サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

金利を読む(日経文庫)
金利を読む(日経文庫) 金利を読む(日経文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/12
  • 出版社: 日本経済新聞出版社
  • レーベル: 日経文庫
  • サイズ:18cm/213p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-532-11305-6
  • 国内送料無料
新書

紙の本

金利を読む (日経文庫)

著者 滝田 洋一 (著)

「ゼロ金利」の先に何が待っているのか? そもそも金利とは何なのか? 日本の財政破綻は避けられるのか? 小説や漫画、ドラマのエピソードも交えながら、経済を動かす影の主役「金...

もっと見る

金利を読む (日経文庫)

929(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ゼロ金利」の先に何が待っているのか? そもそも金利とは何なのか? 日本の財政破綻は避けられるのか? 小説や漫画、ドラマのエピソードも交えながら、経済を動かす影の主役「金利」を解説した入門書。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

滝田 洋一

略歴
〈滝田洋一〉慶應義塾大学大学院修士課程(法学研究科)修了。日本経済新聞社編集委員。著書に「世界金融危機開いたパンドラ」「日本経済不作為の罪」「日米通貨交渉」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

マイナス金利については触れられていないが。

2016/10/15 21:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mistta - この投稿者のレビュー一覧を見る

金利について学ぶに適した本。
金利の在り方。
その市場。
どんな仕組みで金利が上下するか。
良書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/30 22:39

投稿元:ブクログ

金利と金融政策の関係について。とりあえず、日経新聞が読みやすくなったような気はする。異次元緩和に「出口」があるのか若干不安になる。

2014/08/11 22:27

投稿元:ブクログ

日経新聞社の人気編集委員、滝田洋一氏の本。

前半は、金利について、経済金融の初心者向けに分かりやすく解説をしています。

後半は、異次元緩和の解説と日本の財政問題について説明をし、金融政策のここまでの流れと今後の展開を論じています。

ローンを組み、預金をする、仕事をする、消費をする、私たちは、お金と切っても切れない生活をしています。金利は、お金の価値を引き上げたり引き下げたりする道具です。

金融経済の入門書的な位置づけです。だからといって金融や経済を勉強しようという人だけが読むにはもったいない。ぜひ、一般人も手に取って頂きたい。

世界各国の金融情勢がどうなっているのか、日本の財政と金利がどのような関係であるのか、など、この世で今生きるに当たって、必要な知識がちりばめられています。

2014/09/29 10:39

投稿元:ブクログ

日米欧ゼロ金利揃い踏み 「永遠の0」
政府以外におカネの借り手が見当たらない。

バブル崩壊後の急性危機段階、バランスシート調整の重圧、不況の慢性化
米欧も日本の轍を踏んだ=バランスシート調整

貸出金利は2階建て=リスクフリーレートとリスクプレミアム、翌日物金利と長期金利

名目金利と実質金利
実質金利のほうが低いという90年頃までの常識が違ってきた

BOJウォッチャー

短期金融市場はおカネの卸売市場
大根は卸売価格が等しいから小売価格がどこでも同じようなものに成る。金利も同じ。短期金融市場が卸売市場。翌日もの金利がアルキメデスの点のようなもの

速水総裁時代の量的緩和は、ゼロ金利政策と事実上同じ意味。

低金利で家計から企業へ所得移転した。しかし、企業につとめているため、企業、特に多数の中小企業が潰れるのを減らし、アメリカのような大不況を逃れた。

4つの2,政策。
日銀券ルールを取り外す。
成長通貨オペ=成長資金の供給を目的、を日銀券残高以内にするもの。=負債の範囲内で資産を持つ
資産買い入れ基金=金融緩和を目的=景気に応じて残高を増減。=短めの国債を買入れ

マイナス金利の例=スタンプ紙幣で価値を減価させる

金融緩和=円安政策=輸出の促進
今は口先介入も批判を浴びる。直接為替を語ることは掟破り

住宅ローンの熾烈な金利引き下げ競争
短期の固定型は変動よりも金利が低い。顧客の囲い込みの意味。
長短金利のスワップ市場

住宅金融支援機構 長期金利の上昇で固定型が増え、低下で変動型が増える
財務省は、低金利の時に長期債の発行を増やす

デフレ不況 企業の投資抑制 金余り 低金利、の順。

日本版金融抑圧のような状況。
金融抑圧=開発経済学 新興国の産業育成のための政策。
中央銀行が国債を購入し長期の名目金利を下げて実質金利をゼロまたはマイナスにする、と同時に国の利払負担を軽減する
13年時点で実質金利はアメリカ0、イギリス-1%程度。

出口戦略の難しさ=他人の視線が悩ましい
サルトルの戯曲「出口なし」死んで地獄に行き窓のない一室に閉じ込められた3人の様子。

2014/05/06 11:56

投稿元:ブクログ

すごく分かりやすかった。
日銀の異次元緩和による長期国債の金利を低く
押さえるね。なるほどなるほど。

2014/06/22 22:33

投稿元:ブクログ

薄い本だが、特に後半はかなりの歯ごたえ。金融政策や戦後経済史の本を何冊か読んだ後でないとすんなり頭に入らない部分が多いのでは。特に、店頭でパラパラとめくって「ナニワ金融道」やら「半沢直樹」やらの文字が目に入り、軽めの入門書として購入したりすると少々戸惑うと思う。

異次元緩和に関してはやや同調的な論調。米国エコノミストはポジティブかつ建設的なのに対し日本のエコノミストは悲観的に過ぎると批判するが、異次元緩和の出口戦略に関しては筆者も後者と同様、楽観的になり切れていない様子が見受けられる。緩和によるインフレ期待の醸成が金利上昇を招くことの矛盾に触れるくだりから歯切れが悪くなるように思えてしまうのだ。

増税分調整後CPIが2ヶ月連続プラスの日本経済は、少なくとも脱デフレの敷居は跨いだあたりに立っている。これで出口を論じないのは論ずることができないからではなく、論じてしまったら最後、あまりに自明の事態(日銀国庫納付の繰り延べ→更なる財政悪化)を直視せざるを得ないからではないかと勘繰りたくなってしまう。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む