サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/7/13~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

サッカーと人種差別(文春新書)
サッカーと人種差別(文春新書) サッカーと人種差別(文春新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/18
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • サイズ:18cm/228p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-660987-1
  • 国内送料無料
新書

紙の本

サッカーと人種差別 (文春新書)

著者 陣野 俊史 (著)

1990年代以降の20年間、サッカーの本場ヨーロッパでは、どのような人種差別事件が起きてきたのか。差別を受けた選手の足跡、差別と闘う団体の活動などを追いかけ、差別をなくす...

もっと見る

サッカーと人種差別 (文春新書)

810(税込)

サッカーと人種差別

800 (税込)

サッカーと人種差別

ポイント :7pt / 紙の本より10おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1990年代以降の20年間、サッカーの本場ヨーロッパでは、どのような人種差別事件が起きてきたのか。差別を受けた選手の足跡、差別と闘う団体の活動などを追いかけ、差別をなくすためにはどうすればいいのかを考える。【「TRC MARC」の商品解説】

2014年3月8日、埼玉スタジアムで開催された浦和レッズ対サガン鳥栖戦において、浦和サポーターによって「JAPANESE ONLY」という差別的横断幕が掲げられた。Jリーグはこれに対して厳しく臨み、Jリーグ初の無観客試合という制裁を下した。
人種差別的かつ外国人嫌悪(ゼノフォビア)に基づくメッセージがスタジアムにも現れたことを受けて、サッカーをこよなく愛する文芸評論家・陣野俊史氏が緊急に書き下ろしたのが本書です。
内容は二つの柱からなっています。
一つ目は、スタジアムでこれまでどのような人種差別事件があったのか。
二つ目は、選手、クラブ、観客などサッカー界は差別とどのように闘ってきたのか。
本書は、この二つの内容を時間的には世界的な選手の移動を加速した1995年のボスマン裁定以後の20年、空間的にはサッカーの本場・ヨーロッパにしぼって詳述しています。
そこから浮かび上がるのは、アフリカ、アジアなどからの移民を受け入れてきたヨーロッパでは、今もなお、人種差別的な事件が起こり、それとの闘いも粘り強く続けられていることです。
多くの事件とその背景が選手の肉声などによって、具体的に明かされていきます。
人種差別的な言動を受けた選手たちのいたたまれない思い、尊厳を毀損された痛み、反撃できないもどかしさなども、身に迫ってくるはずです。
スタジアムで起きることは社会でも起きている、と著者は繰り返し書きます。
日本でも排外主義的な空気が高まるなか、差別を自分たちの問題として考えるための必読のテキストです。【商品解説】

著者紹介

陣野 俊史

略歴
〈陣野俊史〉1961年長崎県生まれ。文芸評論家。フランス文学、日本文学、サッカー、音楽など、批評の対象は広大。著書に「フットボール都市論」「フランス暴動」「戦争へ、文学へ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

2014/08/11 10:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/12 19:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/16 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/30 14:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/01 16:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/29 10:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/10 20:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/30 07:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/09 18:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/22 09:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む