サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

お勝手太平記
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/30
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/318p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390097-1

紙の本

お勝手太平記

著者 金井 美恵子 (著)

優雅なる脱線、冴えわたる悪口。趣味は手紙を書くこと。「手紙の吸血鬼」と化したアキコさんがお勝手の話題を書きに書きまくった手紙、その数50通。名手の文章が存分に味わえる、贅...

もっと見る

お勝手太平記

1,700 (税込)

お勝手太平記

ポイント :15pt / 紙の本より460おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.6MB 無制限
Android EPUB 6.6MB 無制限
Win EPUB 6.6MB 無制限
Mac EPUB 6.6MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

優雅なる脱線、冴えわたる悪口。趣味は手紙を書くこと。「手紙の吸血鬼」と化したアキコさんがお勝手の話題を書きに書きまくった手紙、その数50通。名手の文章が存分に味わえる、贅沢な書簡体小説。待望の長篇。金井美恵子ならではの小説的企みや、映画や小説の話題も満載。絵葉書2点の豪華付録付き!【「BOOK」データベースの商品解説】

アキコさんの趣味は手紙を書くこと。料理、裁縫、映画、イヤな男、「お勝手」の話題を毒気たっぷりに認める著者真骨頂の書簡小説。絵葉書付き。『別册文藝春秋』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

金井ファン待望、痛快痛烈な最新小説

アキコさんの趣味は手紙を書くこと。料理、裁縫、映画、イヤな男、「お勝手」の話題を毒気たっぷりに認める著者真骨頂の書簡小説。【商品解説】

著者紹介

金井 美恵子

略歴
〈金井美恵子〉1947年高崎市生まれ。小説家。「愛の生活」でデビュー。「プラトン的恋愛」で泉鏡花文学賞、「タマや」で女流文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店新潟店

愉快痛快

ジュンク堂書店新潟店さん

この小説は、アキコさんという女性が書いた手紙で構成されているいわゆる書簡体小説なのだが、いやはやもうその面白さには参った。アキコさんには完敗である。手紙というと、かしこまって、たおやかにしたためるというイメージがあるのだが、そんなイメージなど何処吹く風と言わんばかりに、ゴーイングマイウェイで綴られているのである。脱線なんて日常茶飯事、最早誰にもアキコさんの筆は止められないのだ。悪口なども書かれているのだが、あまりに堂々とサラリと言ってのけているので、全く嫌味な感じかしない。寧ろ愉快痛快この上ない。また、悪口だけではなく、映画や小説を中心として縦横無尽に繰り広げられる話題の数々は圧倒される。きっと映画好き、小説好きは読んでいて、心が躍ることだろう。

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

手紙形式の魅力をフルに生かしている。

2015/08/26 09:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ずけずけとものを言う性質のおばさんが、主に気の置けない友人たち(時に知人を含む)に書いた手紙からなる作品。形式ばった手紙ではないから話し口調で、それもあちこち話が飛んだり、文章の中でも話がねじくれていったりする。そういう意味ではかなり読みにくい文章。けれど、それでいて読ませる魅力がある。崩れた文章だからこそ、生身の人間を感じるような、その人の息遣いまで聞こえてきそうな生気に溢れている。
書き手のアキコさんは、ずいぶん批判がましいことを世間の人に対しても、友人に対してもするのでその毒舌ぶりも魅力のひとつ。中学生からの友人らしいマリコ、弥生、みどりのそれぞれに書く手紙から、時々お互いの悪口を言ったり喧嘩したりしている様子もうかがえる。特にマリコとは角突き合わせることがよくあるようでかなりきつい悪口を書いたりしている。けれど、会えば会ったでぺちゃくちゃおしゃべりに興じるだろう様子も想像できる。なかなか想像力をかきたててくれる作品でもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/13 11:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/05 09:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/24 11:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/14 15:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/26 18:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/19 00:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/31 19:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/05 01:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/22 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/05 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/06 09:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/09 20:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/26 14:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/17 13:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む