サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

センスは知識からはじまる
センスは知識からはじまる センスは知識からはじまる

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 117件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/18
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • サイズ:19cm/183p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-251174-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

センスは知識からはじまる

著者 水野 学 (著)

センスとは、さまざまな知識を蓄積することにより「物事を最適化する能力」であり、誰もが等しく持っている。話題のクリエイティブディレクターが、今、最も求められているスキルであ...

もっと見る

センスは知識からはじまる

1,512(税込)

センスは知識からはじまる

1,188 (税込)

センスは知識からはじまる

ポイント :11pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

センスとは、さまざまな知識を蓄積することにより「物事を最適化する能力」であり、誰もが等しく持っている。話題のクリエイティブディレクターが、今、最も求められているスキルであるセンスを磨くために必要な手法を伝える。【「TRC MARC」の商品解説】

【社会科学/経営】センスは生まれついたものではなく、あらゆる分野の知識を蓄積することで向上する! 消費者の好みが多様化する今、「くまモン」アートディレクターが、スキルよりもセンスを磨くことで、仕事を成功させるノウハウを紹介する。【商品解説】

著者紹介

水野 学

略歴
〈水野学〉1972年東京都生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。クリエイティブディレクター、good design company代表取締役、慶應義塾大学特別招聘准教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー117件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

職種を問わずおすすめしたいです

2015/08/31 12:13

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:0e0 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「自分はセンスが無いから…」という言い訳が存在すると同時に、すごくがんばって考え抜いた上でのアウトプットを「センスだね〜」と片付けられてしまうシチュエーションも存在する。どちらも悲しいことなので、世の人々のセンスに対する認識がこのご本のようになることを切に願います。そういう意味で、全ての人におすすめしたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

中3の娘に読ませたい

2015/04/14 07:43

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:oiaia - この投稿者のレビュー一覧を見る

センスというのは知識の積み重ねから作られる。これは、学校やそれ以外の場所でどれだけの知識を得るかで決まってくる。確かにそうですよね。勉強しなくてもいいから、関心のあることをある適度深堀りして、自分の尺度を持って欲しいな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

仕事のガイドラインとなる一冊。

2016/07/15 01:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ful - この投稿者のレビュー一覧を見る

電子書籍で購入。
これは!と思った部分にアダーラインを引きまくり。
マーカー一覧に並んだ言葉たちは、今や私の仕事の「ガイドライン」になってます。
仕事の答えは、日々出会う情報や体験の中にある事を確信しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

センスから逃げちゃダメだ!

2017/08/07 20:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

センスと聞いて自分には関係ない、自信がない。限られた人にしかない特殊能力。
そんな風に感じてしまう、センスと言う言葉。

実際、私もそうでした。デザイン的な事は好きだけれど、何かセンスが無い気がする。
自分にはセンスがないんだ。しょうがない。
ところが、この本のタイトルを見て驚き。
知識からはじまるだと!?
読んで確かに納得しました。オシャレな人は確かにオシャレの研究をし、知識豊富なんです。
全く知識の無いところからは何も生み出せない。
何で、こんなことに気付けなかったんだろうと呆然。
この本はデザインに興味ない人こそ読むべきかもしれない。
実際、自分でポスター等のデザインはしないかもしれないが作成されたデザイン案を判断することは多い。その時に判断できるセンスを鍛えているか、どうか。知識を蓄えていきたい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

センスの奥深さ

2017/09/03 09:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

ファッションや流行だけではない、センスを磨くことを考えさせられました。幅広い分野に活かせる発想が良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

知識は基本

2017/01/23 15:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミスターマーケット - この投稿者のレビュー一覧を見る

知識が無いと良いか悪いかの基準ができない。
知識を蓄積するということは、その分野のルールを
学ぶということだ。
ただ、ルールは常に変わるので、その変化も学ぶ必要がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ロゴマークのデザインに

2016/01/03 00:18

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:apfel - この投稿者のレビュー一覧を見る

仕事で、ある公共施設のロゴマークのデザインを担当することになりました。
この本に書かれてあるように、対象施設の歴史について色々と調べ、そこで得た知識をデザインに反映しようと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

タイトルの付け方は、センスがあると思いました

2016/01/22 10:10

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:6EQUJ5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルに惹かれ、読んでみました。

しかし、正直この本を読んで得たモノあるいはコトが、はっきりしません。全体として、「薄い」印象。
文字だけで、写真やイラストは皆無。
本書68ページで、“商品というアウトプットは「もの」であり、視覚に左右されます”とあります。一方、123ページからiPhoneの並外れた加工について熱弁されているにもかかわらず、写真などの視覚的情報が無いのは残念です。iPoneの加工の凄さについては、他の本や雑誌で写真と説明を読み、驚嘆しました。そのような、適切な情報形態の組み合わせが、「細部」への配慮ではないかと思います。

また、Prologueで、すぐNTTドコモのiDやくまモンに触れていますが、知っているのが前提の、唐突な感じです。
ビジネス書を読み慣れていないせいでしょうか?

装丁も佐藤可士和さんの本と共通するような?? あるいは、今の流行ということか。他の本との明確な区別化が無いような…

読み手もセンスを問われるのかもしれません。
しかし、本の「タイトルの付け方」は、センスがあると思いました。
「神は細部に宿る」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/29 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/05 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/17 15:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/30 11:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/26 00:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/09 12:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/13 22:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

広告・宣伝 ランキング

広告・宣伝のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む