サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

花桃実桃(中公文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/17
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/266p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-205973-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

花桃実桃 (中公文庫)

著者 中島 京子 (著)

43歳シングル女子、まさかの転機に直面す―会社勤めを辞め、茜は大家になった。父の遺産を受け継いだのである。昭和の香り漂うアパート「花桃館」で、へんてこな住人に面くらう日々...

もっと見る

花桃実桃 (中公文庫)

626(税込)

花桃実桃

626 (税込)

花桃実桃

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

43歳シングル女子、まさかの転機に直面す―会社勤めを辞め、茜は大家になった。父の遺産を受け継いだのである。昭和の香り漂うアパート「花桃館」で、へんてこな住人に面くらう日々が始まって…。若くはないが老いてもいない。先行きは見通せずとも、進む方向を選ぶ自由がある。人生の折り返し地点の惑いと諦観を、著者ならではのユーモアに包んで描く長編小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

昭和の香り漂うアパート「花桃館」で、へんてこな住人に面食らい、来し方をふり返っては赤面、行く末を案ずればきりもなし…。40代シングル女子の人生の転機をほのぼのと描く。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.6

評価内訳

電子書籍

キテレツなアパート

2017/05/21 16:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

アパートの管理って大変そうだけれど、こんな愉快な住人が暮らすアパートならやってみてもいいかも。一番素敵だったのは幽霊老夫婦の話。死んでからも仲がいいってのがステキ。成仏できないとか関係なしで、馴染んだ場所にずっといて夫婦で草花見つめて会話して。ほっこりする。40過ぎた男女のなかなか前へ進まない恋模様も最後のカクテルの名前で、道が拓けた感じ。いいね、粋なエンディング。どの町にあるのか分からないけど、晩年は「花桃館」で暮らしたい。珍事に巻き込まれて、ブツブツいいながらも楽しくて思い出たくさんで最高な一生だね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

明るくて、くすぐりに笑えて、でも軽いわけではない。

2015/09/28 16:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても満足できる、雰囲気の好きな話だった。
とにかく印象的なのは、文章のくすぐりに満ちていること。例えば、「初盆」を主人公が「ういぼん」と読んでいて、兄がそれに「フランス語じゃないんだから」とつっこむところ。単なる読み間違いからからユーモアが派生しているあたり、センスのよさを感じる。
百人一首や和歌の解釈を、ものすごくとんでもない方向にこじつけるのも「味のある」主人公ならでは。そのとんでもないところから、主人公の性格がある程度わかったりもする。相続したアパートの店子が、何だかユニークな人ばかりというのはよくある設定ではあるけれど、そのユニークさが個々人特徴だてて描かれていてうまい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/26 13:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/19 14:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/09 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/06 07:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/06 13:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/28 11:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/23 13:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/15 11:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/31 08:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/30 10:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/12 07:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/21 17:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/08 18:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

中公文庫 ランキング

中公文庫のランキングをご紹介します一覧を見る