サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

運転、見合わせ中
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 45件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/19
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:19cm/308p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-53649-1
  • 国内送料無料

紙の本

運転、見合わせ中

著者 畑野 智美 (著)

朝のラッシュ時に、電車が停止!そのとき学生、フリーター、引きこもり、駅員は…。彼らの“イマこの瞬間”を切り取る私鉄沿線・恋愛青春小説。【「BOOK」データベースの商品解説...

もっと見る

運転、見合わせ中

1,620(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

朝のラッシュ時に、電車が停止!そのとき学生、フリーター、引きこもり、駅員は…。彼らの“イマこの瞬間”を切り取る私鉄沿線・恋愛青春小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

朝のラッシュ時に、電車が停止! そのとき、学生、フリーター、引きこもり、駅員は…。彼らの“イマこの瞬間”を切り取った、私鉄沿線・恋愛青春小説。『紡』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

大学生は、駅の前 5−54
フリーターは、ホームにいた 55−104
デザイナーは、電車の中 105−153

著者紹介

畑野 智美

略歴
〈畑野智美〉1979年東京都生まれ。2010年「国道沿いのファミレス」で第23回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「海の見える街」「南部芸能事務所」等がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー45件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

お題は、電車が止まったらどうする?

2017/12/25 23:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

六本の連作短編集だ。
電車が止まった。飛来物? 人の立ち入り? 情報が錯綜する。
大学生、フリーター、デザイナー、OL、引きこもり、駅員。
各話の主人公たちだ。それぞれが抱えているものが、
電車の停止がきっかけで次に向けて動き出す。

周りが見えていなくて、空回りしているひとが目についた。
もてているつもりの大学生。
一生懸命なのに報われていない気がするフリーター。
認めてもらいたいデザイナー。
一言で書くと、そんな自意識の強さが描かれている。

電車が止まるという閉塞感のある中で、それを主人公たちの
内面のもやもやに結び付けているところが面白い。
自分は悩んでいないけれど、他人から見たら危なっかしい人。
まさにそれが自意識の発露であるし、描写で変に強調されて
いないぶん、物語に独特の現実感がある。素晴らしい観察眼だ。

表紙と各章の扉にポップな絵が書いてあるが、これはラノベの
手法である。でもはじけた絵柄ではないし、内容も落ち着いて
いるため合っているとは思えない。
こうしないと売れないのかと思うと、なんだかなあと思ってしまう。
とはいえ、小説は手に取ってもらえないとその先はないわけで、
そんなことばかり言っていてもどうしようもないのであって。

こういう本がYA的に読まれると面白いんじゃないかと思う。
読書感想文の指定図書でもいいかもしれない。
何かがありそうに感じる作家さんなので、そろそろデビュー作も
読んでみようかなと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/10/28 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/30 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/28 01:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/13 16:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/22 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/04 18:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/21 13:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/18 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/12 07:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/14 14:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/24 15:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/18 02:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/09 15:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/14 15:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る