サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 一般
  5. KADOKAWA
  6. 角川文庫
  7. 僕とおじいちゃんと魔法の塔 5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

僕とおじいちゃんと魔法の塔 5(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2012.7
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/178p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-100131-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

僕とおじいちゃんと魔法の塔 5 (角川文庫)

著者 香月 日輪 (著)

幽霊のおじいちゃんと魔法の塔で暮らす高校生の龍神。塔には、親友、魔女、完全無欠な美貌の先輩と、ちょっと騒がしいけれど、楽しい仲間も増えてきた。そんなとき、妹の晶子の友だち...

もっと見る

僕とおじいちゃんと魔法の塔 5 (角川文庫)

475(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

幽霊のおじいちゃんと魔法の塔で暮らす高校生の龍神。塔には、親友、魔女、完全無欠な美貌の先輩と、ちょっと騒がしいけれど、楽しい仲間も増えてきた。そんなとき、妹の晶子の友だちがいじめにあっているという話を聞き…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

シュトルムなんて聞いたの摩利と信吾以来だよW

2015/11/09 21:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:へっぽこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回龍神が傍観者的な立場だったせいか、大きなひとつのストーリーというより、いくつかのエピソードの集まりという感じがしました。
でも根底に流れる作者ね哲学がとても好きなので、これはこれでありなのかも。
身近に感じていたことが題材だったのでヒリヒリしたりうんうん頷いたりして読んだ一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

飽きました!

2015/10/18 10:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

第4巻が酷かったので、冷却期間を置き、久しぶりに読みました。が、故香月氏の作風とは言え、説教臭さが鼻につき、もう飽きました。この調子で話が進んでは、子供たちも読まないのではないでしょうか。
 内容は、いじめの話がメインテーマなのかと思いきや、祖父や曾祖父の逸話を挟みながら、突然テーマは同性愛にすり替わり、龍神の妹(晶子)の同性愛に対する理解(=大きな愛)が、皆の涙を誘うという展開に、私は付いていくことができませんでした。
 香月氏は、「いじめ」のテーマでは一冊書けなかったのでしょうか。また、「同性愛は、大きな人類愛だ!」みたいなノリで書かれていますが、子供向けファンタジーに、敢えて同性愛を語るというのは、どうなのでしょうか。幼い頃から偏見を無くすという趣旨なのかもしれませんが、かえって子供たちは混乱しないでしょうか。私には香月氏の意図が全く理解でませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/09/08 16:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/30 19:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/18 13:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/16 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/27 14:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/02 18:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/30 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/01 09:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/17 17:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/28 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/19 09:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/16 12:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/11 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る