サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

2019年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 37件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/23
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/232p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-101565-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語 (角川文庫)

著者 大島 真寿美 (著),瀧羽 麻子 (著),藤谷 治 (著),森見 登美彦 (著),椰月 美智子 (著),角川文庫編集部 (編)

7月のある日、「郵便」を発見したぼくの、胸がきゅんとするやりとり―(「郵便少年」森見登美彦)。映画の撮影用に借りた家に住むことになった映画監督の息子の夏(「フィルムの外」...

もっと見る

ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語 (角川文庫)

518(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

7月のある日、「郵便」を発見したぼくの、胸がきゅんとするやりとり―(「郵便少年」森見登美彦)。映画の撮影用に借りた家に住むことになった映画監督の息子の夏(「フィルムの外」大島真寿美)。浪人2年目の夏、青春18きっぷを片手に出かけたあてのない逃避行―(「ささくれ紀行」藤谷治)。夏をテーマに大島真寿美、瀧羽麻子、藤谷治、森見登美彦、椰月美智子が競作。まぶしい日差しの中、きらきら光る刹那を切り取った物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

7月のある日、「郵便」を発見したぼくの、胸がきゅんとするやりとり。映画の撮影用に借りた家に住むことになった映画監督の息子の夏…。きらきら光る刹那を切り取った、夏がテーマの短篇集。『本の旅人』等の掲載を文庫化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

郵便少年 森見登美彦 著 5−34
フィルムの外 大島真寿美 著 35−81
三泊四日のサマーツアー 椰月美智子 著 83−141

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー37件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

試しに

2016/05/26 14:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽにょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めて読む作家の人もいて楽しめた。
中でも森見登美彦の作品が、今までの彼の作品にはないような感じで面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/11 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/03 11:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/02 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/09 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/12 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/10 12:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/07 11:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/20 01:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/29 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/06 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/29 12:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/15 13:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/10 20:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/20 00:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む