サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

2019年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界を戦争に導くグローバリズム(集英社新書)
世界を戦争に導くグローバリズム(集英社新書) 世界を戦争に導くグローバリズム(集英社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/17
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-720755-2
  • 国内送料無料
新書

紙の本

世界を戦争に導くグローバリズム (集英社新書)

著者 中野 剛志 (著)

アメリカの覇権が終焉する。それは自ら主導したグローバル化の帰結であり、実は第二次大戦前の国際秩序の崩壊もグローバル化のせいだった。パワー・バランスが変化する中、日本はどう...

もっと見る

世界を戦争に導くグローバリズム (集英社新書)

821(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アメリカの覇権が終焉する。それは自ら主導したグローバル化の帰結であり、実は第二次大戦前の国際秩序の崩壊もグローバル化のせいだった。パワー・バランスが変化する中、日本はどうなるのか? 国際政治の深層を分析する。【「TRC MARC」の商品解説】

米国の世界覇権が終焉する。それは皮肉にも自ら主導したグローバル化の帰結であり、実は第二次大戦前の国際秩序の崩壊もグローバル化のせいだった。緊張高まる国際情勢、覇権戦争の危機を描く衝撃作!


【商品解説】

著者紹介

中野 剛志

略歴
〈中野剛志〉1971年神奈川県生まれ。エディンバラ大学より博士号取得(社会科学)。評論家。「日本思想史新論」で山本七平賞奨励賞を受賞。ほかの著書に「TPP亡国論」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

理想主義と現実主義~覇権国家から降りようとしているアメリカ、その戦略転換に鈍感な日本

2014/10/13 16:56

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

世界情勢が、世界各地で同時多発的に流動化し始めました。その原因はアメリカの衰退とオバマの稚拙な外交戦略にあるということが、本書を読めば一目瞭然です。今後の世界情勢を占う意味で必読の書です。
 内容は、アメリカの2大戦略(理想主義と現実主義)の説明と変遷という総論から入り、第3章以下で、アメリカの外交戦略の下、東アジア・中東・ロシアで何が起こってきたかという各論を展開。アメリカは必ずしも正義ではないということが理解できます。そして最終章では、今後の覇権戦争に言及した上で、「日本は、中国が東シナ海において仕掛ける覇権戦争に巻き込まれる可能性が高い(242ページ)」という有難くない結論で結ばれます。

 臆病オバマの稚拙な外交には「失望」を通り越して、イライラさせるものがあります。ただし、本書によると、弱腰外交はオバマ個人の問題ではなく、アメリカの外交戦略の転換によるもののようです。ということは、仮にオバマが替わっても、アメリカに大きな期待は持てません。
 一方、ちぐはぐな日本外交には危機感を覚えます。中でも、政治家たちのドヤ顔による靖国参拝は「アメリカが日本を守る」ことを前提にした行動であり、戦略を持たない極めてお粗末な人たちということが理解できました。つまり「日米安保条約があるからと言って、米軍が尖閣諸島を防衛するために動くとは限らない(120ページ)」。そして「安倍首相の靖国神社の参拝は、ただでさえ米中の間で厳しい情勢に直面している日本を、さらに厳しい立場に追い込んだ(126ページ)」とのことです。
 国力の弱体化に伴い、覇権国家から降りようとしているアメリカ。そして、その戦略転換に鈍感な日本という構図です。中国とは対立する気のないアメリカの現実主義は、靖国大好きの安倍の理想主義とは相容れません。アメリカに梯子を外されるかもしれないことを、安倍は自覚しているのでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

警鐘をならす本

2015/10/02 18:35

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:setsua - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルは過激ですが、中身を読むとそこまで大げさでないことがわかりますね。
それにしても我が国は1周どころか2,3周遅れているんですなあ・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/29 17:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/14 02:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/09 18:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/05 15:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/27 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/10 17:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/29 05:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/25 08:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/10 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/23 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/03 00:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/31 17:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/01 20:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む