サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『~今だからこそ~読んでおきたい50冊』 ポイント5倍キャンペーン ~9/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/11
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社学術文庫
  • サイズ:15cm/274p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-292240-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

生命誌とは何か (講談社学術文庫)

著者 中村 桂子 (著)

「生命科学」から「生命誌」へ−。博物学と進化論、DNA、ゲノムという考え方、クローン技術など、人類の「生命への関心」を歴史的に整理し、生きものすべての歴史物語を読み取る「...

もっと見る

生命誌とは何か (講談社学術文庫)

税込 1,111 10pt

生命誌とは何か

税込 1,100 10pt

生命誌とは何か

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 63.1MB
Android EPUB 63.1MB
Win EPUB 63.1MB
Mac EPUB 63.1MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「生命科学」から「生命誌」へ−。博物学と進化論、DNA、ゲノムという考え方、クローン技術など、人類の「生命への関心」を歴史的に整理し、生きものすべての歴史物語を読み取る「生命誌」の取り組みと展望を語る。〔「生命誌の世界」(日本放送出版協会 2000年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

私とはなにか、私たちはどこからきてどこへ行くのか――。この根源的な問いにたいし、分析と還元を旗印とする科学、とりわけ「生命科学」は、有効に答えてきただろうか。「生命誌」は、科学によって得られる知識を大切にしながら、生き物すべての歴史と関係を知り、生命の歴史物語を読み取る作業である。博物学や進化論、DNA、ゲノム、クローン技術など、人類の「生命への関心」を歴史的に整理し、科学を文化としてとらえる。


DNAの解析やゲノムの解読、ワトソン『二重らせん』の翻訳など、日本の生命科学を牽引し、一般読者への啓蒙にも功績の大きい著者が、この20年あまり提唱してきた新たな学知、「生命誌」とは何か。1999年、NHK『人間講座』として放送されて好評を博したテキストをもとに、「生命誌」の基本的な考え方と今後の展望をまとめた好著。
私とはなにか、私たちはどこからきてどこへ行くのか――。この根源的な問いにたいして、分析・還元・論理・客観を旗印にしてきた科学、とりわけ「生命科学」は、有効に答えてきただろうか。著者の唱える「生命誌」は、科学によって得られる知識を大切にしながら、それを包み込んで新たな世界観を作るべく更に広く展開するものだという。それは、生き物すべての歴史と関係を知り、生命の歴史物語を読み取る作業である。
博物学や進化論、DNAの発見、ゲノムという考え方、性と死、クローン技術をめぐる議論など、人類の「生命への関心」を歴史的に整理し、科学を文化としてとらえ、社会の中に生かしていこうとする「生命誌」の取り組みと展望を語る。
『生命誌の世界』(2000年、日本放送出版協会刊)の文庫化。【商品解説】

目次

  • 第1章 人間の中にあるヒト――生命誌の考え方
  • 第2章 生命への関心の歴史――共通性と多様性
  • 第3章 DNA(遺伝子)が中心に――共通性への強力な傾斜
  • 第4章 ゲノムを単位とする――多様や個への展開
  • 第5章 自己創出へ向う歴史――真核細胞という都市
  • 第6章 生・性・死
  • 第7章 オサムシの来た道
  • 第8章 ゲノムを読み解く――個体づくりに見る共通と多様
  • 第9章 ヒトから人間へ――心を考える
  • 第10章 生命誌を踏まえて未来を考える――クローンとゲノムを考える

著者紹介

中村 桂子

略歴
1936年東京都生まれ。東京大学理学部卒。理学博士。国立予防衛生研究所、三菱化成生命科学研究所、早稲田大学人間科学部教授、東京大学客員教授などを経て、現在、JT生命誌研究館館長。おもな著書に『生命科学』『自己創出する生命』(毎日出版文化賞)『科学者が人間であること』『ゲノムが語る生命』『二重らせん』(共訳)ほか多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

生命誌の入門書

2019/09/07 07:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Angelo - この投稿者のレビュー一覧を見る

科学的な知識が無くても非常に分かりやすく生命誌という考え方が説明されています。
生命誌の入門書としても勿論、人間とは何かという事を考えるのに良い本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「生命誌」のこれまでの取り組みと将来的展望について解説した興味深い一冊です!

2020/03/23 10:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、生き物すべての歴史物語を読み取る「生命誌」の取り組みとその将来的展望について解説した画期的な書です。同書の著者によれば、古くから私たちが問い続けてきた「私たちはどこから来てどこへ行くのだろうか?」といった生命の根本的疑問に対して、生命科学は有効に回答してきたかということに疑問があると述べられ、それゆえに、これまでの博物学、進化論、DNA、ゲノムという考え方、クローン技術などの人類の「生命への関心」を歴史的に整理しながら、改めて上記の問いに答えを出していくことを試みたということです。同書の内容構成は、「第1章 人間の中にあるヒト」、「第2章 生命への関心の歴史」、「第3章 DNAが中心に」、「第4章 ゲノムを単位とする」、「第5章 自己創出へ向う歴史」、「第6章 生・性・死」、「第7章 オサムシの来た道」、「第8章 ゲノムを読み解く」、「第9章 ヒトから人間へ」、「第10章 生命誌を踏まえて未来を考える」、「第11章 生命誌を踏まえて未来を考える」、「「第12章 生命を基本とする社会」となっており、なかなか読み応えのある内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/07/05 16:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/25 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/05 12:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。