サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

どろぼうのどろぼん
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 取扱開始日:2014/09/11
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:20cm/277p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-8340-8122-0

紙の本

どろぼうのどろぼん

著者 斉藤 倫 (著),牡丹 靖佳 (画)

「声」は、いつもむこうからやってきた。ぜったいにつかまらないはずだったどろぼうのはなし。【「BOOK」データベースの商品解説】彼の名前はどろぼん。いちども、つかまったこと...

もっと見る

どろぼうのどろぼん

1,620(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

2015福音館の童話新刊セット 10巻セット

  • 税込価格:15,120140pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「声」は、いつもむこうからやってきた。ぜったいにつかまらないはずだったどろぼうのはなし。【「BOOK」データベースの商品解説】

彼の名前はどろぼん。いちども、つかまったことがないどろぼう。雨の降りしきる午後、あじさいの咲き誇る庭で、ぼくはどろぼんをつかまえた。とても悪人には見えない。ケイサツショで話を聞くと…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

斉藤 倫

略歴
〈斉藤倫〉1969年秋田県生まれ。詩人。2004年「手をふる手をふる」でデビュー。他の著書に「オルペウスオルペウス」「さよなら、柩」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『どろぼうのどろぼん』

2018/09/11 20:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:百書繚乱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

どろぼんはどろぼうの天才です

背が高くもなく低くもなく
ふとってもやせてもおらず
十代かもしれないし五十代かもしれず
たしかに会ったことがあるはずなのに
顔も声も思い出せなくなってしまう
そんな男です

ですから千回もどろぼうしているけれど
ケイサツにつかまったりおいかけられたりしたことがありません

それだけでなく、どろぼんがぬすむのは
持ちぬしが、それがあったことさえおぼえていないもの
なくなったことさえ気づかないものばかり

どろぼんはそういうものの声を聞ききとることができるので
耳をすませて声のみちびくままにどこへだって忍び込み
だれにも気づかれることなくぬすみ出してしまえるのです

そんなどろぼんを刑事のぼくはつかまえてしまいました
さあ、どろぼんの取り調べがはじまります

人が信じられなくなった人に贈る心ふるえる物語
詩人斉藤倫の初の長編物語、2014年刊

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世界に悲しい音、素敵な音、色んな音が溢れている

2017/10/24 17:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M77 - この投稿者のレビュー一覧を見る

忘れられた物の声を聴いて、囚われている場所から連れ出すどろぼうのどろぼん。
取り調べる刑事たちもどろぼんを好きになって応援したくなってしまう。

挿絵はカラーで、オブラートの上に描いたような不思議な質感。
どろぼん自身は誰の記憶にも残らない容姿だけど、世界をこんな風に観ている聴こえているどろぼんは、きっと素敵な人なんだろうと思える本になっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ストーリーうまい!

2017/05/31 23:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たま - この投稿者のレビュー一覧を見る

どろぼうなのかな?なんだか、どろぼんは、いいやつだぞ。つかまらないでほしい。だって、助けてほしがってる物の声をきいて、どろぼうしてるから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

天才どろぼう

2016/08/25 13:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

天才どろぼうのお話なのだけれど、彼を捕まえて!という気には全然なりませんね。むしろ続ければいいという気がします。
やさしいふしぎな力を持ったどろぼうのお話。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/01/27 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/09 15:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/22 01:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/06 14:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/10 11:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/04 18:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/20 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/27 16:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/10 10:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/30 18:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/08 19:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の作品 ランキング

日本の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。