。また、ロイヤルホストの店員の下りはちょっとしたミステリーのようですよ、ふふふ。

ジュンク堂書店新潟店

尋常ならざる食への愛

ジュンク堂書店新潟店さん

まずひらいて読んでみて下さい!!生半可な食エッセイではありません。
そこには感動と興奮があります。私は読んで思わずその場でこおどりしてしまいました。
エッセイではあるのですが、そこに綴られている文章の言葉の選ぶセンスの巧みさといったら桁外れのものを感じます。文学性すら感じます。おそらく食に対する熱量が尋常ではないので、その食への愛が、この文章に滲み出ているのだと思われます。
とにかくすごいんです。おすすめです!!

ジュンク堂書店三宮駅前店

世界一泣ける本。

ジュンク堂書店三宮駅前店さん

おかあさんを亡くした小学六年生のみゆきちゃんの詩と、彼女が父と兄と健気に生きていく生活をつづった写真とで構成されている写真集。たんに泣けるだけではなく、生きていくことの崇高さや家族の絆まで考えさせられるすばらしい本。50年前の出来事ではあるけれど、現代にも未来にもその魅力はきっと伝わるはず。もっともっと広く知られてほしい。英訳された海外では、高く評価され、国内ではあとから発売された。写真を撮ったのは、三島由紀夫を撮った”薔薇刑”などで知られる日本を代表する写真家、細江英公氏。氏がまだ30代前半のときに成し遂げたこの仕事に、ほんとうに感謝したい。

みんなのレビュー66件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

「食」中毒のエッセイ

2017/08/01 22:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

暴力的食エッセイ。海外の一流レストランで供される前衛的な料理から、自宅の湯船に浸かって食べるパピコまで網羅した自由な感性と文章が楽しめる一冊です。

それでいて、きちんと提供する側の人にも着目してるところが憎めない。キャッチーな言葉と絵や写真は読むよりも見る感覚で楽しめます。

個人的にはレモンの魅力だけを書いた見開き1ページがどうしようもなく好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/26 00:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/02 13:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/10 22:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/11 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/01 14:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/19 06:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/05 09:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/18 17:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/29 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/25 16:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/13 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/25 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/12 02:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/23 06:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

食品・食文化・食エッセイ ランキング

食品・食文化・食エッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む