サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン 10/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 筑摩書房の通販
  6. ちくま文庫の通販
  7. 子は親を救うために「心の病」になるの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

子は親を救うために「心の病」になる(ちくま文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/09
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/277p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-43158-5
文庫

紙の本

子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫)

著者 高橋 和巳 (著)

子どもは親が大好きで、自分は役に立っているか、必要とされているかと考えている。だが思春期になり、親から逃れようとする心と、従おうとする心の葛藤に悩み、心の病になってしまう...

もっと見る

子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫)

842(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

子どもは親が大好きで、自分は役に立っているか、必要とされているかと考えている。だが思春期になり、親から逃れようとする心と、従おうとする心の葛藤に悩み、心の病になってしまう。精神科医が、親と子の真実を解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

泣けました

2016/11/03 06:49

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なりす - この投稿者のレビュー一覧を見る

ひきこもりも摂食障害もDVも経験ないですが、
彼らから普遍性のようなものはきちんと受け取れるし、
自分も見た目はふつうの家庭で育ってきたけれど、
結局は傷ついてきたし、今でも思春期は終わってないのだと痛感しました。
大人になってから友だちなどに「親子の立場が逆転してるよ。しかも、あなたは妹なのに、お姉さんの方が幼いし、あなたの方がお姉さんのよう」と友だちに言われて、ひどい家庭環境で育ったんだなあ。思春期をスキップしてきてしまったんだなあとよく思ったものです。
そして、わたしはいま四十路ですが、いまやっと思春期のようなものが到来、抜けるまでには十分時間をかけるべきだろうと思っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

改めて思う親の責任という重み

2018/07/09 16:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:気まぐれネット購入者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

改めて思った。親が子供に与える影響の大きさを。そして、責任の大きさを痛感する。親になることの責任をあまり過大に考え過ぎると、親を務めるのが難しくなり過ぎる。そう思っていた部分もあったが、反省も必要だろうと再認識した。良い機会と捉える事にしよう。しかし、子供にどのように見られているのか考えるのは怖い。本当は、どう思っているのか反抗期だと読み取れない部分もあるし、嫌われているのかと疑ってしまうのも否定できない。良い親でありたいと思うばかりに子供に媚びるわけにもいかない。親子の関係について再考させられる書籍ではある(ただし、いくら考えても解決できるテーマでもないだろう)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/10/18 19:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/28 13:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/19 10:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/03 23:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/30 00:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/28 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/26 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/27 00:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/14 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/13 07:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/29 07:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/27 12:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/28 00:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ちくま文庫 ランキング

ちくま文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む