サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. ボクのことわすれちゃったの? お父さんはアルコール依存症

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ボクのことわすれちゃったの? お父さんはアルコール依存症
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生 一般
  • 発売日:2014/06/25
  • 出版社: ゆまに書房
  • サイズ:27cm/65p
  • 利用対象:幼児 小学生 一般
  • ISBN:978-4-8433-4577-1
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ボクのことわすれちゃったの? お父さんはアルコール依存症 (家族のこころの病気を子どもに伝える絵本)

著者 プルスアルハ (著)

身近な人がアルコール依存症になったとき、その状況をわかりやすく子どもに伝えるための絵本。子どもの安心につながる大人のかかわり、子どもへの病気の伝え方、相談先等も掲載。切り...

もっと見る

ボクのことわすれちゃったの? お父さんはアルコール依存症 (家族のこころの病気を子どもに伝える絵本)

2,268(税込)

ポイント :21pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ボクのことわすれちゃったの? お父さんはアルコール依存症」が含まれるセット商品

家族のこころの病気を子どもに伝える絵本 4巻セット

家族のこころの病気を子どもに伝える絵本 4巻セット

  • 税込価格:7,77672pt
  • 発送可能日:1~3日

商品説明

身近な人がアルコール依存症になったとき、その状況をわかりやすく子どもに伝えるための絵本。子どもの安心につながる大人のかかわり、子どもへの病気の伝え方、相談先等も掲載。切り取って使う「こまったときカード」等付き。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

プルスアルハ

略歴
精神科看護師+医師の心理教育ツール制作+普及ユニット。親の精神疾患について、子どもにわかりやすく説明するためのオリジナル絵本を作っています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/24 21:02

投稿元:ブクログ

アルコール依存症のお父さんを持つ子ども、ハルの物語。

物語の中で大切なことが紹介されていますが、決して説教くさくなく、あたたかな気持ちで最後まで読める絵本です。

巻末にある、大人向けメッセージのページの説明もわかりやすく、アルコール依存症の理解にもってこいの一冊です。

主人公が子どもだから、伝えられること。
主人公が子どもであることを活用して、伝えられること。
そのことを大事にしていきたいなと思いました。

2014/08/13 14:27

投稿元:ブクログ

それは病気だから、仕方ない。
そう言われても、そう簡単には納得できないのです。
その病気になってしまったのは自分だから。自分の責任で、その病気になってしまったのだから。
自責。
そこから逃れたいけど、それは責任逃れのような気がして。
それでは結局、その病気になった時と同じ逃げのような気がして。
でも、戦える力もなくて。

自責。
自責。