サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

こちらあみ子(ちくま文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 59件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/10
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-43182-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

こちらあみ子 (ちくま文庫)

著者 今村 夏子 (著)

あみ子は、少し風変わりな女の子。優しい父、一緒に登下校をしてくれ兄、書道教室の先生でお腹には赤ちゃんがいる母、憧れの同級生のり君。純粋なあみ子の行動が、周囲の人々を否応な...

もっと見る

こちらあみ子 (ちくま文庫)

691(税込)

こちらあみ子

594 (税込)

こちらあみ子

ポイント :5pt / 紙の本より97おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あみ子は、少し風変わりな女の子。優しい父、一緒に登下校をしてくれ兄、書道教室の先生でお腹には赤ちゃんがいる母、憧れの同級生のり君。純粋なあみ子の行動が、周囲の人々を否応なしに変えていく過程を少女の無垢な視線で鮮やかに描き、独自の世界を示した、第26回太宰治賞、第24回三島由紀夫賞受賞の異才のデビュー作。書き下ろし短編「チズさん」を収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

【太宰治賞(第26回)】【三島由紀夫賞(第24回)】純粋なあみ子の行動が、周囲の人々を否応なしに変えていく過程を少女の無垢な視線で鮮やかに描き、独自の世界を示した表題作と、「ピクニック」、書き下ろし短編「シズさん」を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

こちらあみ子 7−121
ピクニック 123−207
チズさん 209−225

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店福岡店

あみ子色の世界

ジュンク堂書店福岡店さん

"「読むと、きっとあみ子のことが忘れられなくなる」という帯コメントに惹かれて頁をめくれば、そこには本当に忘れがたい少女がいた。
こちらが勝手に痛みを感じてしまい、都合の悪いもののように、見て見ぬふりをしたくなるくらい、ずっとその心は子供のまま、鈍感で繊細だ。
文章からはいつかの帰り道にあった土や草の匂いがたちこめ、この感覚を知っているという妙な既視感におそわれる。
かわいそう、わずらわしい、伝わらない、というかなしいおもい以外に、特定することができないきらきらしたものがわきあがってきて、なんだかもうたまらない。
物語の筋でなく、その有様に、ただただ唸らされる。"

みんなのレビュー59件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

相手のいないトランシーバー

2015/08/23 09:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sin - この投稿者のレビュー一覧を見る

心がざわざわします。社会は学校は異物を排除する、そのくせ一番を競わせる。無垢は周りを傷つける?人はそれを恐れるのか、だからといって裁かれる必要はないのにゆるそうとするやさしさは見当違いで押し付けがましい。誰も悪くはない、誰もが相手に無関心なだけ、そして無垢な彼女すら自分に向けられた視線に気が付かない。相手のいないトランシーバーが全てを象徴していました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あみ子の愛おしさが刃のように刺さる

2016/10/26 09:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:390 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつも純粋でまっすぐなあみ子。読み進めるうちに「あみ子はそのままでいいんだよ」と応援してしまう。あみ子が大好きになってしまう。…無責任に。あみ子はまっすぐに生きているのに、それだけなのに、日常は歪んでいく。なぜか周囲の人々は傷ついていく。そして、あみ子への愛おしさが「刃」となってこちらに向かってくる。小さな頃、無知で残酷な子どもだった自分の姿が思い出される。愛おしいのに痛い――。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議な味

2017/07/10 23:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

あみ子がヤバいのです。前歯が3本ない。お腹が空いたら下校する。好きな同級生の名前を知らない。授業中に歌い出す。学校や家族から見て見ぬふりをされ、それでも気にせず生きている。

そんなあみ子の生き方を首をかしげながら読んでいると、逞しさとは何かを教えられている気がします。

町田康さん、穂村弘さんのダブル解説付き。また癖のある二人を解説に選んだものだ…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なかなかない着眼点の短編集

2017/08/24 12:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よしけん - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分の周りにいたら、ちょっと対処に困ってしまう。そんな女性を正面から捉えた、なかなか稀有な短編集です。読んでいるうちに、なんだか本当にいたたまれない気持ちにさせられることが多く、読み終わるのに大きなエネルギーを要しました。自分の性格によるものなので、一般的に読んだ皆さんが同じような感想を持つとも思いません。その点において、controvercyな主題を取り上げた作品と言えるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/11 06:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/26 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/23 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/26 13:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/22 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/10 14:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/25 00:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/30 12:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/23 10:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/14 12:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/22 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ちくま文庫 ランキング

ちくま文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む