サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 伝記
  5. 河出書房新社
  6. マリー・アントワネットファッションで世界を変えた女

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マリー・アントワネットファッションで世界を変えた女
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/13
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/235p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-22612-5
  • 国内送料無料

紙の本

マリー・アントワネットファッションで世界を変えた女

著者 石井 美樹子 (著)

王妃としてフランスに君臨しただけではなく、ファッションの力でヨーロッパを、世界を虜にしたひとりの女。従来の「わがままで浪費家」のイメージを覆す、美貌に知恵と理性を兼ね備え...

もっと見る

マリー・アントワネットファッションで世界を変えた女

2,592(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

王妃としてフランスに君臨しただけではなく、ファッションの力でヨーロッパを、世界を虜にしたひとりの女。従来の「わがままで浪費家」のイメージを覆す、美貌に知恵と理性を兼ね備えた新たなマリー・アントワネット像に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

石井 美樹子

略歴
〈石井美樹子〉1942年生まれ。津田塾大学大学院文学研究科博士課程修了。英国ケンブリッジ大学大学院で中世英文学・演劇を専攻。神奈川大学名誉教授。著書に「図説イギリスの王室」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アントワネットへの印象がかわります

2016/06/27 15:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:rose - この投稿者のレビュー一覧を見る

様々な本の中では、悪女のイメージで語られることが多いですが、本書では180度異なるもの。
“ファッション”という観点からマリー・アントワネットを描いており、意外にも倹約家であり聡明で賢い女性として描かれています。
高く結い上げた髪形は、大きく膨らませたドレスに合わせ視覚効果を狙ったものだが、すぐさま流行。
根底にはルソーの思想「自然に帰れ」の影響があったというが、その後、コルセットをはずした緩やかな農園ファッションなる「シミーズ・ドレス」を流行らせた。
さらに、フィガロの結婚など、おしばいにも自ら出演したり、新古典主義の芸術の育成にも貢献し、革命後の文化を先取りしていたのは間違いない。

歴史上におけるマリー・アントワネットの存在の大きさに改めて気づかされました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/08 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/14 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/24 20:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/12 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/10 09:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/26 14:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国 ランキング

外国のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む