サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

水の柩(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 80件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/359p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277831-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

水の柩 (講談社文庫)

著者 道尾 秀介 (著)

平凡な毎日を憂う逸夫は文化祭をきっかけに同級生の敦子と言葉を交わすようになる。タイムカプセルの手紙を取り替えたいという彼女の頼みには秘めた真意があった。同じ頃、逸夫は祖母...

もっと見る

水の柩 (講談社文庫)

713(税込)

水の柩

713 (税込)

水の柩

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

平凡な毎日を憂う逸夫は文化祭をきっかけに同級生の敦子と言葉を交わすようになる。タイムカプセルの手紙を取り替えたいという彼女の頼みには秘めた真意があった。同じ頃、逸夫は祖母が五十年前にダムの底に沈めた「罪」の真実を知ってしまう。それぞれの「嘘」が、祖母と敦子の過去と未来を繋いでいく。【「BOOK」データベースの商品解説】

自分が“普通”で退屈なことを嘆く中学2年の逸夫と、両親が離婚し級友からいじめを受け“普通”を欲する敦子。あるきっかけで言葉を交わすようになったふたりだが、敦子には秘めた決意があって…。【「TRC MARC」の商品解説】

「タイムカプセルの手紙、いっしょに取り替えない?」。中二の逸夫が同級生から頼まれたこと。大切な人達へ、少年は何ができるのか。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー80件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

救いある話。

2016/12/05 18:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

少年と少女と老婆のトライアングル物語。老婆も少女も悲しみを裡に秘め生きている。老婆の決断、少女の決断、少年はいずれにも関わらざるを得なくなる。少年は少年らしい正義でふたりを助けようとする。まだ子供だけれど知恵をつかって体を張って、ふたりを助けようとする。3人でダムに向かいある儀式を行う。それがひとつの区切りとなって物語は終焉へ向かう。ラストシーン、老婆の半世紀言えなかった言葉を少女が受け止める。涙なしでは読めない。このシーンのために長い長い物語が必要だったんだ。「水の柩」は3人の思いを抱きまた沈黙を守る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

独特の世界観はあるものの

2015/12/17 10:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

道尾作品はいつも、独特の世界観に包まれている。それは物語全体を飲みこんで、靄がかかったような、何とも不思議な物を感じさせる。そしてページが進むに連れその靄が段々と晴れていき、これまた独特で不思議なエンディングを迎えたりする。その独特の感触が非常に気に入っていたりするのですが。
本作品も、やはり序盤からどうにも掴みどころがない感じ。タイムカプセルに入れた未来の自分宛の手紙に、ひどいいじめをしてきた相手の名前を綴った中学2年生の敦子。それを何とか取り戻したいと、主人公の同級生逸男に頼む。どうやら敦子は、いじめを苦に自殺を考えているらしい。また逸男は旅館を営む家庭で暮らしているが、どうやら一緒に暮らす祖母いくには、過去に何か秘密がありそう。この二つの問題が逸男を悩ませる。そして逸男が出した、答えとは。
いわゆる道尾ワールド観は他作品に比べれば薄い感じですが、独特の郷愁は漂っていますし、また他の作品にはない甘酸っぱいような感覚も感じられました。ただいわゆるサスペンス的な仕掛けはないので、そこらへんを期待して手にするとがっかりになっちゃうかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

描写が丁寧

2015/11/05 13:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:akiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

道尾作品はどれも描写が丁寧なところがいいです。重苦しいところもあるけれど、私は最後は救いを感じられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

期待外れ

2014/09/06 08:11

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イストコ・プッチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

道尾秀介だから・・・と、他に興味ある本を差し置いてこれを購入したのだが、全くの期待外れ。
ぜんぜんミステリがない。
この外れ感は「月と蟹」でも味わったあの感じ。
道尾秀介は今後方向性を変えるつもりなのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/20 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/08 18:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/10 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/30 19:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/13 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/04 23:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/07 18:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/13 13:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/08 20:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/21 13:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/20 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る