サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 203件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/03/28
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/478p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-124061-9
文庫

紙の本

黄昏の岸暁の天 (新潮文庫 十二国記)

著者 小野 不由美 (著)

驍宗が玉座に就いて半年、戴国は疾風の勢いで再興に向かう。しかし反乱鎮圧に赴いた王は戻らず、届いた凶報に衝撃を受けた泰麒も忽然と姿を消した。王と麒麟を失い、荒廃へと向かう国...

もっと見る

黄昏の岸暁の天 (新潮文庫 十二国記)

税込 825 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

新潮文庫 十二国記 セット

  • 税込価格:7,97572pt
  • 発送可能日:24時間

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

驍宗が玉座に就いて半年、戴国は疾風の勢いで再興に向かう。しかし反乱鎮圧に赴いた王は戻らず、届いた凶報に衝撃を受けた泰麒も忽然と姿を消した。王と麒麟を失い、荒廃へと向かう国を案じる将軍は、命を賭して慶国を訪れ、援助を求める。戴国を救いたい―景王陽子の願いに諸国の麒麟たちが集う。はたして泰麒の行方は。【「BOOK」データベースの商品解説】

驍宋が王座に就き、戴国は疾風の勢いで再興に向かう。しかし反乱鎮圧に赴いた王は戻らず、泰麒も忽然と姿を消した。将軍は命を賭して慶国を訪れ援助を求める。はたして泰麒の行方は…?【「TRC MARC」の商品解説】

王と麒麟が還らぬ国。その命運は!? 驍宗(ぎようそう)が玉座に就いて半年、戴国(たいこく)は疾風の勢いで再興に向かった。しかし、文州(ぶんしゆう)の反乱鎮圧に赴(おもむ)いたまま王は戻らず。ようやく届いた悲報に衝撃を受けた泰麒(たいき)もまた忽然(こつぜん)と姿を消した。王と麒麟を失い荒廃する国を案じる女将軍は、援護を求めて慶国を訪れるのだが、王が国境を越えれば天の摂理に触れる世界──景王陽子が希望に導くことはできるのか。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー203件

みんなの評価4.6

評価内訳

紙の本

待ちわびた刊行です!

2014/04/18 13:09

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:茉莉花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

挿し絵の数が、従前に比べ減ってしまいましたが、読み応えは十分です。

最新刊(長編書き下ろし)が待ち遠しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

魔性の子の謎が今、明かされる

2020/02/13 23:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うれい - この投稿者のレビュー一覧を見る

泰麒救出編。『魔性の子』のラスト、延王が泰麒を迎えに来た裏でこんなことが起きていたなんて。景王の呼びかけで諸国の麒麟が集まり泰麒捜索に力を合わせるという前代未聞の事態。今までの巻で各国の王や麒麟の物語を読んで、その上でこの巻を読むとワクワクハラハラさせられる。まさにオールスターズ。言いたいことは沢山あるけど、まず天の存在をあやふやにせず突き詰めていくところ、すごい。それで世界に綻びを生じさせるどころか、陽子の成長を見せている。この巻が発行されたのが2001年??それから18年、みんなよく待ったなぁ……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

魔性の子を読んでからぜひ

2019/12/18 10:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かなん - この投稿者のレビュー一覧を見る

十二国記シリーズは、『魔性の子』から入ったので、あの衝撃の話の裏でこんな展開があったのか、と思うと従来のシリーズとは別の意味合いで面白い内容でした。
胎果だからこその現代的な陽子の考え方が、各国をまとめていく展開は熱い!
そして祥瓊が元気でいる姿を見るのが、とても微笑ましくてうれしい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

泰麒の行方は

2019/11/19 20:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kochimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

各国の麒麟が結集して、泰麒を捜索し、連れ戻すために立ち上がる壮大な物語。戴にとって重要な存在なのはもちろん、
これだけのメンツを動かすだけの魅力を持つ泰麒が、
早く安心して過ごせますように、と祈らずにいられません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

役者は揃った!!

2015/06/04 00:28

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:meinai - この投稿者のレビュー一覧を見る

胎果の王陽子と胎果の麒麟蒿里が邂逅し、とうとう大きく動き出すストーリー。
長く待ち続けている続きが気になってしょうがない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

希望の光が細すぎる…

2021/10/24 18:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ボリス - この投稿者のレビュー一覧を見る

『白銀の墟 玄の月』読了後、振り返り。
王も麒麟も行方不明となり荒廃する戴の国。将軍李斎は満身創痍で虚海を超え助けを求めて慶にたどり着く。
景王陽子の協力を得て泰麒の捜索が始まり、いろいろな国の王と麒麟が集った。何百年も生きている彼らは変わり者ばかりで軽口を叩きつつも協力し合う、その関係性がおもしろい。見つかりそうで見つからない泰麒。『魔性の子』で描かれたあちらに対しこちらで起こっていた皆の活躍にワクワクした。
角をなくした泰麒と隻腕の李斎。たった二人の旅立ちに希望は見えない。こんなに気になる終わり方で続きは18年後って!? 待ち遠しかった…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

魔性の子先に読んでおけば良かったかも

2021/07/27 17:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:creammochi - この投稿者のレビュー一覧を見る

十二国記って前置きが長いわりにクライマックスが短いというかなんというか・・
とにかく戴、頑張れ!!次も楽しみ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気読み! ネタバレあり

2021/05/31 11:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うえありひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

愛されキャラ泰麒が登場するも、早々に大ピンチ。
『魔性の子』と対になっているストーリーだとすぐに気付き、ページをめくる手が止まらなくなりました。
夜更かし覚悟でお読みください。
面白くて途中でやめるのは至難の技です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何とも罪作りな作家

2020/07/25 12:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

途中、少しまだるっこく感じ、退屈しましたが、全体的には大満足!李斉と泰麒の再会の場面では感動。いよいよ泰麒が戻ってこれからどうなるのかすごく楽しみです。でもこれ2001年の作品。その当時読んでいたファンは、こっから18年も待たされたのか、と思うとなんとも罪作りな作家です。今読んで良かったと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

十二国記エピソード8

2019/07/04 20:18

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゅん - この投稿者のレビュー一覧を見る

十二国記外伝[魔性の子]を包括する物語になっている。
十二国側で、行方不明になった「彼」を捜索して連れ戻すまでの話です。
この後どうなるのか大変きになる。続編が待たれる内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

魔性の子と繋がる

2017/10/01 18:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

姿を消した戴国の泰王と宰相泰麒の行方を追う女将軍、李斎。その忠義に共感した景王陽子ら隣国の王や宰相たちが、人間界に戻ってしまった泰麒の救出に立ち上がる。、尚隆をも言い負かす陽子にあっぱれ!「魔性の子」ともリンクしているので、両方読むとより一層解りやすく面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

次号はまだ?

2015/09/12 17:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろひろひ - この投稿者のレビュー一覧を見る

またまた、途中で終わった感。荘の曉宗はどうなったの?最新作を望む。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/09/10 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/20 19:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/12/20 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。