サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

有田川(講談社文芸文庫)
有田川(講談社文芸文庫) 有田川(講談社文芸文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/10
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文芸文庫
  • サイズ:16cm/516p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-290229-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

有田川 (講談社文芸文庫)

著者 有吉 佐和子 (著)

私は川上のどことも知れぬところで誰とも知れぬ親に産んでもらった―けれども人間はいずれ生れて川に流されるものではないのか。どんな人でも多かれ少なかれ水に流されながら生きて行...

もっと見る

有田川 (講談社文芸文庫)

2,052(税込)

有田川

1,674 (税込)

有田川

ポイント :15pt / 紙の本より378おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

私は川上のどことも知れぬところで誰とも知れぬ親に産んでもらった―けれども人間はいずれ生れて川に流されるものではないのか。どんな人でも多かれ少なかれ水に流されながら生きて行くのではないのか―。有田川の氾濫のたびに出自を失いながら、流れ着いた先で新たな生を掴み取る紀州女、千代の数寄な生涯。『紀ノ川』『日高川』に並ぶ、有吉文学における紀州三部作。【「BOOK」データベースの商品解説】

有田川の氾濫のたびに出自を失いながら、流れ着いた先で新たな生を摑み取る紀州女・千代の数奇な生涯を描く。「紀ノ川」「日高川」に並ぶ、有吉文学における紀州三部作。【「TRC MARC」の商品解説】

私は川上のどことも知れぬところで誰とも知れぬ親に
産んでもらった――けれども人間はいずれ生れて
川に流されるものではないのか。どんな人でも多かれ少なかれ
水に流されながら生きて行くのではないのか――。
有田川の氾濫のたびに出自を失いながら、流れ着いた先で
新たな生を掴み取る紀州女、千代の数奇な生涯。
『紀ノ川』『日高川』に並ぶ、有吉文学における紀州三部作。【商品解説】

著者紹介

有吉 佐和子

略歴
有吉 佐和子(ありよし・さわこ)1931.1 20~1984.8.30) 小説家、劇作家、演出家。和歌山県和歌山市出身。日本の歴史や古典芸能から現代の社会問題まで幅広いテーマを扱い、多くのベストセラー小説を発表した。『複合汚染』、『紀ノ川』、『華岡青洲の妻』(女流文学賞)、『恍惚の人』』、『出雲の阿国』(芸術選奨、日本文学大賞)、『和宮様御留』(毎日芸術賞)ほか、著書多数。娘は作家の有吉玉青。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

紀州もの

2017/05/31 15:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pope - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼いころ洪水で有田川を箪笥の引出で流れているところを拾われた千代。
ミカン作りと共に生きた女性の一生を描いた作品。
出自への葛藤は胸が詰まる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミカンがつなぐ物語

2017/01/21 12:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つよし - この投稿者のレビュー一覧を見る

『紀ノ川』に勝るとも劣らぬ傑作である。有吉佐和子の筆はどうしてこうも詩情豊かで、読む者の魂をゆさぶるのだろう。主人公の千代は幼少時、有田川の氾濫で流され、タンスの引き出しに載って川下の名家に流れ着いた。実子のように育てられた千代だが、長じてからその事実を知り、ショックを受ける。そして再びの氾濫で川に流される千代。川の流れにように荒々しい流転の人生を生きる千代とその家族たちの物語が、有田ミカンの歴史を通じて語られる。読んでいるうちに、無性にミカンが食べたくなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/25 15:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/23 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る