サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

知ろうとすること。(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 208件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/29
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/183p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-118318-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

知ろうとすること。 (新潮文庫)

著者 早野 龍五 (著),糸井 重里 (著)

福島第一原発の事故後、情報が錯綜する中で、ただ事実を分析し、発信し続けた物理学者・早野龍五と、その姿勢を尊敬し、自らの指針とした糸井重里が、放射線の影響や「科学的に考える...

もっと見る

知ろうとすること。 (新潮文庫)

464(税込)

知ろうとすること。(新潮文庫)

518 (税込)

知ろうとすること。(新潮文庫)

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.3MB 無制限
Android EPUB 6.3MB 無制限
Win EPUB 6.3MB 無制限
Mac EPUB 6.3MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

福島第一原発の事故後、情報が錯綜する中で、ただ事実を分析し、発信し続けた物理学者・早野龍五と、その姿勢を尊敬し、自らの指針とした糸井重里が、放射線の影響や「科学的に考える力の大切さ」を語る。【「TRC MARC」の商品解説】

福島第一原発の事故後、情報が錯綜する中で、ただ事実を分析し、発信し続けた物理学者・早野龍五。以来、学校給食の陰膳(かげぜん)調査や子どもたちの内部被ばく測定装置開発など、誠実な計測と分析を重ね、国内外に発表。その姿勢を尊敬し、自らの指針とした糸井重里が、放射線の影響や「科学を読む力の大切さ」を早野と語る。未来に求められる「こころのありよう」とは。文庫オリジナル。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店池袋本店

コピーライターの糸井重里さんと、物理学者の早野龍五さんの対談集

ジュンク堂書店池袋本店さん

『知ろうとすること。』は発売前から心待ちにしていた一冊。読了後、1人でも多くの方が手に取り、本を開いて頂けたらいい、と祈るように思った一冊です。叶うなら、目の前に、そっと本を差し出したいくらいです。

この本は、コピーライターの糸井重里さんと、物理学者の早野龍五さんの対談集。
2人の交流の始まりは、3.11直後に早野さんが発信したツイートを、糸井さんが目にとめたことから。情報が錯綜する中、事実を淡々と伝える姿勢に、糸井さんが信頼をよせたからです。これは現在も変わりません。

3.11以後から現在まで、早野さんがどう調査をし、何がわかり、それを精査し変わったことや、これからどうなっていくのか。専門外の知識でも日々の生活のために科学的なことを「知ろうとする」糸井さんと、科学的な専門用語の説明では解消できない不安や疑問を、どうしたらほどけるのか「知ろうとする」早野さん。思慮深く言葉を選び、積み重ねられたもの。何年も続けた福島の測定、丁寧に行った給食の陰膳調査、そしてベビースキャン。1度読んだだけでは、理解できない部分も多いかもしれません。けれども謙虚な気持ちで、知りたいと抱いた感情を忘れず、何度でも繰り返し、開いてみてほしいです。


(評者:ジュンク堂書店池袋本店 文庫・新書担当 福岡)

みんなのレビュー208件

みんなの評価4.4

評価内訳

電子書籍

一読を

2017/12/23 18:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:怪人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

先月、11月下旬、仙台市において、第1回世界防災フォーラムが開催されたが、本会議の前日祭としてフォーラムが行われた。「青少年からのメッセージ」の中で、被災地域の若い世代の活動が本人達から発表された。福島県からは福島高校の生徒が「福島高校放射線班の活動」を発表した。福島県内の放射線量測定を行い、その結果をまとめて発表しているもので、英文の論文にしたてて世界に向けて発信もしている。それが縁で、ヨーロッパ、フランスでの国際会議に参加したり、フランスの高校生との交流活動などを通じて国際交流も経験しているという内容である。
 この高校生の活動を支援したのが東大の早野教授であることを報告の中で知った。英文の論文作成の指導も行い、ヨーロッパへも引率した。
 高校生の活動を支援した早野教授と糸井重里が対談した際の記録がこの本である。福島原発事故の影響、放射線の影響などについて、原子核物理学者の知識を生かしながら行った活動が縷々報告されている。
 宮城県に住み東日本大震災については強い関心をもって情報収集に努めているつもりだが、隣県の福島県のことについては知らぬことも多かった。早野教授がツイッターの発信から活動が始まったようで、私費も当時ながらも福島に通い続けたそうだ。
 3年前に文庫本として発行されたものだが、先月のフォーラムから辿りついた。福島県の高校生にも感心するが、早野教授にも敬意を表する。一読されることを薦める。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/01 15:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/15 17:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/13 01:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/19 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/31 11:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/03 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/25 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/18 11:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/11 10:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/17 18:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/22 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/01 09:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/11 19:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/08 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む